『やりたいことは二度寝だけ』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『やりたいことは二度寝だけ』津村 記久子 講談社文庫 2017年7月14日第一刷

毎日アッパッパー姿で会社に行き、仕事の合間に1.5Lの紅茶を飲み、帰りは商店街をふらふら歩く。検索やノート集め、炭水化物、サッカーをこよなく愛し、からあげ王子に思いを馳せ・・・・・・。日々のささやかでどうでもいい出来事を〈マヌケ面白い〉視点で綴る、超庶民派芥川賞作家による脱力系初エッセイ集。(講談社文庫)

最初読んだのが 『まともな家の子供はいない』 という小説で、読むとたちまち好きになり、その後何冊かを続けて読みました。

小説に出てくる人物のうち、特に私は彼女(津村記久子)が描く「独身女性」がとても好きです。(そしてそれはもう「彼女自身」であるとしか思えないのですが)折に触れて吐く(彼女の)自虐を込めた「本音」。その毒舌ぶりが、たまらなく快感なのです。

おしなべて彼女は、これ見よがしに女の武器を使い男に媚びる女子に対して許し難い感情を抱いているように見受けられます。それはあまりに見え透いた態度で、同じ性を持つ人間として見るに堪えない恥ずべき行為ではないかと。

家にいるとき着ているのは決まってよれよれのスウェットの上下。化粧もせずスッピンでいるのに、いざ外出となると、それまでとは人が変わったように着飾って出かけて行きます。男と逢うとなれば尚更で、まさかに備え、下着まで替えてゆきます。

彼女は、おそらくその「落差」に堪えられないのではないかと思います。あまりの変わり身に唖然とし、あざと過ぎて、とてもじゃないが自分はそんなふうに振る舞えない。

お色気ムンムンのフェロモン女とは真逆の自分をして、一方では否定しながら、しかしまた一方で、確かに自分もそんなことではありはしまいかと、密かにそれを羨んでいるのではないかと・・・・・

こんな人は、当たり前ですが、ひどく生き辛い。一皮むいた人の本音がわかりすぎるくらいにわかるというのはむしろ負の才能で、普通なら見なくていいもの、感じなくていいことに一々反応し、一人勝手にショックを受けたり落ち込んだりする。その挙句、

職場で、電車やバスの中で、友達同志の飲み会の席で、休みの日に一人いる自分の部屋で、人知れず世間に対して毒舌を吐き、それでいっとき溜飲を下げ、思い通りにいかない人生をそれでもどうにかこうにか立て直そうと躍起になる。

どちらかといえば、(他人から見ると)それは悲劇というより喜劇に思え、笑えるのですが、本人にしてみれば、間違っても笑わそうなどとは思っていないということです。

真面目であるがゆえに、他人には尚更滑稽に思えることもあるわけで、自らの経験を元に、それをあますところなくみせてくれているのが、この人(津村記久子)が書く小説ではないかと。

そんな彼女が、日々どんなことに関心を寄せ、何を思って生きているのか。それがとてもよくわかる内容になっています。

「あとがき」には、

本書のどうでもよさについて、自虐も言い訳もしない。何も残らないし、ひたすら地味で意味も無いけれど、読んでる間少し楽になった、と感じていただけたらこれ幸いである。

とあり、帯にでっかく「地味でも、アホでも、生きてゆけます」とあります。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆津村 記久子
1978年大阪府大阪市生まれ。
大谷大学文学部国際文化学科卒業。

作品 「まともな家の子供はいない」「君は永遠にそいつらより若い」「ポトスライムの舟」「ミュージック・ブレス・ユー!! 」「とにかくうちに帰ります」「浮幽霊ブラジル」他多数

関連記事

『桜の首飾り』(千早茜)_書評という名の読書感想文

『桜の首飾り』千早 茜 実業之日本社文庫 2015年2月15日初版 あたたかい桜、冷たく微笑む

記事を読む

『夜の床屋』(沢村浩輔)_書評という名の読書感想文

『夜の床屋』沢村 浩輔 創元推理文庫 2014年6月28日初版 久しぶりに新人作家の、しかも

記事を読む

『ディス・イズ・ザ・デイ』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『ディス・イズ・ザ・デイ』津村 記久子 朝日新聞出版 2018年6月30日第一刷 なんでそんな吐瀉

記事を読む

『グランドシャトー』(高殿円)_書評という名の読書感想文

『グランドシャトー』高殿 円 文春文庫 2023年7月25日第2刷 Osaka B

記事を読む

『茄子の輝き』(滝口悠生)_書評という名の読書感想文

『茄子の輝き』滝口 悠生 新潮社 2017年6月30日発行 離婚と大地震。倒産と転職。そんなできご

記事を読む

『叩く』(高橋弘希)_書評という名の読書感想文

『叩く』高橋 弘希 新潮社 2023年6月30日発行 芥川賞作家が贈る 「不穏な人

記事を読む

『地を這う虫』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『地を這う虫』高村 薫 文春文庫 1999年5月10日第一刷 高村薫と言えば硬質で緻密な文章で知

記事を読む

『夜明けの音が聞こえる』(大泉芽衣子)_書評という名の読書感想文

『夜明けの音が聞こえる』大泉 芽衣子 集英社 2002年1月10日第一刷 何気なく書棚を眺め

記事を読む

『私のことならほっといて』(田中兆子)_書評という名の読書感想文

『私のことならほっといて』田中 兆子 新潮社 2019年6月20日発行 彼女たちは

記事を読む

『世にも奇妙な君物語』(朝井リョウ)_書評という名の読書感想文

『世にも奇妙な君物語』朝井 リョウ 講談社文庫 2018年11月15日第一刷 彼は子

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『余命一年、男をかう』(吉川トリコ)_書評という名の読書感想文

『余命一年、男をかう』吉川 トリコ 講談社文庫 2024年5月15日

『鎮魂』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『鎮魂』染井 為人 双葉文庫 2024年5月18日 初版第1刷発行

『いっそこの手で殺せたら』(小倉日向)_書評という名の読書感想文

『いっそこの手で殺せたら』小倉 日向 双葉文庫 2024年5月18日

『いつか、アジアの街角で』(中島京子他)_書評という名の読書感想文

『いつか、アジアの街角で』中島 京子他 文春文庫 2024年5月10

『チョウセンアサガオの咲く夏』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『チョウセンアサガオの咲く夏』柚月 裕子 角川文庫 2024年4月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑