『十九歳の地図』(中上健次)_書評という名の読書感想文

『十九歳の地図』中上 健次 河出文庫 2020年1月30日新装新版2刷

十九才の地図 (河出文庫)

「俺は何者でもない、何者かになろうとしているのだ」- 予備校生のノートに記された地図と、そこに書き込まれていくX印。東京で生活する少年の拠り所なき鬱屈を瑞々しい筆致で捉えた青春小説の金字塔 「十九歳の地図」、デビュー作 「一番はじめの出来事」 他 「蝸牛」 「補陀落」 を収録。戦後日本文学を代表する作家の第一作品集。(河出文庫)

今でも私はなぜこの人の本が読みたいと思うのだろう、と考える。日常に狂気が入り交じり、時に狂気が日常を凌駕するような。その精神性に、どこか憧れてでもいるのだろうか。

貧困であること。路地で生きること。理性とは裏腹な、圧倒的な暴力性。隠して生きるなどとは、思いもしなかったのだろう。その覚悟が眩しくて、寄り付けもしなかった。

およそ作家とは思えない不敵な面構え。気に喰わないと容赦なく殴られそうな。容易く心を開いてはくれなさそうな。初めてテレビで見た時、そんな印象を受けました。今から30年以上も前のことです。

[あらすじ]
主人公は、予備校生の住み込み新聞配達員。後の紀州熊野サーガ 物語群 以前の東京を舞台とした未成年の物語であるが、この主人公が、中上作品における最初の地図製作者であることは注目されてよい。

サーガの中心、和歌山県新宮市に同定される路地の地図は、土地所有者の 佐倉や成り上がり者の浜村龍造 にとって、この世界を支配するための必需品であり、またルポルタージュ 紀州 木の国・根の国物語 で中上は、自らの方法をアメリカの作家ウィリアム・フォークナーが、ミシシッピ州ヨクナパトーファ、ジェファスンの地図をつくり、フォークナー所有と記す方法と似ているとも語っている。

本作品での新聞配達員の主人公は、より稚拙にではあるがノートに地図を書き、配達先の気に入らない家にX印を記し、配達台帖から電話番号をアドレス帖にひかえ、憂さ晴らしと言うにはかなり執拗な、公衆電話からの声の脅迫のターゲットとするのだ。(高澤秀次/解説より)

※電話の内容は辛辣で、容赦がありません。あまりに唐突で、相手は何を言われているのか、何があって自分なのかが、皆目見当が付きません。

青年は言うだけ言うと気が済むのか、言うとすぐに電話を切ります。電話を切ると今度は自分が作った 「地図」 に、何個目かのX印を付けます。

この本を読んでみてください係数  85/100

十九才の地図 (河出文庫)

◆中上 健次
1946年和歌山県新宮市生まれ。92年、46歳で没。
和歌山県立新宮高等学校卒業。妻は作家の紀和鏡、長女は作家の中上紀、次女は陶芸家で作家の中上菜穂。

作品 「枯木灘」「鳳仙花」「地の果て至上の時」「紀伊物語」「岬」「十九歳のジェイコブ」「十八歳、海へ」「千年の愉楽」他多数

関連記事

『殺人依存症』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『殺人依存症』櫛木 理宇 幻冬舎文庫 2020年10月10日初版 殺人依存症 (幻冬舎文庫)

記事を読む

『血縁』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『血縁』長岡 弘樹 集英社文庫 2019年9月25日第1刷 血縁 (集英社文庫) コン

記事を読む

『佐渡の三人』(長嶋有)_書評という名の読書感想文

『佐渡の三人』長嶋 有 講談社文庫 2015年12月15日第一刷 佐渡の三人 (講談社文庫)

記事を読む

『十二人の死にたい子どもたち』(冲方丁)_書評という名の読書感想文

『十二人の死にたい子どもたち』冲方 丁 文春文庫 2018年10月10日第一刷 十二人の死にた

記事を読む

『しろいろの街の、その骨の体温の』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『しろいろの街の、その骨の体温の』村田 沙耶香 朝日文庫 2015年7月30日第一刷 しろいろ

記事を読む

『秋山善吉工務店』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『秋山善吉工務店』中山 七里 光文社文庫 2019年8月20日初版 秋山善吉工務店 (光文社

記事を読む

『その街の今は』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『その街の今は』柴崎 友香 新潮社 2006年9月30日発行 その街の今は (新潮文庫) ここが昔

記事を読む

『さんかく』(千早茜)_なにが “未満” なものか!?

『さんかく』千早 茜 祥伝社 2019年11月10日初版 さんかく 「おいしいね」 を

記事を読む

『静かな炎天』(若竹七海)_書評という名の読書感想文

『静かな炎天』若竹 七海 文春文庫 2016年8月10日第一刷 静かな炎天 (文春文庫) ひ

記事を読む

『痺れる』(沼田まほかる)_書評という名の読書感想文

『痺れる』沼田 まほかる 光文社文庫 2012年8月20日第一刷 痺れる (光文社文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『カゲロボ』(木皿泉)_書評という名の読書感想文

『カゲロボ』木皿 泉 新潮文庫 2022年6月1日発行

『あたしたち、海へ』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『あたしたち、海へ』井上 荒野 新潮文庫 2022年6月1日発行

『白昼夢の森の少女』(恒川光太郎)_書評という名の読書感想文

『白昼夢の森の少女』恒川 光太郎 角川ホラー文庫 2022年5月25

『あなたが私を竹槍で突き殺す前に』(李龍徳)_書評という名の読書感想文

『あなたが私を竹槍で突き殺す前に』李 龍徳 河出書房 2022年3月

『JK』(松岡圭祐)_書評という名の読書感想文

『JK』松岡 圭祐 角川文庫 2022年5月25日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑