『生皮/あるセクシャルハラスメントの光景』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『生皮/あるセクシャルハラスメントの光景』井上 荒野 朝日新聞出版 2022年4月30日第1刷

皮を剥がされた体と心は未だに血を流している。

動物病院の看護師で、物を書くことが好きな九重咲歩は、小説講座の人気講師・月島光一から才能の萌芽を認められ、教室内で特別扱いされていた。しかし月島による咲歩への執着はエスカレートし、肉体関係を迫るほどにまで歪んでいく - 。7年後、何人もの受講生を作家デビューさせた月島は教え子たちから慕われ、マスコミからも注目を浴びはじめるなか、咲歩はみずからの性被害を告発する決意をする。なぜセクハラは起きたのか? 家族たちは事件をいかに受け止めるのか? 被害者の傷は癒えることがあるのか? 被害者と加害者、その家族、受講者たち、さらにはメディア、SNSを巻き込みながら、性被害をめぐる当事者の生々しい感情と、ハラスメントが醸成される空気を重層的に活写する、著者の新たな代表作 (朝日新聞出版)

〇小荒間洋子の場合 - 彼女は月島の指導を受け、その甲斐あって文芸誌の新人賞を取ります。その後職業作家となり、芥川賞を受賞します。

十七年前のことになる。洋子は二十六歳、亮二は二十八歳で、結婚して一緒に暮らしはじめてから半年も経っていなかった。ドーナツを買いに行って亮二は死んじゃった。彼の死後しばらくの間、洋子は誰彼に、ヘラヘラ笑いながらそう言っていたらしい。その頃のことは渦を巻く泥のようで、自分がどうしていたかほとんど記憶にないのだが。

子供を堕ろしたのも、その泥の中でのことだった。もちろん自分の意思で病院へ行き、自分の意思でそれを決めた。亮二が死んだのだからそうするしかないだろうと思ったのだ。思ったことは覚えている。だがあとから考えれば、あのときの自分は自分ではなかった。自分がやろうとしていることの意味がわかっていなかったし、あるいは意味など考えていなかった。

泥の中から脱け出すことができたのは、小説を書きはじめたからだった。

- 自分の小説が他人にはどう読まれるのか知りたくて、カルチャーセンターへ行った。そこで月島光一に会った。

了解などしていなかった。私はいやだった。月島に触れられることが気持ちが悪くてしかたがなかった。

月島に無理やりそんなことをされているという事実に衝撃を受けていて、抵抗すれば、それが事実よりももっとどうしようもない事実になってしまうように思えた。そのどうしようもない事実は月島を傷つけるだろう - いや、彼よりももっと、私自身を傷つけるだろう。月島を信じてきた私、月島との出会いに感謝してきた私、月島のおかげで小説というものを理解していった私、そうして獲得した方法、私の小説をも。

やりすごせたように思っていた。その後も月島の講座に通ったし、受講をやめてからも、小説家としてデビューしてからも何度も会った。体の関係を求められることは以後はなかった。

ふたりきりになる機会を洋子が徹底して避けたせいかもしれなかったし、そんな態度に月島が鼻白んだのかもしれなかったが、調子が上がらないみたいだなと言われることももうなかった。ふつうに喋れた。冗談すら言った。でも、あれもまた泥だったのだ。

洋子は思う。月島と会うときはいつでも、体の中に腐った黒い泥のようなものが詰まっていた。さっきの電話のときもそうだ。大人の関係なんかじゃない。小説的関係なんかであるものか。あの夜、月島のペニスを体の中に押し込まれたときの感触はずっと消えない。だから恋をすることにも消極的になった。いやだったのだ。私はいやだったのだ。(本文第三章より抜粋)

先日、京都新聞の朝刊 (2022.4.20付)にこんな記事が載りました。

「♯文学界に性暴力のない土壌を作りたい」。そんなハッシュタグ (検索目印) を付けた作家たちのメッセージが、ツイッターで続々と発信されている。山崎ナオコーラさんの14日の投稿を皮切りに、多くの作家や出版関係者が自身の体験や心情をつづっている。

文学界のみならず映画界等も同様で、これまで明るみに出なかったセクハラの数々が、当事者からの勇気ある告発で、漸うにして白日の下に晒され、皆が事の実態を知るに至ります。この間、被害者たる女性たちはどんな思いでいたのでしょう。致し方なかったとはいえ、相手が望む行為に応じてしまったという事実を前に、自らを恥じ、悔いてはいるものの人には言えず、ひとり血の涙を流していたのでしょう。

柴田咲歩 (旧姓 九重咲歩) が月島光一をセクシャルハラスメントで告発したのは、事のあった、実に7年後のことでした。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆井上 荒野
1961年東京都生まれ。
成蹊大学文学部英米文学科卒業。

作品 「虫娘」「ほろびぬ姫」「切羽へ」「つやのよる」「誰かの木琴」「ママがやった」「赤へ」「その話は今日はやめておきましょう」「あちらにいる鬼」他多数

関連記事

『女神/新装版』(明野照葉)_書評という名の読書感想文

『女神/新装版』明野 照葉 光文社文庫 2021年10月20日初版第1刷発行 女神 新装版

記事を読む

『どろにやいと』(戌井昭人)_書評という名の読書感想文

『どろにやいと』戌井 昭人 講談社 2014年8月25日第一刷 どろにやいと  

記事を読む

『私の家では何も起こらない』(恩田陸)_書評という名の読書感想文

『私の家では何も起こらない』恩田 陸 角川文庫 2016年11月25日初版 私の家では何も起こ

記事を読む

『合意情死 がふいしんぢゆう』(岩井志麻子)_書評という名の読書感想文

『合意情死 がふいしんぢゆう』岩井 志麻子 角川書店 2002年4月30日初版 合意情死(がふ

記事を読む

『百舌落とし』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『百舌落とし』逢坂 剛 集英社 2019年8月30日第1刷 百舌落とし 後頭部を千枚通

記事を読む

『初恋』(大倉崇裕)_世界29の映画祭が熱狂! 渾身の小説化

『初恋』大倉 崇裕 徳間文庫 2020年2月15日初刷 初恋 (徳間文庫) あの三池崇

記事を読む

『少女奇譚/あたしたちは無敵』(朝倉かすみ)_朝倉かすみが描く少女の “リアル”

『少女奇譚/あたしたちは無敵』朝倉 かすみ 角川文庫 2019年10月25日初版 少女奇譚

記事を読む

『誰? 』(明野照葉)_書評という名の読書感想文

『誰? 』明野 照葉 徳間文庫 2020年8月15日初刷 誰? (徳間文庫) 嵌められ

記事を読む

『バック・ステージ』(芦沢央)_書評という名の読書感想文

『バック・ステージ』芦沢 央 角川文庫 2019年9月25日初版 バック・ステージ (角川文

記事を読む

『殺戮にいたる病』(我孫子武丸)_書評という名の読書感想文

『殺戮にいたる病』我孫子 武丸 講談社文庫 2013年10月13日第一刷 新装版 殺戮にいたる

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『名前も呼べない』(伊藤朱里)_書評という名の読書感想文

『名前も呼べない』伊藤 朱里 ちくま文庫 2022年9月10日第1刷

『Yuming Tribute Stories』(桐野夏生、綿矢りさ他)_書評という名の読書感想文

『Yuming Tribute Stories』桐野夏生、綿矢りさ他

『シュガータイム』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『シュガータイム』小川 洋子 中公文庫 2022年7月30日21刷発

『ぼくの死体をよろしくたのむ』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『ぼくの死体をよろしくたのむ』川上 弘美 新潮文庫 2022年9月1

『老警』(古野まほろ)_書評という名の読書感想文

『老警』古野 まほろ 角川文庫 2022年8月25日初版発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑