『貞子』(牧野修)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/09 『貞子』(牧野修), 作家別(ま行), 書評(さ行), 牧野修

『貞子』牧野 修 角川ホラー文庫 2019年4月29日初版

※本書は、映画 『貞子』 の脚本をもとに書き下ろされたものです。(映画本編とは一部内容が異なっています)

1991年、1冊のホラー小説が発行されました。それが鈴木光司の 『リング』 です。現在では6冊に及ぶ大河シリーズとなっています。その中心にいるのが、全ての呪いの元凶となる女性・山村貞子。ハリウッドメイクなどもされ国際的な存在となった貞子は、ニューズウィークが選ぶ 世界が尊敬する日本人100人 にイチロー、大坂なおみ、羽生結弦、YOSHIKIなどとともに選ばれました。そんな彼女の名前をタイトルにした映画シリーズ最新作が 『貞子』 です。(by村松健太郎/シネマトゥデイより)

「見た者は一週間後に呪い殺される」 という “呪いのビデオ” の恐怖を描いた鈴木光司の小説を実写化したホラー映画 『リング』 が公開されたのは1998年。21年前のことです。

怖いもの見たさで観た映画や読んだ小説が、昨日の事のように思い出されます。まさか20年余りの時を経て、今も尚、あの “貞子” が “生き続けて” いようとは思いもしませんでした。

呪いを拡散するのが (ビデオテープではなく) 動画配信というのが如何にも “今らしい” 。以前と比べて怖さが増しているかどうかは、ぜひご自身で確かめてみて下さい。

但し一度観て、あるいは読んでから、後悔してもそれは知りません。それでも観るか、読むかどうかはあなた次第です。

撮ったら、死ぬ。その呪いは動画配信から始まった ・・・・・・ 新たな恐怖の誕生!

日本で一、二を争う最新治療が望める総合医療センターで臨床心理士として働く秋川茉優。そこに記憶を失った少女が運び込まれた。茉優の弟の和真は動画配信で伸び悩む再生回数を増やそうと、最近放火事件で多くの死者を出した団地に潜入し心霊動画の撮影を試みるのだが・・・・・・・。

鳥の啼く夜に次々と死んでいく人たち。20年以上も前の貞子の呪いが復活か。映画で語られなかった背景や登場人物たちのエピソード満載のノベライズ。(角川ホラー文庫)

映画 『貞子』 (原作:鈴木光司 「タイド」 脚本:杉原憲明) は、5月24日(金) 公開
監督:中田秀夫 『リング』 『スマホを落としただけなのに』
主演:池田エライザ Ⓒ 2019 「貞子」 制作委員会

 

この本を読んでみてください係数 80/100

◆牧野 修
1958年大阪府生まれ。
大阪芸術大学芸術学部映像計画学科卒業。

作品「王の眠る丘」「傀儡后」「月世界小説」「MOUSE」「スイート・リトル・ベイビー」「サヨナラ、おかえり」他多数

関連記事

『祝言島』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『祝言島』真梨 幸子 小学館文庫 2021年5月12日初版第1刷 2006年に起き

記事を読む

『さよなら渓谷』(吉田修一)_書評という名の読書感想文

『さよなら渓谷』 吉田 修一 新潮社 2008年6月20日発行 この作品は昨年の6月に映画化され

記事を読む

『くっすん大黒』(町田康)_書評という名の読書感想文

『くっすん大黒』町田 康 文春文庫 2002年5月10日第一刷 三年前、ふと働くのが嫌になって仕事

記事を読む

『幸せのプチ』(朱川湊人)_この人の本をたまに読みたくなるのはなぜなんだろう。

『幸せのプチ』朱川 湊人 文春文庫 2020年4月10日第1刷 夜中になると町を歩

記事を読む

『スリーピング・ブッダ』(早見和真)_書評という名の読書感想文

『スリーピング・ブッダ』早見 和真 角川文庫 2014年8月25日初版 敬千宗の大本山・長穏寺に2

記事を読む

『飛族』(村田喜代子)_書評という名の読書感想文

『飛族』村田 喜代子 文春文庫 2022年1月10日第1刷 むかしは漁業で繁栄して

記事を読む

『水声』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『水声』川上 弘美 文春文庫 2017年7月10日第一刷 1996年、わたしと弟の陵はこの家に二人

記事を読む

『異類婚姻譚』(本谷有希子)_書評という名の読書感想文

『異類婚姻譚』本谷 有希子 講談社 2016年1月20日初版 子供もなく職にも就かず、安楽な結

記事を読む

『それまでの明日』(原尞尞)_書評という名の読書感想文

『それまでの明日』原 尞 早川書房 2018年3月15日発行 11月初旬のある日、渡辺探偵事務所の

記事を読む

『小説 シライサン』(乙一)_目隠村の死者は甦る

『小説 シライサン』乙一 角川文庫 2019年11月25日初版 乙一 4年ぶりの最

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『余命一年、男をかう』(吉川トリコ)_書評という名の読書感想文

『余命一年、男をかう』吉川 トリコ 講談社文庫 2024年5月15日

『鎮魂』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『鎮魂』染井 為人 双葉文庫 2024年5月18日 初版第1刷発行

『いっそこの手で殺せたら』(小倉日向)_書評という名の読書感想文

『いっそこの手で殺せたら』小倉 日向 双葉文庫 2024年5月18日

『いつか、アジアの街角で』(中島京子他)_書評という名の読書感想文

『いつか、アジアの街角で』中島 京子他 文春文庫 2024年5月10

『チョウセンアサガオの咲く夏』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『チョウセンアサガオの咲く夏』柚月 裕子 角川文庫 2024年4月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑