『私の息子はサルだった』(佐野洋子)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/10 『私の息子はサルだった』(佐野洋子), 佐野洋子, 作家別(さ行), 書評(わ行)

『私の息子はサルだった』佐野 洋子 新潮文庫 2018年5月1日発行

何でもやってくれ。子供時代を充分子供として過ごしてくれたらそれでいい - 本を読んで、お話をして、とせがんだ幼い息子。好きな女の子が「何考えていたのかなあ」と想像する小学生の息子。中学生になり、父親を亡くした親友に接する息子・・・・・・・。著者は自らの子を不思議な生き物のように驚きつつ慈しむ。没後発見された原稿を集めた、心あたたまる物語エッセイ。(新潮文庫)

小学1年生の時、ケンは彼女に恋をします。

タニバタさんは入学式の時、新入生代表でりんりんとよく通るはっきりした声で、新入生のあいさつをした。たいしたもんだなぁ、ケンの母親は感心した。授業参観に行くと、一人だけずば抜けてしっかりした字を書いた絵日記があった。日記は最後の行までびっしり書いてある。絵もていねいに隅から隅まで手抜きなく描いてある。名前を見る。たにばたみな子と書いてある。ふーん。大したもんだ。(P43.44)

母親はいたく感心します。次いで息子のケンの絵日記を見ると、そこにははみ出さんばかりの、大きな赤いカニが描いてあります。大きく不ぞろいな字がたったの四行。ケンの母親は、とにかく元気がいいのに「まあいいか」と思い、タニバタさんの絵日記をもう一度見て、もう一度感心するのでした。

そのタニバタさんをして、ケンは学校帰りに門で待ち伏せて、一緒に帰り、夏休みに遊ぶ約束をしようとします。母親にそれをそのまま伝え、応援のために迎えに来てと頼むと、母親は「わかった」と言います。

ところが思わぬ成り行きに、ケンと母親は驚いて、

「あっ」
二人とも声にならない声を同時に出したことがわかる。タニバタさんが出て来た。飛びはねながら。タニバタさんは男の子としっかり手をつないで、二人で飛びはねながら笑っている。校門をわき見もせずに飛びはねながら通り過ぎて行った。

ケンと母親は手をだらんと下ろして、ぼうっと突っ立っている。そして力が抜けた顔を見合わせた。
「モグラのキンタマだ」
ケンは小さい声でつぶやく。二人は手をつないだまま、のろのろと道を歩いて行く。(P45)

また別の日の話。

- 理科の授業だった。先生はプラスチックのはかりを机の上に置いた。 「この前の続きをやるよ。ここにはかりがあるね。今ここの上に赤い箱が置いてある。こっちが下になっているね、先生はこの棒をまっすぐにしたい。さあどんな時、この棒はまっすぐになるんだったかな」

ハイハイハイと沢山手があがった。 「じゃあ、ケン君」
ケンは、はりきって立ち上がった。

「運のいいとき」
母親はボウ然とした。 そうして一年生は終わった。(P53.54)

※この二つを紹介したのは -「モグラのキンタマ」と「運のいいとき」というのに - どこより爆笑したからに他なりません。

やがてケンは、タニバタさんを間に挟み、モグラのキンタマことウワヤくんと、他にもう一人、よっちゃんという同級生と友達になります。友達どころか、ケンとウワヤくんとよっちゃんの三人は “同盟” を結ぶほどの親友となり、それは大人になるまで続きます。

この本を読んでみてください係数  85/100

◆佐野 洋子
1938年北京生まれ。2010年、没。享年、72歳。
武蔵野美術大学デザイン科卒業。ベルリン造形大学でリトグラフを学ぶ。

作品 絵本「100万回生きたねこ」「わたしのぼうし」ねえ とうさん」 エッセイ集「ふつうがえらい」「神も仏もありませぬ」「覚えていない」他、小説など多数

関連記事

『怪物』(脚本 坂元裕二 監督 是枝裕和 著 佐野晶)_書評という名の読書感想文

『怪物』脚本 坂元裕二 監督 是枝裕和 著 佐野晶 宝島社文庫 2023年5月8日第1刷

記事を読む

『海よりもまだ深く』(是枝裕和/佐野晶)_書評という名の読書感想文

『海よりもまだ深く』是枝裕和/佐野晶 幻冬舎文庫 2016年4月30日初版 15年前に文学賞を

記事を読む

『エンド・オブ・ライフ』(佐々涼子)_書評という名の読書感想文

『エンド・オブ・ライフ』佐々 涼子 集英社文庫 2024年4月25日 第1刷 「理想の死」

記事を読む

『笑う山崎』(花村萬月)_書評という名の読書感想文

『笑う山崎』花村 萬月 祥伝社 1994年3月15日第一刷 「山崎は横田の手を握ったまま、無表情に

記事を読む

『木曜日の子ども』(重松清)_書評という名の読書感想文

『木曜日の子ども』重松 清 角川文庫 2022年1月25日初版 世界の終わりを見た

記事を読む

『家族じまい』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『家族じまい』桜木 紫乃 集英社 2020年11月11日第6刷 家族はいったいいつ

記事を読む

『カレーライス』(重松清)_教室で出会った重松清

『カレーライス』重松 清 新潮文庫 2020年7月1日発行 「おとなになっても忘れ

記事を読む

『正義の申し子』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『正義の申し子』染井 為人 角川文庫 2021年8月25日初版 物語のスピードに振

記事を読む

『ここは私たちのいない場所』(白石一文)_あいつが死んで5時間後の世界

『ここは私たちのいない場所』白石 一文 新潮文庫 2019年9月1日発行 順風満帆

記事を読む

『私が殺した少女』(原尞)_書評という名の読書感想文

『私が殺した少女』 原 尞 早川書房 1989年10月15日初版 私立探偵沢崎の事務所に電話をして

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『余命一年、男をかう』(吉川トリコ)_書評という名の読書感想文

『余命一年、男をかう』吉川 トリコ 講談社文庫 2024年5月15日

『鎮魂』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『鎮魂』染井 為人 双葉文庫 2024年5月18日 初版第1刷発行

『いっそこの手で殺せたら』(小倉日向)_書評という名の読書感想文

『いっそこの手で殺せたら』小倉 日向 双葉文庫 2024年5月18日

『いつか、アジアの街角で』(中島京子他)_書評という名の読書感想文

『いつか、アジアの街角で』中島 京子他 文春文庫 2024年5月10

『チョウセンアサガオの咲く夏』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『チョウセンアサガオの咲く夏』柚月 裕子 角川文庫 2024年4月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑