『夕映え天使』(浅田次郎)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/06 『夕映え天使』(浅田次郎), 作家別(あ行), 書評(や行), 浅田次郎

『夕映え天使』浅田 次郎 新潮文庫 2021年12月25日20刷

泣かせの浅田次郎 史上最多涙小説! 私は6編全部泣きました・・・

東京の片隅で、中年店主が老いた父親を抱えながらほそぼそとやっている中華料理屋 「昭和軒」。そこへ、住み込みで働きたいと、わけありげな女性があらわれて・・・・・「夕映え天使」。定年を目前に控え、三陸へひとり旅に出た警官。漁師町で寒さしのぎと喫茶店へ入るが、目の前で珈琲を淹れている男は、交番の手配書で見慣れたあの顔だった・・・・・「琥珀」。人生の喜怒哀楽が、心に沁みいる六篇。(新潮文庫)

目次
1.夕映え天使
2.切符
3.特別な一日
4.琥珀
5.丘の上の白い家
6.樹海の人

・さびれた商店街の小さな中華料理店に、天使のように舞い降り、儚い思い出だけを残して突然去った女・純子のことを描く表題作 - 「夕映え天使

・父母が離婚し、祖父に引き取られた少年が繰り返す 「さよなら」 が胸に迫り、最後に少年が、命を絞るほどつらい思いのすえに声に出す 「さよなら」 が生きていくことの勇気を示す - 「切符

・いっけん平凡なサラリーマンの定年の一日を書いていると思いきや、SF小説の味わいがある - 「特別な一日

・女房子供に逃げられ、他人に誇るほどの手柄もないまま定年を迎える老警官が、みちのく一人旅で、指名手配の犯人と遭遇する 「琥珀」 では、変わりやすい三陸の天候がもたらした琥珀の光が、人間の心に思いもかけない変化をもたらし、老警官と犯人の人生模様が鮮やかに交錯する。そして、老警官はある決断をする。

・子供の頃、鬼ごっこだかをして遊んでいた 「僕」 の前に、妖精のように現れた少女との出会いを描いた 「丘の上の白い家」 では、丘の上の天上界に住む少女、丘の下の、不幸のさまをさまざまに異にしている貧しい少年たちのイメージが一閃、交わる。そこである悲劇が起きる。

そして最終話 - 自衛隊員だったころ、演習で遭遇した不思議な出来事を回想し、寓話性がある - 「樹海の人

(各作品の要約は鵜飼哲夫氏の解説から抜粋し、掲載しています)

千香子の家はガードの脇の焼芋屋だ。まるで終戦直後のようなバラックが犇めいていて、リヤカーや犬小屋やさまざまのガラクタが線路ぎわの道路に溢れ出ているただなかに、ほんの一畳ばかりの店があった。看板も何もない店先に焼芋の大きな壺が置いてあり、太った母親がいつも暇そうに座っていた。

千香子には父がいなかった。

きのうのことなら、誰にも言わないよ
駅の雑踏に屈みこんで、千香子はずっと心がかりだったことをようやく言うように、そっと耳打ちしてくれた。

ほんとに?
ほんとよ。約束する。そのかわり・・・・・・・
と、千香子は立ち上がると、大人びたしぐさで髪を結び直した。

あたしの秘密も、ヒロシくんにだけ教えてあげる。誰にも言わないって、約束してね
広志が肯くと、千香子は伝言板の隅にしっかりとしたチョークの字を書いた。

何それ。季節の季
ちがうわ。一本足んない。あたしのほんとの苗字
どうしてそれが秘密なのさ
言っちゃいけないって。言うといじめられるんだって。ヒロシくんはいじめないから
掌ですばやく字を消し去ると、千香子は何ごともなかったようにまたしゃがみこんだ。

第二話 「切符」 例えば。幼い二人が交わす会話に強く胸が締め付けられるのは、どうにもならない運命に堪らず涙するのは、私が歳を取ったからに違いありません。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆浅田 次郎
1951年東京都中野区生まれ。
中央大学杉並高等学校卒業。

作品 「地下鉄に乗って」「鉄道員」「壬生義士伝」「お腹召しませ」「中原の虹」「帰郷」「獅子吼」他多数

関連記事

『火のないところに煙は』(芦沢央)_絶対に疑ってはいけない。

『火のないところに煙は』芦沢 央 新潮社 2019年1月25日8刷 「神楽坂を舞台

記事を読む

『トリツカレ男』(いしいしんじ)_書評という名の読書感想文

『トリツカレ男』いしい しんじ 新潮文庫 2006年4月1日発行 ジュゼッペのあだ名は「トリツ

記事を読む

『優しくって少しばか』(原田宗典)_書評という名の読書感想文

『優しくって少しばか』原田 宗典 1986年9月10日第一刷 つい最近のことです。「文章が上手い

記事を読む

『シャイロックの子供たち』(池井戸潤)_書評という名の読書感想文

『シャイロックの子供たち』池井戸 潤 文春文庫 2008年11月10日第一刷 ある町の銀行の支店で

記事を読む

『きみはだれかのどうでもいい人』(伊藤朱里)_書評という名の読書感想文

『きみはだれかのどうでもいい人』伊藤 朱里 小学館文庫 2021年9月12日初版

記事を読む

『冷蔵庫を抱きしめて』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『冷蔵庫を抱きしめて』荻原 浩 新潮文庫 2017年10月1日発行 幸せなはずの新婚生活で摂食障害

記事を読む

『想像ラジオ』(いとうせいこう)_書評という名の読書感想文

『想像ラジオ』いとう せいこう 河出文庫 2015年3月11日初版 この物語は、2011年3

記事を読む

『よみがえる百舌』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『よみがえる百舌』逢坂 剛 集英社 1996年11月30日初版 『百舌の叫ぶ夜』から続くシリーズ

記事を読む

『やわらかな足で人魚は』(香月夕花)_書評という名の読書感想文

『やわらかな足で人魚は』香月 夕花 文春文庫 2021年3月10日第1刷 一体どう

記事を読む

『妖談』(車谷長吉)_書評という名の読書感想文

『妖談』車谷 長吉 文春文庫 2013年7月10日第一刷 ずっとそうなのです。なぜこの人の書

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『つまらない住宅地のすべての家』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『つまらない住宅地のすべての家』津村 記久子 双葉文庫 2024年4

『悪逆』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪逆』黒川 博行 朝日新聞出版 2023年10月30日 第1刷発行

『エンド・オブ・ライフ』(佐々涼子)_書評という名の読書感想文

『エンド・オブ・ライフ』佐々 涼子 集英社文庫 2024年4月25日

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』(清武英利)_書評という名の読書感想文

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』清武 英利 

『メイド・イン京都』(藤岡陽子)_書評という名の読書感想文

『メイド・イン京都』藤岡 陽子 朝日文庫 2024年4月30日 第1

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑