『名短篇、ここにあり』(北村薫/宮部みゆき編)_書評という名の読書感想文

『名短篇、ここにあり』北村薫/宮部みゆき編 ちくま文庫 2008年1月10日第一刷

「少女架刑」吉村 昭

迎えの自動車が来たのだ。六畳一間きりの空間を私の仰臥した体が占めているので、母が内職に彩色している白けたお面の山は、乱雑に部屋の隅にうず高く積み上げられた。ほかに空いた場所がないのである。

「ご参考までに申し上げて置きますが、病院では丁重にお嬢さんのお体を調べさせていただいてから、火葬し、きちんと骨壺に納めてお宅の方へお返しいたします。(後略)」男の声は、何度もいい慣れているらしく殊更荘重さをこめた淀みのないものだった。

私の体は、二人の手で持ち上げられ棺の中にそのまま納められた。鉋をかけていない粗い板なので、私のシュミーズからむき出しになった肩のあたりにかなり大きな木の節目が当たっていた。しかし新しい板らしく、棺の中はむせるような木の香で満ちていた。

家の前に停車している自動車は、黒塗りの大型車で、雨にボディが洗われ、雑然と軒をさし交している家並が、緻密に映って美しく光っていた。後部の扉が左右に開けられ、私の棺は、男の手でその中に押し込まれた。

不思議なことに、私の眼は、四囲が棺にさえぎられ更にその上自動車の車体にさえぎられているのに、雨に濡れたその細い露地の光景が、妙に明澄に、丁度水を入れかえたばかりのガラス張りの魚槽の中を透かし見るように水々しくすきとおって見えるだ。

自動車が、静かに動き出した。家の戸口で見送っている面長な母の顔、臆病そうに半分だけガラス戸から顔をのぞかせている父。その二人の姿が雨の中を次第に後ずさりはじめた。さよなら、私は、小さくつぶやいた。

露地は狭く、自動車は、緩い動きでわずかずつ進んだ。女や子供たちが軒の下に立って、近々と過ぎる自動車のガラス窓を伸び上がるようにしてのぞいたり、濡れ光った車体に指をふれさせ筋をつけたりしていた。
・・・・・・・・・
露地奥の貧民窟にある一軒家。水瀬美恵子(16歳)の亡骸は、「献体」の名のもとに今しも運び出されようとしています。

美恵子は自分を殊更不幸だとも、惨めだとも思っていません。むしろ、育ちのいやしい父と結ばれ父の子を生んだことに強い自己嫌悪を感じている母に対し、どこか申し訳のない気持ちを抱いています。

美恵子の肌は白く、顔立ちも面長で、鏡をのぞくと母との濃厚な類似が見て取れます。美恵子は、母に似ていることに実はひどく当惑をおぼえていたのでした。些かでも似ているなどということが、僭越な分に過ぎたことのように思えてならなかったのです。

美恵子は、母が貧しい生活の中に身を浸していることを不穏当な罪悪のようにすら感じていました。中学を出てから働きに出、給与のよい職場を転々と移り歩き、結果ヌードチームに入ったのも、母に対する美恵子の奴婢的な感情がそうさせたので、幾らかでも多くの金を母に捧げたい自発的な行為だったのです。
・・・・・・・・・
このあと大学病院で行われる事の詳細は、ぜひ本編にてお読みいただければと思います。単に「解剖」と呼ぶにはあまりに生々しく・・・・、一々に解剖されている美恵子自身の「感触」や「感情」が入り交ざるに及んで、何か違う場面を見ているようにも思えます。

グロテスクでありながら、グロくない。エロティックなのですが、いうほどではない。それよりむしろ、母の娘に対する薄情、望まれぬまま生まれそして死んだ美恵子に胸が痛んでなりません。死んだ後まで報いのない人生に、語る言葉を失くします。

最後は焼かれて骨になり、その骨の引き取りを母に拒絶され、挙句名もなき幾千の骨壺が並ぶ納骨堂の棚に納まって尚、彼女は恨み言のひとつも言いません。静寂の中、美恵子は漸くにして安らぎの中に身を置いている自分を感じます。

と、これで終わりかと思いきや - おそらくは、ここから後にある結末こそを書きたいがために著者の吉村昭はこの作品を書こうとしたのではないかと思えます。それほどの寂寥、それほどに身震いする最後の光景を、ぜひ味わっていただければと思います。

この本を読んでみてください係数 85/100


◆北村 薫
1949年埼玉県北葛飾郡杉戸町生まれ。
早稲田大学第一文学部卒業。
作品 「空飛ぶ馬」「夜の蝉」「時と人の三部作」「鷺と雪」「スキップ」「盤上の敵」他多数
◆宮部 みゆき
1960年東京都江東区生まれ。
東京都立墨田川高等学校卒業。
作品 「我らが隣人の犯罪」「火車」「蒲生邸事件」「理由」「模倣犯」「名もなき毒」他多数

関連記事

『わたしの本の空白は』(近藤史恵)_書評という名の読書感想文

『わたしの本の空白は』近藤 史恵 ハルキ文庫 2021年7月18日第1刷 気づいた

記事を読む

『祝山』(加門七海)_書評という名の読書感想文

『祝山』加門 七海 光文社文庫 2007年9月20日初版 ホラー作家・鹿角南のもとに、旧友からメー

記事を読む

『八日目の蝉』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『八日目の蝉』角田 光代 中央公論新社 2007年3月25日初版 この小説は、不倫相手の夫婦

記事を読む

『ママがやった』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『ママがやった』井上 荒野 文春文庫 2019年1月10日第一刷 「まさか本当

記事を読む

『奴隷小説』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『奴隷小説』桐野 夏生 文芸春秋 2015年1月30日第一刷 過激です。 桐野夏生の新刊『

記事を読む

『はぶらし』(近藤史恵)_書評という名の読書感想文

『はぶらし』近藤 史恵 幻冬舎文庫 2014年10月10日初版 脚本家として順調に生活する鈴音(3

記事を読む

『恋ははかない、あるいは、プールの底のステーキ』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『恋ははかない、あるいは、プールの底のステーキ』川上 弘美 講談社 2023年8月22日 第1刷発

記事を読む

『もっと悪い妻』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『もっと悪い妻』桐野 夏生 文藝春秋 2023年6月30日第1刷発行 「悪い妻」

記事を読む

『村田エフェンディ滞土録』(梨木香歩)_書評という名の読書感想文

『村田エフェンディ滞土録』梨木 香歩 新潮文庫 2023年2月1日発行 留学生・村

記事を読む

『溺レる』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『溺レる』川上 弘美 文芸春秋 1999年8月10日第一刷 読んだ感想がうまく言葉にできない

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『余命一年、男をかう』(吉川トリコ)_書評という名の読書感想文

『余命一年、男をかう』吉川 トリコ 講談社文庫 2024年5月15日

『鎮魂』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『鎮魂』染井 為人 双葉文庫 2024年5月18日 初版第1刷発行

『いっそこの手で殺せたら』(小倉日向)_書評という名の読書感想文

『いっそこの手で殺せたら』小倉 日向 双葉文庫 2024年5月18日

『いつか、アジアの街角で』(中島京子他)_書評という名の読書感想文

『いつか、アジアの街角で』中島 京子他 文春文庫 2024年5月10

『チョウセンアサガオの咲く夏』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『チョウセンアサガオの咲く夏』柚月 裕子 角川文庫 2024年4月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑