『ラブレス』(桜木紫乃)_書評という名の感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/14 『ラブレス』(桜木紫乃), 作家別(さ行), 書評(ら行), 桜木紫乃

『ラブレス』 桜木 紫乃  新潮文庫 2013年12月1日発行

桜木紫乃は 『ホテルローヤル』 という小説で最近直木賞を受賞した、北海道の釧路市生まれの女性です。賞の発表があったとき、『ホテルローヤル』 という受賞作のタイトルに私の何かが反応し、これは一刻も早く読まねばとすぐに本屋へ行きました。

自分でもよく説明できないのですが、時々こういうことが起こります。そして、そうして読んだものの多くは最初に感じた漠然とした期待を裏切らない読後感を私に与えてくれるのでした。なかなかに爽快で、してやったり感満載の、とても幸せな瞬間です。

はじめて読んだ作家の小説が気に入ると次に私がすることは、というか大凡の人がそうでしょうが、その作家の次なる作品を読みたいと思うことです。

デビュー作でない限りできれば受賞作以前のもの、最初に世に出た作品とか評価を受けた作品を探します。

その作家の原点となる作品を読んでからでないと安心して他のが読めないのです。

これは、好きな人ができて付き合いはじめるとその人のもっと昔のこと、知り合う以前のことを俄然知りたくなる気持ちと通じるものがあります。

肝心の『ラブレス』の紹介が後回しになりました。

この作品は『ホテルローヤル』と相前後して発表されている長編小説です。

この作品も名のある文学賞を受賞している作品で、二冊目にこれを読んで私は桜木紫乃という作家の書く小説の真のファンになりました。

この人の書くものにハズレはないことを確信したからです。

舞台は北海道の道東。

開拓村での極貧生活から始まる、百合江、妹の里実、そして姉妹の母親や娘たちを含めた凄絶な人生が描写されています。

物語は昭和25年からスタートして以後60年におよぶ時間の個人史が綴られています。

特に百合江の人生は波乱万丈、この登場人物に実際のモデルが存在するのかどうかは分かりませんが、生まれ落ちた場所とその境遇、風土や習慣、そして時代の変遷とともに何処へ自分が辿りつくのかももはや朦朧となりつつ時々の偶然にただ寄り添うように生きて歳を重ねていく様が飄々と描かれているのです。

◆この本を読んでみてください係数  85/100


◆桜木 紫乃

1965年北海道釧路市生まれ。

高校卒業後裁判所のタイピストとして勤務。

24歳で結婚、専業主婦となり2人目の子供を出産直後に小説を書き始める。

2007年『氷平線』でデビュー。

ゴールデンボンバーの熱烈なファンであり、ストリップのファンでもある。

作品 「氷平線」「凍原」「ラブレス」「起終点駅」「ホテルローヤル」「無垢の領域」「蛇行する月」「星々たち」など

関連記事

『黛家の兄弟』(砂原浩太朗)_書評という名の読書感想文

『黛家の兄弟』砂原 浩太朗 講談社文庫 2023年12月15日 第1刷発行 謀略、犠牲、裏切

記事を読む

『ホテルローヤル』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ホテルローヤル』桜木 紫乃 集英社 2013年1月10日第一刷 「本日開店」は貧乏寺の住職の妻

記事を読む

『青い鳥』(重松清)_書評という名の読書感想文

『青い鳥』重松 清 新潮文庫 2021年6月15日22刷 先生が選ぶ最泣の一冊 1

記事を読む

『路上のX』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『路上のX』桐野 夏生 朝日新聞出版 2018年2月28日第一刷 こんなに叫んでも、私たちの声は

記事を読む

『虜囚の犬/元家裁調査官・白石洛』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『虜囚の犬/元家裁調査官・白石洛』櫛木 理宇 角川ホラー文庫 2023年3月25日初版発行

記事を読む

『正義の申し子』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『正義の申し子』染井 為人 角川文庫 2021年8月25日初版 物語のスピードに振

記事を読む

『幸せのプチ』(朱川湊人)_この人の本をたまに読みたくなるのはなぜなんだろう。

『幸せのプチ』朱川 湊人 文春文庫 2020年4月10日第1刷 夜中になると町を歩

記事を読む

『それを愛とは呼ばず』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『それを愛とは呼ばず』桜木 紫乃 幻冬舎文庫 2017年10月10日初版 妻を失った上に会社を追わ

記事を読む

『月の満ち欠け』(佐藤正午)_書評という名の読書感想文

『月の満ち欠け』佐藤 正午 岩波書店 2017年4月5日第一刷 生きているうちに読むことができて

記事を読む

『私の息子はサルだった』(佐野洋子)_書評という名の読書感想文

『私の息子はサルだった』佐野 洋子 新潮文庫 2018年5月1日発行 何でもやってくれ。子供時代を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『余命一年、男をかう』(吉川トリコ)_書評という名の読書感想文

『余命一年、男をかう』吉川 トリコ 講談社文庫 2024年5月15日

『鎮魂』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『鎮魂』染井 為人 双葉文庫 2024年5月18日 初版第1刷発行

『いっそこの手で殺せたら』(小倉日向)_書評という名の読書感想文

『いっそこの手で殺せたら』小倉 日向 双葉文庫 2024年5月18日

『いつか、アジアの街角で』(中島京子他)_書評という名の読書感想文

『いつか、アジアの街角で』中島 京子他 文春文庫 2024年5月10

『チョウセンアサガオの咲く夏』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『チョウセンアサガオの咲く夏』柚月 裕子 角川文庫 2024年4月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑