『夜に星を放つ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/06 『夜に星を放つ』(窪美澄), 作家別(か行), 書評(や行), 窪美澄

『夜に星を放つ』窪 美澄 文藝春秋 2022年7月30日第2刷発行

第167回 直木賞受賞作

かけがえのない人間関係を失い傷ついた者たちが、再び誰かと心を通わせることができるのかを問いかける短編集。

コロナ禍のさなか、婚活アプリで出会った恋人との関係、30歳を前に早世した双子の妹の彼氏との交流を通して、人が人と別れることの哀しみを描く 「真夜中のアボカド」。学校でいじめを受けている女子中学生と亡くなった母親の幽霊との奇妙な同居生活を描く 「真珠星スピカ」、父の再婚相手との微妙な溝を埋められない小学生の寄る辺なさを描く 「星の随に」 など、人の心の揺らぎが輝きを放つ五編。(文藝春秋)

[第一話] 真夜中のアボカド
婚活アプリで出会った恋人と、このまま関係が続くと思っていたが・・・・・・・。

[第二話] 銀紙色のアンタレス
十六歳になった真は田舎のばあちゃんの家で幼馴染みの朝日と夏休みを過ごす。

[第三話] 真珠星スピカ
交通事故で亡くなった母親の幽霊と、奇妙な同居生活が始まった。

[第四話] 湿りの海
離婚した妻と娘はアメリカに渡った。傷心の沢渡はシングルマザーと出会い・・・・・・・。

[第五話] 星の随 (まにま)
弟が生まれたというのに、「僕」 は新しいお母さんのことをまだ 「渚さん」 としか呼べていない。

私を生んだ母は、私が三歳の時に死にました。姉が二人おり、三人の子供を抱えて父はどうしようもなかったのだと思います。父は、親戚から紹介されたその縁談を受け入れました。新しい母は初婚で若かったのですがてんかん持ちで、年に何度か白目を剥いて失神し、突然倒れることがありました。生活を立て直すべく再婚したはずの父だったのですが、思ったようには仕事ができず、相変わらず家は貧乏でした。

田舎まる出しで、友だちもよべない古い家が嫌でした。いつどこで倒れるかもしれない母が嫌でした。なぜこんな家の子どもに生まれてきたのだろうと、気付くとそうだった不幸な境遇を恨みました。自分のことを、誰より不憫な子だと思っていました。

歳をとり、今になってようやくわかります。おさない頃、私が私だけだと思い込んでいた不運や不幸が、実はそうではないということが。世間 (世界) にはもっともっと不運なことがあり、もっともっと不幸な人がいることを知りました。

私の不運や不幸なんかは何でもなくて、似たようなことは山ほどあって、もっともっとつらい思いの人が何千何万といることを。

そして、

思えば、一等つらかったのは父だったろうと。三人の子どもを抱えた男と結婚するしかなかった母だったろうと。老いた二人に、私は優しくできただろうか。育ててもらっただけの恩を返せただろうか。本を読み、そんなことを考えました。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆窪 美澄
1965年東京都稲城市生まれ。
カリタス女子中学高等学校卒業。短大中退。

作品 「晴天の迷いクジラ」「クラウドクラスターを愛する方法」「アニバーサリー」「ふがいない僕は空を見た」「さよなら、ニルヴァーナ」「アカガミ」「トリニティ」他多数

関連記事

『金曜のバカ』(越谷オサム)_書評という名の読書感想文

『金曜のバカ』越谷 オサム 角川文庫 2012年11月25日初版 天然女子高生と気弱なストーカーが

記事を読む

『姑の遺品整理は、迷惑です』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

『姑の遺品整理は、迷惑です』垣谷 美雨 双葉文庫 2022年4月17日第1刷 重く

記事を読む

『夜また夜の深い夜』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『夜また夜の深い夜』桐野 夏生 幻冬舎 2014年10月10日第一刷 桐野夏生の新刊。帯には

記事を読む

『錆びる心』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『錆びる心』桐野 夏生 文芸春秋 1997年11月20日初版 著者初の短編集。常はえらく長い小

記事を読む

『迅雷』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『迅雷』黒川 博行 双葉社 1995年5月25日第一刷 「極道は身代金とるには最高の獲物やで」

記事を読む

『疫病神』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『疫病神』黒川博行 新潮社 1997年3月15日発行 黒川博行の代表的な長編が並ぶ「疫病神シリー

記事を読む

『父からの手紙』(小杉健治)_書評という名の読書感想文

『父からの手紙』小杉 健治 光文社文庫 2018年12月20日35刷 家族を捨て、

記事を読む

『キッドナッパーズ』(門井慶喜)_書評という名の読書感想文

『キッドナッパーズ』門井 慶喜 文春文庫 2019年1月10日第一刷 表題作 「キッ

記事を読む

『八日目の蝉』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『八日目の蝉』角田 光代 中央公論新社 2007年3月25日初版 この小説は、不倫相手の夫婦

記事を読む

『それもまたちいさな光』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『それもまたちいさな光』角田 光代 文春文庫 2012年5月10日第一刷 【主人公である悠木

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『つまらない住宅地のすべての家』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『つまらない住宅地のすべての家』津村 記久子 双葉文庫 2024年4

『悪逆』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪逆』黒川 博行 朝日新聞出版 2023年10月30日 第1刷発行

『エンド・オブ・ライフ』(佐々涼子)_書評という名の読書感想文

『エンド・オブ・ライフ』佐々 涼子 集英社文庫 2024年4月25日

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』(清武英利)_書評という名の読書感想文

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』清武 英利 

『メイド・イン京都』(藤岡陽子)_書評という名の読書感想文

『メイド・イン京都』藤岡 陽子 朝日文庫 2024年4月30日 第1

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑