『きみの友だち』(重松清)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/11 『きみの友だち』(重松清), 作家別(さ行), 書評(か行), 重松清

『きみの友だち』重松 清 新潮文庫 2008年7月1日発行

わたしは「みんな」を信じない、だからあんたと一緒にいる - 。足の不自由な恵美ちゃんと病気がちな由香ちゃんは、ある事件がきっかけでクラスのだれとも付き合わなくなった。学校の人気者、ブンちゃんは、デキる転校生、モトくんのことが何となく面白くない ・・・・・・。優等生にひねた奴。弱虫に八方美人。それぞれの物語がちりばめられた、「友だち」のほんとうの意味をさがす連作長編。(新潮文庫)

恵美ちゃん - 僕はこれから、きみと、きみにかかわりのある何人かの子どもたちの話をしようと思う。

最初は、きみだ。きみは、松葉杖をついている。小学5年生のときに交通事故に遭い、左膝を複雑骨折したからだ。松葉杖なしでは歩けなくなり、それはこの先ずっと続くと言われ、きみはひどく落ち込んでいる。

そうじゃないのに、事故をひとのせいにして、怒ってばかりいる。拗ねているのだ。それまで友だちだったみんなとは口をきかなくなり、クラスでいつもひとりでいる病気がちの由香ちゃんとだけつるむようになった。本当は嫌だけど、しかたなくといった感じで。

ブンちゃん - 次は、きみの話だ。ブンちゃんは学力優秀、スポーツ万能で、間違いなく5年3組のヒーロー、だったのだ。ところが、モトくんが転校して来てからというもの、ちょっと具合がおかしくなっていく。

ブンちゃんは相変わらずヒーローでクラスの人気者ではあったのだが、それまでみたいにぶっちぎりの存在ではなくなってしまった。すべてはモトくんのせいで、彼はブンちゃんと同じくらい勉強ができ、スポーツもできる「第二のブンちゃん」だったのだ。

堀田ちゃん - きみの話をする。僕はきみのことがとてもよくわかる気がする。だから、きみを見ていると時々かわいそうになる。そんなに無理しなくてもいいのにと、つい声をかけたくなる。たぶんきみは、ひとりぼっちよりも寂しい「みんなぼっち」なんだと思う。

きみはクラスの人気者だ。友だちがたくさんいる。「堀田ちゃん、堀田ちゃん」とみんなに呼ばれて、呼ばれたら必ず「ほいほーい」と振りを付けて駆け寄って、おしゃべりの話題にすばやく合流する。付き合いがよくて、よくしゃべって、よく笑う。

みんなを笑わせるのが大好きだ。「堀田ちゃんって面白すぎーっ」と言われると、うれしくてしかたない。ところが、わくわくして眠りについたはずなのに、きみはときどき、怖い夢を見てうなされることがある。足元の地面が不意に消え失せ、どこまでも、はてしなくどこまでも、落ちていくような夢を。

三好くん - 自分が物語の主役をつとめるなんて夢にも思っていないはずの、きみ。きみを主人公にして、僕はこんな話を書いてみた。

ハナちゃん - きみの話だ。旅の途中ですれ違ったような、ほんのわずかな間だけ、恵美ちゃんと由香ちゃんの友だちだったきみの話を、いまから始める。

佐藤くん - つらいな、きみは。きみたちの世代の好きな言い方をするなら、きみは「イタい奴」になるのだろうか。「サムい」奴になるのだろうか。きみの話をする。じつを言うと、僕は少しきみに似ているところがある。

西村さん - きみは、九月に転校してきたばかりだった。ちいさな秘密を背負って新しい学校にやってきた。入れ替わるように入院をした由香ちゃんのことと、みんなと付き合わない恵美ちゃんのことが、気になってしかたなかった。

モトくん - そして、再び、恵美ちゃん - きみの話をしなくてはいけない。二度目で、そして最後になる。きみと、きみの友だちの、お別れの話だ。

※この物語の最後には、それまでの9編とは違う、あっと驚く「オチ」があります。が、それはここでは言わないでおきます。

思うべきは、人はそれぞれに、こうまでして少年少女時代を生き抜いた上に大人になる、ということです。彼らには一切の妥協が許されません。すぐに隠れてしまえるほどの、広い場所で生きてはいないからです。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆重松 清
1963年岡山県津山市生まれ。
早稲田大学教育学部国語国文学科卒業。

作品「定年ゴジラ」「ナイフ」「ビタミンF」「十字架」「流星ワゴン」「疾走」「カシオペアの丘で」「あすなろ三三七拍子」「星のかけら」「ゼツメツ少年」他多数

関連記事

『木洩れ日に泳ぐ魚』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『木洩れ日に泳ぐ魚』恩田 陸 文春文庫 2010年11月10日第一刷 舞台は、アパートの一室。別々

記事を読む

『岸辺の旅』(湯本香樹実)_書評という名の読書感想文

『岸辺の旅』湯本 香樹実 文春文庫 2012年8月10日第一刷 きみが三年の間どうしていたか、話し

記事を読む

『子供の領分』(吉行淳之介)_書評という名の読書感想文

『子供の領分』吉行 淳之介 番町書房 1975年12月1日初版 吉行淳之介が亡くなって、既に20

記事を読む

『火車』(宮部みゆき)_書評という名の読書感想文

『火車』宮部 みゆき 新潮文庫 2020年5月10日87刷 ミステリー20年間の第1

記事を読む

『コロナと潜水服』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『コロナと潜水服』奥田 英朗 光文社文庫 2023年12月20日 初版1刷発行 ちょっぴり切

記事を読む

『血縁』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『血縁』長岡 弘樹 集英社文庫 2019年9月25日第1刷 コンビニの店員が男にナ

記事を読む

『劇場』(又吉直樹)_書評という名の読書感想文

『劇場』又吉 直樹 新潮文庫 2019年9月1日発行 高校卒業後、大阪から上京し劇

記事を読む

『月の満ち欠け』(佐藤正午)_書評という名の読書感想文

『月の満ち欠け』佐藤 正午 岩波書店 2017年4月5日第一刷 生きているうちに読むことができて

記事を読む

『身分帳』(佐木隆三)_書評という名の読書感想文

『身分帳』佐木 隆三 講談社文庫 2020年7月15日第1刷 人生の大半を獄中で過

記事を読む

『孤独の歌声』(天童荒太)_書評という名の読書感想文

『孤独の歌声』天童 荒太 新潮文庫 1997年3月1日発行 天童荒太が気になります。つい先日

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『悪逆』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪逆』黒川 博行 朝日新聞出版 2023年10月30日 第1刷発行

『エンド・オブ・ライフ』(佐々涼子)_書評という名の読書感想文

『エンド・オブ・ライフ』佐々 涼子 集英社文庫 2024年4月25日

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』(清武英利)_書評という名の読書感想文

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』清武 英利 

『メイド・イン京都』(藤岡陽子)_書評という名の読書感想文

『メイド・イン京都』藤岡 陽子 朝日文庫 2024年4月30日 第1

『あいにくあんたのためじゃない』(柚木麻子)_書評という名の読書感想文

『あいにくあんたのためじゃない』柚木 麻子 新潮社 2024年3月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑