『ハリガネムシ』(吉村萬壱)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2022/02/14 『ハリガネムシ』(吉村萬壱), 作家別(や行), 吉村萬壱, 書評(は行)

『ハリガネムシ』吉村 萬壱 文芸春秋 2003年8月31日第一刷


ハリガネムシ (文春文庫)

ボップ調の明るい装丁から受けるイメージとはまるで中身が違っています。皆さんは、吉村萬壱という作家をご存じでしょうか? 彼はこの小説で芥川賞を受賞しているのですが、如何にも 「芥川賞らしい」 小説で、万人受けするとは到底思えないような内容です。

題名の 「ハリガネムシ」 とは、主人公の心象を表現する際の具体的なイメージとして語られているのですが、伏線として、冒頭にひとつのエピソードが用意されています。

中岡慎一は、25歳の教師。高校で倫理を教えています。ある日、慎一がアパートで居眠りをしていると、鼻の上で針金のような物が動いているのに気づきます。驚いて振り払うと、それは5センチ程のカマキリでした。

捕まえたカマキリをコップから出して指を弾くと、ちぎれた頭の首なしの部分から細い糸を垂らしながら踊るようにもがいています。仕方なくカマキリを新聞紙で掴んで握り潰すと、尻から真っ黒いハリガネムシが悶え出てきて、慎一はぎょっとします。

(話は変わり)

半年前に行ったソープでたまたま慎一の相手をしたサチコから、ある日突然電話がかかってきます。慎一は、サチコが聞くに任せて電話番号を教えていたのでした。サチコは慎一のアパートに転がり込むのですが、この女がひどい。シャブは打つわ、酒はあるだけ飲んで、夜は慎一と情交の毎日です。

サチコは勝手気ままなどうしようもない女なのですが、慎一は敢えて出て行けとは言いません。彼にしてみれば、躰が自由になる女を期せずして得たわけで、その分慎一の生活は徐々に投げやりなものになっていきます。

聞くとサチコの夫は服役中で、二人の息子は故郷の四国で施設に預けたままだといいます。サチコは慎一に、四国旅行へ行こうと誘います。

四国に着くと、サチコは施設に許可を得て二人の息子を連れ出すのですが、息子たちを施設に戻した後のサチコは抜け殻のようになり、帰りのラブホテルで彼女は自殺をしようとします。

安全剃刀で左腕の真ん中辺りが一文字に大きく裂けたのですが、病院へ行くことを頑固に拒むサチコに、慎一は裁縫セットの針と糸を使って傷口を縫合しようとします。麻酔の代わりにウィスキーを飲ませ、四肢を縛り上げると馬乗りになって押さえつけ、縫い針を傷の両脇の皮膚に突き刺します。

しかしそんなことは上手く行くはずもなく、縫い付けた黒糸はジグザグに折れ曲がり、縫い痕は次第に幼児の殴り書きのようになっていきます。

その時です。慎一はこういう事がしてみたかったのだ と初めて気付きます。人間の肉体を思い通りに切り刻みたいという欲望を、ハリガネムシのように体の中に飼っていたらしい・・・・・・・。慎一は、自分に潜んでいた破壊願望をその時はっきりと知るのでした。

慎一は興奮し、糸で縛られてハムのようになった傷口に人差し指を突っ込んでねじ回しながら、猛然と自慰を始めます。

これは、慎一の狂気のほんの一場面のことです。見境なくはしゃいでは躰を開くサチコ、無節操で教養もなく容姿も見劣りするサチコに対して、慎一は箍の外れた欲望と強い嫌悪感を同時に感じています。この後、ラストに向けて更なる修羅場が・・・・・・・吉村萬壱は、人の内なる欲望や衝動に真っ向から対峙し、目を背けたくなるほどの醜さを、これでもかと書いてみせたのだと思います。

この本を読んでみてください係数 80/100


ハリガネムシ (文春文庫)

◆吉村 萬壱(本名:吉村浩一)

1961年愛媛県松山市生まれ。大阪府大阪市・枚方市育ち。

京都教育大学教育学部第一社会科学科卒業。

作品 「クチュクチュバーン」「バースト・ゾーン」「ヤイトスエッド」「独居45」「ボラード病」など

◇ブログランキング

応援クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『岸辺の旅』(湯本香樹実)_書評という名の読書感想文

『岸辺の旅』湯本 香樹実 文春文庫 2012年8月10日第一刷 岸辺の旅 (文春文庫) きみが三年

記事を読む

『橋を渡る』(吉田修一)_書評という名の読書感想文

『橋を渡る』吉田 修一 文春文庫 2019年2月10日第一刷 橋を渡る (文春文庫)

記事を読む

『合理的にあり得ない』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『合理的にあり得ない』柚月 裕子 講談社文庫 2020年5月15日第1刷 合理的にあり得ない

記事を読む

『墓標なき街』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『墓標なき街』逢坂 剛 集英社文庫 2018年2月25日初版 墓標なき街 (集英社文庫)

記事を読む

『半落ち』(横山秀夫)_書評という名の読書感想文

『半落ち』横山 秀夫 講談社 2002年9月5日第一刷 半落ち (講談社文庫) &nbs

記事を読む

『ペインレス あなたの愛を殺して 下』(天童荒太)_書評という名の読書感想文

『ペインレス あなたの愛を殺して 下』天童 荒太 新潮文庫 2021年3月1日発行 ペインレ

記事を読む

『プラナリア』(山本文緒)_書評という名の読書感想文

『プラナリア』山本 文緒 文春文庫 2020年5月25日第10刷 プラナリア (文春文庫)

記事を読む

『ひと呼んでミツコ』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『ひと呼んでミツコ』姫野 カオルコ 集英社文庫 2001年8月25日第一刷 ひと呼んでミツコ

記事を読む

『折れた竜骨(上)』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『折れた竜骨(上)』米澤 穂信 東京創元社 2013年7月12日初版 折れた竜骨 上 (創元推

記事を読む

『夫婦一年生』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『夫婦一年生』朝倉 かすみ 小学館文庫 2019年7月21日第2刷発行 夫婦一年生 (小学館

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『向日葵の咲かない夏』(道尾秀介)_書評という名の読書感想文

『向日葵の咲かない夏』道尾 秀介 新潮文庫 2019年4月30日59

『ミシンと金魚』(永井みみ)_書評という名の読書感想文

『ミシンと金魚』永井 みみ 集英社 2022年4月6日第4刷発行

『夏の陰』(岩井圭也)_書評という名の読書感想文

『夏の陰』岩井 圭也 角川文庫 2022年4月25日初版

『パイナップルの彼方』(山本文緒)_書評という名の読書感想文

『パイナップルの彼方』山本 文緒 角川文庫 2022年1月25日改版

『死にゆく者の祈り』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『死にゆく者の祈り』中山 七里 新潮文庫 2022年4月15日2刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑