『日曜日の人々/サンデー・ピープル』(高橋弘希)_書評という名の読書感想文

『日曜日の人々/サンデー・ピープル』高橋 弘希 講談社文庫 2019年10月16日第1刷

私が嗜好 (アデイクト) を覚えたのはその頃です。
手首の内側、手首の外側、太腿、内股、乳房などを、剃刀やらカッターで薄く裂くという、ごく一般的な嗜好でした。ときに私は、誰かに何かを伝える為に、身体を裂いていると感じます。だから傷口は言葉だと思うことがあります。でもいったい肉体を裂いて、誰に何を伝えたいのか、自分でもよく分かりません。
少なくとも電気コードを手にしてしまえば、私はもう、何を伝えることもできなくなります。

第39回野間文芸新人賞受賞作

高橋弘希の新作 『日曜日の人々(サンデー・ピープル)』 は非常に現代的かつ正統的な青春小説である。

あらすじをざっと説明するとこうだ。主人公の 「僕」 は恋心を抱いていた従姉である奈々が自ら命を絶った原因を探るうちに、彼女が参加していた 「レム」 と呼ばれるグループに行き着く。そこは様々な理由で傷ついた人たちが集まり、おのおのが自分の過去を告白し互いに慰め合う自助グループだった。

そして、グループの代表いわく、彼女の死の原因は 「日曜日の人々」 と呼ばれる告白ノートに書かれているのだという。僕はその 「日曜日の人々」 を読むためにレムの活動に参加するのだが、グループの参加者たちと交流していくうちに自分の目的が彼女の死の原因を探ることだけだったのかわからなくなっていき、ついには死の世界にひかれていく。
(中略)
主人公の僕はレムに所属しながらも距離を置いており、かなり懐疑的な態度を示している。つまり主人公ははなから信用などしておらず、傍観者として存在している。しかし前述したとおり、僕は徐々にレムの活動に同化していくことになる。それは一見開かれたコミュニティーのようでいて、閉鎖的で人の内面を侵食するコミュニティーでもあるのだ。(朝日新聞 DEGITALより)

その [図式]が (非常に) 現代的である、と筆者は述べています。

電気コードを持ち歩くことでいつでも死ねるという奈々の気持ち。体重の増加を極度に恐れ、食べては吐くという行為を繰り返すひなのという名の少女。レムの会の管理人・吉村は極度の不眠症で、「拒食も過食も不眠も自傷の一種だ」 というのが持論です。

彼らの思いは澱となり、否応なく内に向かって堆積されていきます。失くしてしまった何かのために、別の何かで隙間を埋める。”自傷” とは、その一手段なのでしょう。但し、時として、それは永遠に報われない傷の上塗りに過ぎない場合があります。

度重なると、塵の一つが、さらなる行為への引き金になります。

※彼らほどではないにせよ、死にたいと思うことはありました。但し、(幸いなことに) 私には (彼らほどには) 語るべき過去もなく、相も変わらず生き長らえています。

この本を読んでみてください係数  80/100

◆高橋 弘希
1979年青森県十和田市生まれ。
文教大学文学部卒業。

作品 「指の骨」「朝顔の日」「スイミングスクール」「送り火」など

関連記事

『泥濘』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『泥濘』黒川 博行 文藝春秋 2018年6月30日第一刷 「待たんかい。わしが躾をするのは、極道と

記事を読む

『彼女が天使でなくなる日』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『彼女が天使でなくなる日』寺地 はるな ハルキ文庫 2023年3月18日第1刷発行

記事を読む

『何もかも憂鬱な夜に』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『何もかも憂鬱な夜に』中村 文則 集英社文庫 2012年2月25日第一刷 施設で育った刑務官の

記事を読む

『雪の鉄樹』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『雪の鉄樹』遠田 潤子 光文社文庫 2016年4月20日初版 母は失踪。女の出入りが激しい「たらし

記事を読む

『熱源』(川越宗一)_書評という名の読書感想文

『熱源』川越 宗一 文藝春秋 2020年1月25日第5刷 樺太 (サハリン) で生

記事を読む

『ポースケ』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『ポースケ』津村 記久子 中公文庫 2018年1月25日初版 奈良のカフェ「ハタナカ」でゆるやかに

記事を読む

『螺旋の手術室』(知念実希人)_書評という名の読書感想文

『螺旋の手術室』知念 実希人 新潮文庫 2017年10月1日発行 読書メーター読みたい本ランキン

記事を読む

『夜が暗いとはかぎらない』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『夜が暗いとはかぎらない』寺地 はるな ポプラ文庫 2021年6月5日第1刷 人助

記事を読む

『僕はただ青空の下で人生の話をしたいだけ』(辻内智貴)_書評という名の読書感想文

『僕はただ青空の下で人生の話をしたいだけ』 辻内智貴 祥伝社 2012年10月20日初版 6年ぶ

記事を読む

『ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス』(滝口悠生)_書評という名の読書感想文

『ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス』滝口 悠生 新潮文庫 2018年4月1日発行 東北へのバ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『揺籠のアディポクル』(市川憂人)_書評という名の読書感想文

『揺籠のアディポクル』市川 憂人 講談社文庫 2024年3月15日

『海神 (わだつみ)』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『海神 (わだつみ)』染井 為人 光文社文庫 2024年2月20日

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑