『回遊人』(吉村萬壱)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/11 『回遊人』(吉村萬壱), 作家別(や行), 吉村萬壱, 書評(か行)

『回遊人』吉村 萬壱 徳間書店 2017年9月30日初刷

妻か、妻の友人か。過去へ跳び、人生を選べ。何度も。平凡な暮らしとはいえ、幸せな家庭を築いた男。しかし、妻子とのやり取りに行き詰まりを感じて出奔してしまう。たどり着いたドヤ街で小さな白い錠剤を見つけた男は、遺書を書き、それを飲む。ネタになるならよし。よしんば死んでも構わないと考えて。目覚めるとそこは10年前、結婚前の世界だった。人生を選べる幸せを、男は噛み締めていたのだが・・・・・・・。芥川賞、島清恋愛文学賞作家と旅する永遠なる10年。書き下ろし長篇。(「BOOK」データベースより)

主人公の江川浩一は44歳。デビューして6年、その後専業となって2年の純文学系の小説家。ではあるものの、ここ最近はとんと売れない、というかまるで(小説の書き方を忘れたように)書けなくなっています。

彼には妻・淑子がいて、7歳になる息子・浩がいます。にもかかわらず、浩一は淑子の大学時代からの友人・亜美子の肉体への妄想を押さえることができません。

そもそも彼が最初付き合いたいと思ったのは亜美子の方で、それが果たせず、結果浩一は淑子と結婚しています。とは言え亜美子に対する浩一の劣情は行き過ぎて激しいものがあります。

あまりある彼の肉欲は、思い通りに書けなくなった、(浩一いわく)何者でもない人間に成り下がろうとする自分に対する焦りと不甲斐なさの反動のようでもあります。

スランプから脱出すべく、彼はささやかなる(プチ)家出を敢行します。宿を決め、夕食をとろうと何度か入ったことがある中華料理屋に入り、彼はそこで足許に数粒の白い錠剤が落ちているのに気付きます。

全部で七粒。そのうち一粒だけを持ち帰り、彼は大いなる決意をもって(あるいは半ばやけくそで)それを飲むことによって開けるかもしれない新たな局面に作家生命を賭けてみようと決心します。あとに妻子への遺書を残して -

- とまあ、これが前段。このあと、彼は繰り返し10年単位で人生をやり直すことになります。(こんなのを「タイムリープ小説」というらしい)

その思いもよらない非現実的な設定と、(吉村萬壱という特異な作家をよくご存じの方なら百も承知の)細々(こまごま)とした描写に至るまでの切実なまでのリアルさに圧倒され、混迷し、繰り返し訪れる人生の不条理に、ふと我に返って涙するかもしれません。

何度やり直そうとも江川浩一の人生は「意のままに」はなりません。それどころか、それまでの人生で手に入れられなかったものを手にすると、それとは反対に(または手に入れてしまったからこそ気付いてしまう)、何か大きなものの喪失感に苛まれることになります。

それでも彼は諦める決心がつけられずにいます。とうにわかっているのに、情けなくもあり、あさましくいじましいと知りつつも、叫ばずにはいられません。最期の力を振り絞り、繰り返し、

もう一回だけ! 」- と

※アメト--クで光浦靖子さんが紹介して注目の 『臣女(おみおんな)』 と併せて読んでみてください。「夫婦とは(あるいは男にとって女とは)何ぞや」ということを、改めて考えさせられることになります。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆吉村 萬壱(本名:吉村浩一)
1961年愛媛県松山市生まれ。大阪府大阪市・枚方市育ち。
京都教育大学教育学部第一社会科学科卒業。

作品 「ハリガネムシ」「クチュクチュバーン」「バースト・ゾーン」「ヤイトスエッド」「独居45」「ボラード病」「臣女」他

関連記事

『薬指の標本』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『薬指の標本』小川 洋子 新潮文庫 2021年11月10日31刷 楽譜に書かれた音

記事を読む

『カインの傲慢/刑事犬養隼人』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『カインの傲慢/刑事犬養隼人』中山 七里 角川文庫 2022年6月25日初版 命に

記事を読む

『回転木馬のデッド・ヒート』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『回転木馬のデッド・ヒート』村上 春樹 講談社 1985年10月15日第一刷 村上春樹が30

記事を読む

『カウントダウン』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『カウントダウン』真梨 幸子 宝島社文庫 2020年6月18日第1刷 半年後までに

記事を読む

『これが私の優しさです』(谷川俊太郎)_書評という名の読書感想文

『これが私の優しさです』谷川 俊太郎 集英社文庫 1993年1月25日第一刷 1952年のデ

記事を読む

『神様からひと言』(荻原浩)_昔わたしが、わざとしたこと

『神様からひと言』荻原 浩 光文社文庫 2020年2月25日43刷 大手広告代理店

記事を読む

『グラニテ』(永井するみ)_書評という名の読書感想文

『グラニテ』永井 するみ 集英社文庫 2018年2月25日第一刷 "女" になるあなたが許せない。

記事を読む

『玩具の言い分』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『玩具の言い分』朝倉 かすみ 祥伝社文庫 2012年7月30日初版 四十三歳の宇津井茂美はいまだに

記事を読む

『JR上野駅公園口』(柳美里)_書評という名の読書感想文

『JR上野駅公園口』柳 美里 河出文庫 2017年2月20日初版 1933年、私は

記事を読む

『肩ごしの恋人』(唯川恵)_書評という名の読書感想文

『肩ごしの恋人』唯川 恵 集英社文庫 2004年10月25日第一刷 欲しいものは欲しい、結婚3回目

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『余命一年、男をかう』(吉川トリコ)_書評という名の読書感想文

『余命一年、男をかう』吉川 トリコ 講談社文庫 2024年5月15日

『鎮魂』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『鎮魂』染井 為人 双葉文庫 2024年5月18日 初版第1刷発行

『いっそこの手で殺せたら』(小倉日向)_書評という名の読書感想文

『いっそこの手で殺せたら』小倉 日向 双葉文庫 2024年5月18日

『いつか、アジアの街角で』(中島京子他)_書評という名の読書感想文

『いつか、アジアの街角で』中島 京子他 文春文庫 2024年5月10

『チョウセンアサガオの咲く夏』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『チョウセンアサガオの咲く夏』柚月 裕子 角川文庫 2024年4月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑