『崩れる脳を抱きしめて』(知念実希人)_書評という名の読書感想文

『崩れる脳を抱きしめて』知念 実希人 実業之日本社文庫 2020年10月15日初版

崩れる脳を抱きしめて (実業之日本社文庫)

第8回 広島本大賞
第4回 沖縄書店大賞
第1回 一気読み大賞 3冠、2度読み必至の 感動の恋愛×ミステリー

広島から神奈川の病院に実習に来た研修医の碓氷は、脳腫瘍を患う女性ユカリと出会う。外の世界に怯えるユカリと、過去に苛まれる碓氷。心に傷をもつふたりは次第に心を通わせていく - 。実習を終え広島に帰った碓氷に、ユカリの死の知らせが届く。彼女は死んだのか? 幻だったのか? ユカリの足跡を追い、碓氷は横浜山手を彷徨う。そして明かされる衝撃の真実!? どんでん返しの伝道師が描く、究極の恋愛×ミステリー!! (実業之日本社)

これは・・・・・・・、

おそろしく現実感が欠けているのは、それを承知で (それを意図して) 書いた “ファンタジー” だからでしょうか? 

読むには読みました。ところが、申し訳ないのですが、私には何がいいのか、どこが面白いのか、さっぱりわかりません。

人気があるのは承知しています。これはもう若い人との感性の差であるに違いありません。(SFではあるまいに) 全ての状況がまるで現実的ではない中で、どの場面の、誰に対して感情移入しろというのでしょう。ファンは、どこに感動するのでしょう? 

碓氷が抱える困難やユカリが抱く煩悶はいかにもありがちで、二人がする会話や行動の一々が、どうにもわざとらしく思えてなりません。

何より無理があると思うのは、この物語の主たる舞台となる神奈川県葉山町の海沿いに建つ 『葉山の岬病院』 という病院の、あまりにも有り得ない実態です。フィクションとはいえ、あそこまでモラルを欠いた病院というのは、さすがにないだろうと。

これまでに 『仮面病棟』 と 『螺旋の手術室』 を読みました。この二冊は (それなりに) 楽しんで読むことができました。この本も前から気になっていたので満を持して読んだのですが、大きく期待外れに終わってしまいました。(残念!)

この本を読んでみてください係数 75/100

崩れる脳を抱きしめて (実業之日本社文庫)

◆知念 実希人
1978年沖縄県生まれ。
東京慈恵会医科大学卒業。

作品 「誰がための刃」「天久鷹央」シリーズ、「優しい死神の飼い方」「仮面病棟」「時限病棟」「螺旋の手術室」他

関連記事

『青色讃歌』(丹下健太)_書評という名の読書感想文

『青色讃歌』丹下 健太 河出書房新社 2007年11月30日初版 青色讃歌  

記事を読む

『徴産制 (ちょうさんせい)』(田中兆子)_書評という名の読書感想文

『徴産制 (ちょうさんせい)』田中 兆子 新潮文庫 2021年12月1日発行 徴産制 (新潮

記事を読む

『作家的覚書』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『作家的覚書』高村 薫 岩波新書 2017年4月20日第一刷 作家的覚書 (岩波新書) 「図

記事を読む

『カエルの楽園 2020』(百田尚樹)_書評という名の読書感想文

『カエルの楽園 2020』百田 尚樹 新潮文庫 2020年6月10日発行 カエルの楽園202

記事を読む

『風に舞いあがるビニールシート』(森絵都)_書評という名の読書感想文

『風に舞いあがるビニールシート』森 絵都 文春文庫 2009年4月10日第一刷 風に舞いあがる

記事を読む

『小説 ドラマ恐怖新聞』(原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ構成:乙一 ノベライズ:八坂圭)_書評という名の読書感想文

『小説 ドラマ恐怖新聞』原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ構成:乙一 ノベライズ:八坂圭

記事を読む

『工場』(小山田浩子)_書評という名の読書感想文

『工場』小山田 浩子 新潮文庫 2018年9月1日発行 工場 (新潮文庫) (帯に) 芥

記事を読む

『カエルの楽園』(百田尚樹)_書評という名の読書感想文

『カエルの楽園』百田 尚樹 新潮文庫 2017年9月1日発行 カエルの楽園 (新潮文庫) 平和な地

記事を読む

『ジニのパズル』(崔実/チェ・シル)_書評という名の読書感想文

『ジニのパズル』崔 実(チェ・シル) 講談社文庫 2019年3月15日第1刷 ジニのパズル

記事を読む

『君のいない町が白く染まる』(安倍雄太郎)_書評という名の読書感想文

『君のいない町が白く染まる』安倍 雄太郎 小学館文庫 2018年2月27日初版 君のいない町が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『ある日 失わずにすむもの』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『ある日 失わずにすむもの』乙川 優三郎 徳間文庫 2021年12月

『薬指の標本』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『薬指の標本』小川 洋子 新潮文庫 2021年11月10日31刷

『ビオレタ』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『ビオレタ』寺地 はるな ポプラ文庫 2017年4月5日第1刷

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2

『大人は泣かないと思っていた』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『大人は泣かないと思っていた』寺地 はるな 集英社文庫 2021年4

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑