『天国までの百マイル 新装版』(浅田次郎)_書評という名の読書感想文

『天国までの百マイル 新装版』浅田 次郎 朝日文庫 2021年4月30日第1刷

不況のあおりを受け、会社も金も失い、妻子とも別れた40歳の主人公。心臓病を患う母の命を救うため、天才的な心臓外科医がいるという病院をめざし、奇跡を信じて百マイルをひたすら駆ける。親子の絆、男女の悲しい恋模様を描いた感動の傑作長編。(朝日文庫)

If you miss the train I’m on
You will know that I am gone
You can hear the whistle blow
A hundred miles
A hundred miles,
A hundred miles
A hundred miles,
A hundred miles
You can hear the whistle blow
A hundred miles

もしもあなたが汽車に乗り遅れたら
私は行ってしまったと思って
汽笛が聞こえるでしょう
百マイルの彼方から
百マイル 百マイル
百マイル 百マイル
汽笛が聞こえるでしょう
百マイルの彼方から

ピーター・ポール&マリーの 「五百マイルも離れて」 という曲をご存じだろうか? 哀愁を帯びたメロディーに乗せて歌う別れの歌は、この小説によく似合います。要所要所に出てくるこの歌は、誰が歌う、誰に向けた歌なのでしょう? そんなことを考えました。

この 『天国までの百マイル』 はきわめてシンプルな、いい話である。
会社も金も失い、妻子にも別れたろくでなしの中年男の安男が、心臓を病む年老いた母の命を救うため、奇蹟を信じて千葉の病院までオンボロ車で百マイルをひたすら駆けぬけるのだ。

話は単純だが、そこには不況、倒産、自己破産、離婚、親の病気、介護といった現代社会の問題と家庭崩壊の病巣をじっとみつめる眼がある。

そして底ぬけの無償の愛情、友情、庶民たちの善意、医師の良心などに支えられながら、主人公は奇蹟をみる。(解説より)

まず読まされるのは、”奇蹟” に行き着くまでの安男の救いようのない人生、そのダメ男ぶりです。それでも安男が生きながらえたのは、或る一人の女性がいたからでした。ブスでデブでまるで色気のないマリは、時の安男にとってまさに女神のような存在でした。

最初、千葉県・鴨浦町にあるというサン・マルコ記念病院のことを、誰も信用しませんでした。安男がそこへ母を連れて行き、手術をすると決めたのは、藤本先生がいたからでした。先生は、サン・マルコ記念病院には天才の心臓外科医がいると言ったのでした。一年間に百五十例もの (心臓の) バイパス手術をこなすという、曽我先生のことでした。

※第14節 (ページでいうと213ページ) からが佳境です。ベタな言い方ですが、あなたは何度か涙ぐむに違いありません。もしも涙もろければ、何度も泣くはずです。込み上げるものがあり、(人の) 無償の善意に触れ、こうであればと祈るはずです。祈らずには、いられなくなります。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆浅田 次郎
1951年東京都中野区生まれ。
中央大学杉並高等学校卒業。

作品 「地下鉄に乗って」「鉄道員」「壬生義士伝」「お腹召しませ」「中原の虹」「帰郷」「獅子吼」他多数

関連記事

『真夜中のマーチ』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『真夜中のマーチ』奥田 英朗 集英社文庫 2019年6月8日第12刷 自称青年実業

記事を読む

『蝶々の纏足・風葬の教室』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『蝶々の纏足・風葬の教室』山田 詠美 新潮社 1997年3月1日発行 「風葬の教室」(平林た

記事を読む

『D R Y』(原田ひ香)_書評という名の読書感想文

『D R Y』原田 ひ香 光文社文庫 2022年12月20日初版第1刷発行 お金が

記事を読む

『捨ててこそ空也』(梓澤要)_書評という名の読書感想文

『捨ててこそ空也』梓澤 要 新潮文庫 2017年12月1日発行 平安時代半ば、醍醐天皇の皇子ながら

記事を読む

『魯肉飯のさえずり』(温又柔)_書評という名の読書感想文

『魯肉飯のさえずり』温 又柔 中央公論新社 2020年8月25日初版 ママがずっと

記事を読む

『とにかくうちに帰ります』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『とにかくうちに帰ります』津村 記久子 新潮社 2012年2月25日発行 「家に帰る以上の価

記事を読む

『木になった亜沙』(今村夏子)_圧倒的な疎外感を知れ。

『木になった亜沙』今村 夏子 文藝春秋 2020年4月5日第1刷 誰かに食べさせた

記事を読む

『チヨ子』(宮部みゆき)_書評という名の読書感想文

『チヨ子』宮部 みゆき 光文社文庫 2011年7月20日初版 五年前に使われたきりであちこち古びて

記事を読む

『緋い猫』(浦賀和宏)_書評という名の読書感想文

『緋い猫』浦賀 和宏 祥伝社文庫 2016年10月20日初版 17歳の洋子は佐久間という工員の青年

記事を読む

『ボダ子』(赤松利市)_書評という名の読書感想文

『ボダ子』赤松 利市 新潮社 2019年4月20日発行 あらゆる共感を拒絶する、極

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『揺籠のアディポクル』(市川憂人)_書評という名の読書感想文

『揺籠のアディポクル』市川 憂人 講談社文庫 2024年3月15日

『海神 (わだつみ)』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『海神 (わだつみ)』染井 為人 光文社文庫 2024年2月20日

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑