『誰かが見ている』(宮西真冬)_書評という名の読書感想文

『誰かが見ている』宮西 真冬 講談社文庫 2021年2月16日第1刷

誰かが見ている (講談社文庫)

問題児の夏紀に手を焼く千夏子の唯一の楽しみは、育児ブログを偽物の幸せで塗り固め、かりそめの優越感に浸ること。だがある夕方、保育園から一本の電話が。「夏紀ちゃんがいなくなりました」。刹那、千夏子は 〈彼女〉 が夏紀を連れ去ったと確信し - 。最後に暴かれる千夏子の最大の “嘘” に驚愕する衝撃サスペンス! 第52回メフィスト賞受賞作。(講談社文庫)

この物語に登場する女性たちは、皆が皆、自分が思う “理想の女性” になれずに悩んでいます。自分のことはもちろん、夫や結婚すると決めた男性に対しても。産んだ子供や、産めずにいる状況に対しても。

そのこと自体は、何もおかしなことではありません。おそらくは、世の女性の多くが (大なり小なり) 似た思いでいることでしょう。但し、(悩みはするものの) 大概はこれが現実だからと諦めてもいます。

ところが、千夏子とやがて千夏子と深い因縁で結ばれることになる女性たちは、今在る現実を不当に感じ、諦めきれずにいます。思うように事が成し遂げられず、悪戦苦闘しています。嘘をつき、何かに縋り、そこから逃れようとしています。

見栄や意地の張り合い。理解のない夫に的外れな夫。可愛げのない子ども。セックスレスでは土台無理な不妊治療に、ハラスメントだらけの職場から逃れたい一心で決めた結婚・・・・・・・折に触れ、彼女らは何かしら 「思い違い」 をしています。

この頃の千夏子の唯一の生きがいは、架空の世界で別の自分、思い描いた理想の女性になって、ありもしない、本心では思ってもいないことを、言いたいままに呟くことでした。嘘で固めたSNSだけが、生きる証しになっています。

千夏子 彼女は、実の子である夏紀へのある “違和感” から、可愛がれずに苦しんでいます。そして、それを夫に隠して暮らしています。

結子 彼女は子供が欲しいのですが、夫が非協力的で悩んでいます。37歳という年齢に、焦りを感じています。

春花 保育士の彼女は職場の人間関係に疲れ、ハイスペックな恋人との将来に縋っています。結婚さえすれば仕事が辞められる。ここから逃げられる。そのことだけを願っています。

柚季 彼女が千夏子と知り合ったのは、偶然でした。柚季は他の町から引っ越してきて、豪華なタワーマンションの二十三階で暮らしています。柚季の部屋を訪ねるうち、千夏子はあることを思いつきます。彼女にとってそれは、とびっきりのアイデアでした。

- と、これが運の尽き。ここから全て (の嘘) がバレていきます。

この本を読んでみてください係数  85/100

誰かが見ている (講談社文庫)

◆宮西 真冬
1984年山口県生まれ。

作品 本書 『誰かが見ている』 で第52回メフィスト賞を受賞し、デビュー。他の著作に 『首の鎖』 『友達未遂』。

関連記事

『鬼の跫音』(道尾秀介)_書評という名の読書感想文

『鬼の跫音』道尾 秀介 角川 書店 2009年1月31日初版 鬼の跫音 角川文庫 &nb

記事を読む

『ユートピア』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『ユートピア』湊 かなえ 集英社文庫 2018年6月30日第一刷 ユートピア (集英社文庫)

記事を読む

『対岸の彼女』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『対岸の彼女』角田 光代 文春文庫 2007年10月10日第一刷 対岸の彼女 (文春文庫)

記事を読む

『自分を好きになる方法』(本谷有希子)_書評という名の読書感想文

『自分を好きになる方法』本谷 有希子 講談社文庫 2016年6月15日第一刷 自分を好きになる

記事を読む

『デルタの悲劇/追悼・浦賀和宏』(浦賀和宏)_書評という名の読書感想文

『デルタの悲劇/追悼・浦賀和宏』浦賀 和宏 角川文庫 2020年7月5日再版 デルタの悲劇

記事を読む

『つみびと』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『つみびと』山田 詠美 中央公論新社 2019年5月25日初版 つみびと (単行本)

記事を読む

『ドアの向こうに』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『ドアの向こうに』黒川 博行 創元推理文庫 2004年7月23日初版 ドアの向こうに (創元推

記事を読む

『乳と卵』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『乳と卵』川上 未映子 文春文庫 2010年9月10日第一刷 乳と卵(らん) (文春文庫)

記事を読む

『豆の上で眠る』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『豆の上で眠る』湊 かなえ 新潮文庫 2017年7月1日発行 豆の上で眠る (新潮文庫) 小

記事を読む

『妻が椎茸だったころ』(中島京子)_書評という名の読書感想文

『妻が椎茸だったころ』中島 京子 講談社文庫 2016年12月15日第一刷 妻が椎茸だったころ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『きみはだれかのどうでもいい人』(伊藤朱里)_書評という名の読書感想文

『きみはだれかのどうでもいい人』伊藤 朱里 小学館文庫 2021年9

『はるか/HAL – CA』(宿野かほる)_書評という名の読書感想文

『はるか/HAL - CA』宿野 かほる 新潮文庫 2021年10月

『変な家』(雨穴)_書評という名の読書感想文

『変な家』雨穴 飛鳥新社 2021年9月10日第8刷発行 変な

『でえれえ、やっちもねえ』(岩井志麻子)_書評という名の読書感想文

『でえれえ、やっちもねえ』岩井 志麻子 角川ホラー文庫 2021年6

『推し、燃ゆ』(宇佐見りん)_書評という名の読書感想文

『推し、燃ゆ』宇佐見 りん 河出書房新社 2021年3月15日40刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑