『生きるとか死ぬとか父親とか』(ジェーン・スー)_書評という名の読書感想文

『生きるとか死ぬとか父親とか』ジェーン・スー 新潮文庫 2021年3月1日発行

生きるとか死ぬとか父親とか(新潮文庫)

母を亡くして約二十年。私にとって七十代の父はただ一人の肉親だ。だが私は父のことを何も知らない。そう気づき、父について書こうと決めた。母との馴れ初め、戦時中の体験、事業の成功と失敗。人たらしの父に振り回されつつ、見えてきた父という人、呼び起される記憶。そして私は目を背けてきた事実に向き合う - 。誰もが家族を思い浮かべずにはいられない、愛憎混じる、父と娘の本当の物語。(新潮文庫)

帯に - 可笑しくてほろ苦い、父娘のリアルストーリー - とあります。

TVドラマになるらしい。放映は4月9日(金) から。テレビ東京系で毎週金曜日、深夜0時12分からであるらしい。(ちなみに娘役が吉田羊で、父親役が國村隼であるらしい)

スカした名前に惑わされてはいけません。「ジェーン・スー」 は思いつきで付けたいわば “芸名” で、著者は生まれも育ちも東京の、生粋の日本人です。両親共に日本人なら、当然ながら娘の彼女も日本人以外の何ものでもありません。

彼女は、二十年前に癌で亡くなった母のことが大好きでした。母ほどではないにせよ、現在七十七歳の 「ほんの十年前まで、全盛期の石原慎太郎とナベツネを足して二で割らないような男だった」 父のことも、様々あるにはあるものの、なぜか捨て置くことが出来ません。

父は 「よく女に好かれる男」 でした。今もって赤いブルゾンがよく似合います。一人娘の 「私」 は、現在四十二歳。結婚はしていませんが、同居人がいます。

この解説を書くために 『生きるとか死ぬとか父親とか』 を読み返した (親本刊行当時に、新聞へ書評を寄せて以来のこと)。
ちなみに著者と私とは同じ年。親しみを込めてスーさんと呼んでみたい。

身の上話は当人にしか書けないものだが、自分のことがわからないのに、さらにわからない親のことを書くには、かなり高度な技術を要する。言うなれば一種の芸だ。奇天烈なエピソードを面白おかしく語ったり、あるいはしんみり、ほっこりと綴る人はいる。だけどスーさんの場合は違う。父、そして父娘関係を刃物で切り開いて断面をさらけ出す。さしずめ料理人にさばかれた烏賊が、皿に盛られてからもピチピチと動いているかのようだ。内臓まで透けて美しい刺身を怖いと思うか、美味しそうと思うかはその人好み。

スーさんの身の上話には批判的精神がある。単に笑える芸ではなく、文芸の域に達している。「ふたたびの沼津」 の章などはそのまま掌編小説となっている。
再読しながら何度も唸ってページを閉じてしまった。同い年なのにこんな切れ味鋭い文章を書けることに嫉妬している自分がいた。(中江有里 女優・作家)

思い返せば、自分が大人になり、社会へ出て働くようになってから、つまりは自立して以前ほどには関わらなくなってから、如何に私は親をないがしろにしてきたことか。

今になって、ようやくそのことに気付きます。他の誰よりも気に掛け続けてくれた両親を、同じように気にしていたと言えるのか。いつからだったのか、父より自分の方が世間が広いと思い始めたのは。育ての母を、邪険に扱うようになったのは。

この本を読んでみてください係数  85/100 

生きるとか死ぬとか父親とか(新潮文庫)

◆ジェーン・スー (別名:田之上美智)
1973年東京都文京区生まれの日本人。作詞家、コラムニスト、ラジオパーソナリティー。
フェリス女学院大学文学部卒業。

作品 「貴様いつまで女子でいるつもり」「私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな」「女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり」「揉まれて、ゆるんで、癒されて」等

関連記事

『いかれころ』(三国美千子)_書評という名の読書感想文

『いかれころ』三国 美千子 新潮社 2019年6月25日発行 いかれころ 「ほんま私は

記事を読む

『推し、燃ゆ』(宇佐見りん)_書評という名の読書感想文

『推し、燃ゆ』宇佐見 りん 河出書房新社 2021年3月15日40刷発行 推し、燃ゆ

記事を読む

『悪寒』(伊岡瞬)_啓文堂書店文庫大賞ほか全国書店で続々第1位

『悪寒』伊岡 瞬 集英社文庫 2019年10月22日第6刷 悪寒 (集英社文庫) 男は

記事を読む

『悪果』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪果』黒川 博行 角川書店 2007年9月30日初版 悪果 (角川文庫)  

記事を読む

『「いじめ」をめぐる物語』(角田光代ほか)_書評という名の読書感想文

『「いじめ」をめぐる物語』角田 光代ほか 朝日文庫 2018年8月30日第一刷 「いじめ」をめ

記事を読む

『また次の春へ』(重松清)_書評という名の読書感想文

『また次の春へ』重松 清 文春文庫 2016年3月10日第一刷 また次の春へ (文春文庫)

記事を読む

『ホテルローヤル』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ホテルローヤル』桜木 紫乃 集英社 2013年1月10日第一刷 ホテルローヤル &nb

記事を読む

『アンチェルの蝶』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『アンチェルの蝶』遠田 潤子 光文社文庫 2014年1月20日初版 アンチェルの蝶 (光文社文

記事を読む

『終わりなき夜に生れつく』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『終わりなき夜に生れつく』恩田 陸 文春文庫 2020年1月10日第1刷 終りなき夜に生れつ

記事を読む

『王とサーカス』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『王とサーカス』米澤 穂信 創元推理文庫 2018年8月31日初版 王とサーカス (創元推理文

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『ある日 失わずにすむもの』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『ある日 失わずにすむもの』乙川 優三郎 徳間文庫 2021年12月

『薬指の標本』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『薬指の標本』小川 洋子 新潮文庫 2021年11月10日31刷

『ビオレタ』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『ビオレタ』寺地 はるな ポプラ文庫 2017年4月5日第1刷

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2

『大人は泣かないと思っていた』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『大人は泣かないと思っていた』寺地 はるな 集英社文庫 2021年4

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑