『天国はまだ遠く』(瀬尾まいこ)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/05 『天国はまだ遠く』(瀬尾まいこ), 作家別(さ行), 書評(た行), 瀬尾まいこ

『天国はまだ遠く』瀬尾 まいこ 新潮文庫 2022年5月25日 29刷

著者史上BEST of ほっこり! 最高に最&幸な涙をアナタも!

仕事も人間関係もうまくいかず、毎日辛くて息が詰まりそう。23歳の千鶴は、会社を辞めて死ぬつもりだった。辿り着いた山奥の民宿で、睡眠薬を飲むのだが、死に切れなかった。自殺を諦めた彼女は、民宿の田村さんの大雑把な優しさに癒されていく。大らかな村人や大自然に囲まれた充足した日々。だが、千鶴は気づいてしまう、自分の居場所がここにないことに。心にしみる清爽な旅立ちの物語。(新潮文庫)

かつて私もそうでした。ノルマ、ノルマの毎日は本当につらかった。いつになったらこの苦行から逃れられるのか - そればかりを思いながら日々を送っていました。辞めたい。辞めて、(ノルマのない) 別のところで働きたい。約25年の間に何回、何百回考えたことでしょう。

特に褒められもせず、ただ体面を保つ程度には成果を挙げて (挙げたように見せかけて)、その場その場を凌ぎながらなんとか25年、辞めずに働きました。そしてある日ある時、もういいだろう、と思いました。

48歳で転職。それまでの仕事とはまるで関係ない仕事に就きたいというと、ハローワークの窓口担当のオジさんに 「そんな無茶な! それなら何か新しい資格でも取らないと。普通みなさんはこれまでの経験を活かせる職場を探されますよ」 と、えらく不機嫌な声で言われてしまいました。

そうなんでしょうか? 耐えに耐えた今までの職場や人間関係がいやで、人生最後のチャンスにこれまで経験したことのない仕事をしてみたい、違う世界を見てみたいと考えるのは、そんなにおかしなことだったのでしょうか。でも、 

千鶴は大丈夫。何といっても、まだ23歳なんですから。死ぬことはありません。本人はそれほどに思い詰めてはいますが、案外彼女は自分を見誤っています。それが証拠に、民宿の田村さんにこんなことを言われてしまいます。

「ほめてるんやで。あんたみたいな人は、長生きするわ」

そうなのだろうか。自分ではそんなことわからない。だけど、確かに今は長生きできそうな気がする。もっともっと生きていけそうな気がする。ここで過ごしたのはたった一ヶ月足らずの時間だけど、その間に自分の中の何かが溶けて、違う何かが息づいたように感じる。(本文より)

何かが変わる気がする。人生にはそんな瞬間がきっとあります。私の場合、あまりに遅きに失した感はありますが千鶴はまだまだ、これから先が本番です。長く険しい道の先には、きっと思いがけない幸運が待っていることでしょう。田村さんと出会い、そのヒントをもらい、いま彼女は確かな予感を感じています。

この本を読んでみてください係数 80/100

◆瀬尾 まいこ
1974年大阪府生まれ。
大谷女子大学文学部卒業。

作品 「卵の緒」「図書館の神様」「優しい音楽」「幸福な食卓」「僕らのごはんは明日で待ってる」「戸村飯店 青春100連発」「そして、バトンは渡された」他多数

関連記事

『身の上話』(佐藤正午)_書評という名の読書感想文

『身の上話』佐藤 正午 光文社文庫 2011年11月10日初版 あなたに知っておいてほしいのは、人

記事を読む

『叩く』(高橋弘希)_書評という名の読書感想文

『叩く』高橋 弘希 新潮社 2023年6月30日発行 芥川賞作家が贈る 「不穏な人

記事を読む

『だから荒野』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『だから荒野』桐野 夏生 文春文庫 2016年11月10日第一刷 46歳の誕生日、夫と2人の息子と

記事を読む

『太陽のパスタ、豆のスープ』(宮下奈都)_書評という名の読書感想文

『太陽のパスタ、豆のスープ』宮下 奈都 集英社文庫 2013年1月25日第一刷 結婚式直前に突然婚

記事を読む

『罪の名前』(木原音瀬)_書評という名の読書感想文

『罪の名前』木原 音瀬 講談社文庫 2020年9月15日第1刷 木原音瀬著 「罪の

記事を読む

『つむじ風食堂の夜』(吉田篤弘)_書評という名の読書感想文

『つむじ風食堂の夜』吉田 篤弘 ちくま文庫 2005年11月10日第一刷 懐かしい町「月舟町」の十

記事を読む

『幸せのプチ』(朱川湊人)_この人の本をたまに読みたくなるのはなぜなんだろう。

『幸せのプチ』朱川 湊人 文春文庫 2020年4月10日第1刷 夜中になると町を歩

記事を読む

『てとろどときしん』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『てとろどときしん』黒川博行 角川文庫 2014年9月25日初版 副題は 「大阪府警・捜査一課事

記事を読む

『また、桜の国で』(須賀しのぶ)_これが現役高校生が選んだ直木賞だ!

『また、桜の国で』須賀 しのぶ 祥伝社文庫 2019年12月20日初版 1938年

記事を読む

『樽とタタン』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『樽とタタン』中島 京子 新潮文庫 2020年9月1日発行 今から三十年以上前、小

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『絞め殺しの樹』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

『絞め殺しの樹』 河﨑 秋子 小学館文庫 2024年4月10日 初版

『つまらない住宅地のすべての家』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『つまらない住宅地のすべての家』津村 記久子 双葉文庫 2024年4

『悪逆』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪逆』黒川 博行 朝日新聞出版 2023年10月30日 第1刷発行

『エンド・オブ・ライフ』(佐々涼子)_書評という名の読書感想文

『エンド・オブ・ライフ』佐々 涼子 集英社文庫 2024年4月25日

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』(清武英利)_書評という名の読書感想文

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』清武 英利 

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑