『連鎖』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/06 『連鎖』(黒川博行), 作家別(か行), 書評(ら行), 黒川博行

『連鎖』黒川 博行 中央公論新社 2022年11月25日初版発行

経営に行き詰った社長の服毒自殺 - 最初は誰もがそう考えていた。しかし・・・・・・・

ひとりの死から、闇に沈んだ複数の犯罪が浮かび上がる 捜査の圧倒的リアリティ ページをめくる手が止まらない、本格警察小説の白眉!

勤ちゃん、どえらい事件に関わってしもたな
失踪した食品会社社長の遺体が、高速道路非常帯に駐車中の車内で発見された。多額の保険金、手詰まりになった資金繰り、不渡り手形・・・・・・・。彼の死は自殺と推定され、捜査はすすめられるが - 。大阪・京橋署暴犯係の刑事・映画オタクの 「勤ちゃん」 こと上坂勤と、麻雀好きの礒野次郎のコンビが、丹念な捜査と緻密な見立てで、絡んだ糸を一つ一つひもといてゆく。ほどけた糸の先に見えてきたものとは? (中央公論新社)

失踪したのは篠原紀昭、歳は五十八歳。都島区善法寺町で 『シノハラ』 という食品卸会社を経営しています。妻の真須美は、夫の紀昭が 「闇金業者に脅されて、自殺するかもしれない」 と言い、失踪した前日 「わたしに隠れるように、生命保険の証書を見ていた」 と言ったのでした。死亡時の受取額を訊くと、真須美は 「九千万円」 と答えます。

篠原紀昭さんは九月六日金曜の十七時ごろ、所有するクラウンを運転して会社を出た。行き先は不明。その日の二十三時すぎ、いま名古屋にいる、日曜に帰る、と奥さんの携帯にメールが入ったが、その後はこちらからのメールにも電話にも応答なし。名古屋に取引先はあるが、立ち寄った形跡はなし。・・・・・・・篠原さんの失踪の理由について、八月二十一日の昼前に電話がかかって外出したが、そのとき、斎藤商事という金融業者に脅迫されたらしい。斎藤商事はシノハラが振り出した一億六千五百万円の約束手形を篠原さんに示して返済を迫ったが、その手形は九月四日に不渡りとなった・・・・・・・。」(本文/上坂メモより)

「主人は闇金業者に脅されたんです。手形のことで」
「約束手形、ですか」
「その業者はうちが振り出した手形を持ってたそうです」
「業者の名称は」
「斎藤商事です」

「冷凍栗を仕入れた代金として 『シノハラ』 の手形を仕入れ先に渡した、と理解してええんですね」 礒野はいった。
「はい、そうです」
「その仕入れ先は」
「『華光通商』 という会社です」
真須美は答えたが、少し間をおいて、「でも、栗はうちの倉庫にはありません」

「どういうことですか」
「伝票だけの取引なんです。栗は華光通商の倉庫にあるはずです」
「ご主人は現物を受けとらずに手形を渡したんですか」
「栗は転売しました。華光通商が紹介してくれた 『イトマル食産』 です」
「転売? 現物がないのに、ですか」
「売掛け伝票と手形が回るんです。会社から会社に」

「ジロさん、循環取引ですわ」 上坂がいった。
「循環取引・・・・・・・」 どこかで聞いた憶えがある。
「循環取引の手口は古くさい。商品は動かさずに金と伝票だけを循環させるんです」
複数の企業が示し合わせて商品の転売や業務委託などの相互発注を繰り返すことで架空の売上高を計上し、業績を実際よりよく見せる - と、上坂はつづけた。

聞けば聞くほど話が錯綜する。華光通商の花田という男は食品ブローカーか - 。パクリ屋やサルベージ屋か - 。そもそも、篠原と花田は商取引だけの関係なのか - 。
この真須美という女も底が知れない感じがする。こちらが訊くことに答えはするが、どこかはぐらかされているような気がしないでもない。(本文より)

『シノハラ』 を食い物にしようと企む輩の連鎖は、華光通商や斎藤商事だけに止まりません。裏でヤクザ組織が暗躍し、内には早くに篠原を見限った人物がいます。複雑に絡み合う関係の中で、己だけは損をしないようにと関与を否定し続ける容疑者たちを、上坂・礒野のコンビは果たして “落とす” ことができるのでしょうか。臨場感溢れる捜査の合間に交わされる、およそ警官らしからぬ言動と併せ、思う存分楽しんでください。笑ってやってください。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆黒川 博行
1949年愛媛県今治市生まれ。
京都市立芸術大学美術学部彫刻科卒業。

作品 「二度のお別れ」「雨に殺せば」「ドアの向こうに」「迅雷」「悪果」「疫病神」「国境」「螻蛄」「文福茶釜」「煙霞」「暗礁」「破門」「泥濘」「後妻業」「勁草」「騙る」他多数

関連記事

『騙る』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『騙る』黒川 博行 文藝春秋 2020年12月15日第1刷 大物彫刻家が遺した縮小

記事を読む

『世界から猫が消えたなら』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『世界から猫が消えたなら』川村 元気 小学館文庫 2014年9月23日初版 帯に「映画化決定!」

記事を読む

『大きな鳥にさらわれないよう』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『大きな鳥にさらわれないよう』川上 弘美 講談社文庫 2019年10月16日第1刷

記事を読む

『うちの父が運転をやめません』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『うちの父が運転をやめません』垣谷 美雨 角川文庫 2023年2月25日初版発行

記事を読む

『菊葉荘の幽霊たち』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『菊葉荘の幽霊たち』角田 光代 角川春樹事務所 2003年5月18日第一刷 友人・吉元の家探しを手

記事を読む

『レディ・ジョーカー』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『レディ・ジョーカー』(上・下)高村 薫 毎日新聞社 1997年12月5日発行 言わずと知れた、

記事を読む

『夫の墓には入りません』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『夫の墓には入りません』垣谷 美雨 中公文庫 2019年1月25日初版 どうして悲し

記事を読む

『老警』(古野まほろ)_書評という名の読書感想文

『老警』古野 まほろ 角川文庫 2022年8月25日初版発行 :続々重版 『監殺』

記事を読む

『I’m sorry,mama.』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『I'm sorry,mama.』桐野 夏生 集英社 2004年11月30日第一刷 桐野夏生

記事を読む

『水声』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『水声』川上 弘美 文春文庫 2017年7月10日第一刷 1996年、わたしと弟の陵はこの家に二人

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『旅する練習』(乗代雄介)_書評という名の読書感想文

『旅する練習』乗代 雄介 講談社文庫 2024年1月16日 第1刷発

『あなたの燃える左手で』(朝比奈秋)_書評という名の読書感想文

『あなたの燃える左手で』朝比奈 秋 河出書房新社 2023年12月1

『漂砂のうたう』(木内昇)_書評という名の読書感想文

『漂砂のうたう』木内 昇 集英社文庫 2015年6月6日 第2刷

『末裔』(絲山秋子)_書評という名の読書感想文

『末裔』絲山 秋子 河出文庫 2023年9月20日 初版発行

『雪の練習生』(多和田葉子)_書評という名の読書感想文

『雪の練習生』多和田 葉子 新潮文庫 2023年10月5日 6刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑