『あなたの本/Your Story 新装版』(誉田哲也)_書評という名の読書感想文

『あなたの本/Your Story 新装版』誉田 哲也 中公文庫 2022年8月25日改版発行

これは神の悪戯か、それとも - 一冊の本が翻弄する人間の運命

父の書斎で見つけた奇妙な本。『あなたの本』 と題されたそれを開くと、自分の誕生から現在までが、なに一つ違わず記されていた。このまま読み進めれば、未来までもわかってしまうのか。先のページをめくるか否か、悩みぬいた男の決断は - 。人気作家の多彩な作風を堪能できる七つの物語に加え、あらたに五つの掌篇を収録。(中公文庫)

中で私が面白いと感じたものを二つ三つ (解説より) 紹介したいと思います。

第1話 「帰省
アパートの玄関で眠りこけていた幹子は、姉の鳴らすチャイムの音で目を覚ます。今日は姉妹で田舎へ帰省する予定だった。認知症の兆しが出てきた祖母の様子をうかがうためだ。

ヒロという暴力的な元恋人から逃れ、幹子はひと月前にここへ越してきた。しかし前日の夜、ついに彼に居場所を突き止められてしまう。暴行を受けそうになった幹子は必死で抵抗し、河川敷の土手からヒロを突き落としたのだったが・・・・・・・。

帰省する姉妹の道行に、幹子の苦い回想を交えながら物語は進む。サスペンスとしての緊張感がじわじわと高まり、やがて恐ろしい事実が浮かび上がる。予想外のラストが、著者が伝奇小説でデビューしたことを思い起こさせる一篇。

第4話 「あなたの本
主人公は父親の書棚で奇妙な本を見つける。タイトルは 「あなたの本」。著者名も版元表記もない。書かれていたのはなんと、自分のこれまでの人生の歩み。そして、ページを捲ると、どうやらこれから先の歩みも記されている。

本作を読んで、我が身に置き換えてみない人はいないだろう。先を読むのか、読まずに本を閉じるのか。仮に読むとして、書かれているのが悲惨な未来だったら、あるいは、平穏だけど退屈な未来だったら。人生というわたしの物語は、果たして書き換え加能なのか。

結末をどう捉えるのかは、人それぞれだろう。読み手を安全圏から引き離す、なんとも恐ろしい一篇。

第7話 「交番勤務の宇宙人
あの国民的特撮テレビ番組をモチーフにした、遊び心満点のパロディ作品。

地球の日本という国の人々は 「光の星」 を正しく理解している - 。そう信じて、素行不良宇宙人を取り締まるべく日本に赴任してきた諸星は、人気なのはフィクション上のヒーローにすぎないことを先輩の早田から教えられる。出端をくじかれ、交番勤務に回された諸星だったが、ある日、珍事件に遭遇する。

あの人気シリーズのあの刑事の名前がちらっと出てきたり、熱心な読者の心をくすぐる仕掛けも。楽しそうな書き手の顔が浮かぶこの感じも、誉田作品の魅力の一つだ。

と、戦慄したり、驚いたり、じーんときたり、思わず吹き出したり、なんともにぎやかな読書の時間。本書にはさらに、掌篇五篇が追加収録されている。

※時節柄 (読んだのは年明け早々でした) 短篇の “福袋” といったところでしょうか。ひとつ読んで、「ああこれはこの手の話なんだ」 と、わかったつもりになってはいけません。

こんなのをどこから思いつくのだろう。頭の中を一度覗いてみたい・・・・・・・そんな変幻自在な話が七つとおまけにもう五つ、収められています。

この本を読んでみてください係数  85/100

◆誉田 哲也
1969年東京都生まれ。
学習院大学経済学部経営学科卒業。

作品 「妖の華」「アクセス」「ストロベリーナイト」「ハング」「あなたが愛した記憶」「背中の蜘蛛」「主よ、永遠の休息を」「レイジ」他多数

関連記事

『そして、海の泡になる』(葉真中顕)_書評という名の読書感想文

『そして、海の泡になる』葉真中 顕 朝日文庫 2023年12月30日 第1刷発行 『ロスト・

記事を読む

『溺レる』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『溺レる』川上 弘美 文芸春秋 1999年8月10日第一刷 読んだ感想がうまく言葉にできない

記事を読む

『花びらめくり』(花房観音)_書評という名の読書感想文

『花びらめくり』花房 観音 新潮文庫 2021年12月25日4刷 「誘ってきたのは

記事を読む

『呪文』(星野智幸)_書評という名の読書感想文

『呪文』星野 智幸 河出文庫 2018年9月20日初版 さびれゆく商店街の生き残りと再生を画策す

記事を読む

『愛のようだ』(長嶋有)_そうだ! それが愛なんだ。

『愛のようだ』長嶋 有 中公文庫 2020年3月25日初版 40歳にして免許を取得

記事を読む

『炎上する君』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『炎上する君』西 加奈子 角川文庫 2012年11月25日初版 「君は戦闘にいる。恋という戦闘のさ

記事を読む

『裏アカ』(大石圭)_書評という名の読書感想文

『裏アカ』大石 圭 徳間文庫 2020年5月15日初刷 青山のアパレルショップ店長

記事を読む

『いつか深い穴に落ちるまで』(山野辺太郎)_書評という名の読書感想文

『いつか深い穴に落ちるまで』山野辺 太郎 河出書房新社 2018年11月30日初版

記事を読む

『アズミ・ハルコは行方不明』(山内マリコ)_書評という名の読書感想文

『アズミ・ハルコは行方不明』山内 マリコ 幻冬舎文庫 2015年10月20日初版 グラフィテ

記事を読む

『死刑について』(平野啓一郎)_書評という名の読書感想文

『死刑について』平野 啓一郎 岩波書店 2022年6月16日第1刷発行 死刑を存置

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『揺籠のアディポクル』(市川憂人)_書評という名の読書感想文

『揺籠のアディポクル』市川 憂人 講談社文庫 2024年3月15日

『海神 (わだつみ)』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『海神 (わだつみ)』染井 為人 光文社文庫 2024年2月20日

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑