『今夜は眠れない』(宮部みゆき)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/06 『今夜は眠れない』(宮部みゆき), 作家別(ま行), 宮部みゆき, 書評(か行)

『今夜は眠れない』宮部 みゆき 角川文庫 2022年10月30日57版発行

放浪の相場師から、5億円を遺贈された家族 思いがけない幸福は、それ以上の悲劇を呼び寄せた。稀代のストーリーテラーがおくる、どんでん返しミステリ

母さんと父さんは今年で結婚十五年目、僕は中学一年でサッカー部員。そんなごく普通の平和な我が家に、突然暗雲がたちこめた。”放浪の相場師” とよばれた人物が母さんに五億円もの財産を遺贈したのだ。周囲の人たちは態度がかわり、見知らぬ人たちからは脅迫電話、おまけに父さんは家出をし・・・・・・・。相場師はなぜ母さんに大金を遺したのか? 家族の絆を取り戻すため、僕は親友で将棋部のエースの島崎と真相究明にのりだした! (角川文庫)

宮部みゆきの本を久しぶりに読みました。刷りも刷ったり、第57版の発行です。但、(この著者らしく) おどろおどろしく、手に汗握る - というような話ではありません。事態はかなり深刻ではあるものの、むしろ描写はコミカルで、難なく読めてしまいます。

ただ、犯人が誰かはわかりません。というか、この物語に 「犯人」 と呼べる人物は、本当にいるのでしょうか・・・・・・・。そこを考えてほしいと。

事の発端はこうです。

主人公は中学一年生のサッカー少年の緒方雅男。東京の下町の中古マンションで両親との三人暮らしのごく普通の生活をしていました。母親の聡子が若い頃命を救った人物から五億円を遺贈されるまでは・・・・・・・。

緒方家が五億円を贈られた一家としてマスコミ報道がされるやいなや、見知らぬ人からの電話手紙来訪攻撃で、家族は、とりわけ父母の関係がぎくしゃくし、大洋を渡る小舟が大波にさらわれて沈没しかねないという状態になってしまいます。雅男は家族が元通りになるように、そして五億円が生み出した謎を解くために、友人の島崎と調査に乗り出します。(解説より)

もしも。もしもある日あなたが、思いもしない - 言われてはじめて 「ああそういえば・・・・・・・」 という程度に昔つかの間付き合いのあった - 人物から、5億円という途方もない金額を遺贈されたとしたらどうでしょう?

遺贈したのは男性で、されたのは妻で母の聡子でした。

若かりし頃、聡子とその男性はふとしたことで知り合いになり、たまたま負傷していた男性のその後の面倒を看るために、聡子は二週間ほどを費やしたのでした。男性と聡子は同じアパートの隣同士という関係で、それぞれに、一人暮らしをしていました。

若い二人は美男と美女で、想像するに、何があっても不思議ではありません。たとえそのとき二人の間に愛情めいた思いが芽生えたとしても、その先さらに関係が深まったとしても、むしろその方が自然ではないのかと -

そうでなければ、誰が、何でいまさら五億円もの大金を遺贈するのかと・・・・・・・聡子の夫が、一人息子が考えたとしても、むしろそれが自然ではないのかと。夫が妻の浮気を疑い、息子が自分の出生を疑ったとしても、誰も責められはしません。

この本を読んでみてください係数 80/100

◆宮部 みゆき
1960年東京都江東区生まれ。
東京都立墨田川高等学校卒業。

作品 「我らが隣人の犯罪」「火車」「蒲生邸事件」「理由」「模倣犯」「名もなき毒」「過ぎ去りし王国の城」他多数

関連記事

『すべての男は消耗品である』(村上龍)_書評という名の読書感想文

『すべての男は消耗品である』村上 龍 KKベストセラーズ 1987年8月1日初版 1987年と

記事を読む

『婚礼、葬礼、その他』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『婚礼、葬礼、その他』津村 記久子 文春文庫 2013年2月10日第一刷 「旅行の日程など関

記事を読む

『公園』(荻世いをら)_書評という名の読書感想文

『公園』荻世 いをら 河出書房新社 2006年11月30日初版 先日、丹下健太が書いた小説 『青

記事を読む

『兄の終い』(村井理子)_書評という名の読書感想文

『兄の終い』村井 理子 CCCメディアハウス 2020年6月11日初版第5刷 最近読

記事を読む

『検事の本懐』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『検事の本懐』柚月 裕子 角川文庫 2018年9月5日3刷 ガレージや車が燃やされ

記事を読む

『カルマ真仙教事件(中)』(濱嘉之)_書評という名の読書感想文

『カルマ真仙教事件(中)』濱 嘉之 講談社文庫 2017年8月9日第一刷 上巻(17.6.15発

記事を読む

『朽ちないサクラ』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『朽ちないサクラ』柚月 裕子 徳間文庫 2019年5月31日第7刷 (物語の冒頭)森

記事を読む

『鯨の岬』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

『鯨の岬』河﨑 秋子 集英社文庫 2022年6月25日第1刷 札幌の主婦奈津子は、

記事を読む

『孤独の歌声』(天童荒太)_書評という名の読書感想文

『孤独の歌声』天童 荒太 新潮文庫 1997年3月1日発行 天童荒太が気になります。つい先日

記事を読む

『忌中』(車谷長吉)_書評という名の読書感想文

『忌中』車谷 長吉 文芸春秋 2003年11月15日第一刷 5月17日、妻の父が86歳で息を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『十七八より』(乗代雄介)_書評という名の読書感想文

『十七八より』乗代 雄介 講談社文庫 2022年1月14日 第1刷発

『颶風の王』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

『颶風の王』河﨑 秋子 角川文庫 2024年1月25日 8刷発行

『パッキパキ北京』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『パッキパキ北京』綿矢 りさ 集英社 2023年12月10日 第1刷

『山亭ミアキス』(古内一絵)_書評という名の読書感想文

『山亭ミアキス』古内 一絵 角川文庫 2024年1月25日 初版発行

『旅する練習』(乗代雄介)_書評という名の読書感想文

『旅する練習』乗代 雄介 講談社文庫 2024年1月16日 第1刷発

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑