『わたしの本の空白は』(近藤史恵)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2021/08/07 『わたしの本の空白は』(近藤史恵), 作家別(か行), 書評(わ行), 近藤史恵

『わたしの本の空白は』近藤 史恵 ハルキ文庫 2021年7月18日第1刷

わたしの本の空白は (ハルキ文庫)

気づいたら病院のベッドに横たわっていたわたし。目は覚めたけれど、自分の名前も年齢も、家族のこともわからない。夫を名乗る人が現れたけれど、嬉しさよりも違和感だけが立ち上る。本当に彼はわたしが愛した人だったの? 何も思い出せないのに、自分の心だけは真実を知っていた・・・・・・・。”愛” を突き詰めた先にあったものとは - 。最後まで目が離せない傑作サスペンス長編。(ハルキ文庫)

この小説は、角川春樹事務所が発行するPR誌 《ランティエ》 に、2017年2月号から2018年2月号にかけて連載されたものの単行本化、次いで文庫化なった作品です。

ある朝、病院のベッドで目覚めた主人公・三笠南 (みかさ・みなみ) には、過去の記憶が一切ありません。自分が誰で、なぜ此処にいるのかもまるでわかりません。生まれたばかりの子どものように、人として彼女は “丸裸” の状態でした。

しばらくしてわかるのですが、彼女が記憶を失くしたのは、自宅の二階から階段を転げ落ちたことが原因でした。転げ落ちて気絶した彼女は病院に運ばれ、三日間ほど眠り続けてある朝目が覚めるのですが、過去の記憶の一切合切が消えているのに気付きます。

そして - ここが重要なのですが - 確かに生きていたという実感と、ある “微かな感触” だけが残っています。

- と、これが物語の導入部です。どうでしょう? 中々に無理のある設定に思えるこの状況を、些末な事と見過ごすか、リアリティに欠けると批判するかは読者であるみなさんに委ねることとしますが、いずれにせよ、

話の成行き上、そうでなければならない事情があります。この前提なくして、物語は始まりません。

著者は 《ランティエ》 2018年7月号掲載のインタヴューで、「この作品で一番やりたかったのは、大げさな言い方ですけど “愛を解体する” こと。血まみれになって解体した末に愛が死骸のように横たわっている状態を描き出すことには、成功したと思っています。こういう解体の仕方をした作品は、あまりないだろうと思いますし」 と述べている。(解説より)

本当にそうなんでしょうか? 残念ながら、私にはそうは思えません。

本人的には 「成功したと思っている」 ことと、読者がどう感じ、どう受けとめたかはまた別の問題で、毎度毎度、著者の思う通りに読者に届くとは限りません。

それより何より、この小説が描こうとしていることが、思う以上に難しいし、ややこしい。もうちょっとわかりやすいスチュエーションで書いてほしかった。そうでないと、読者はきっと中途で読むのを止めてしまうのではないかと。

加えて言うと、主人公の南がそうなら、南の夫・慎也も、南が本当に愛していた (はずの) 慎也の弟・晴哉も、いまいちキャラクターがはっきりしません。すべてが曖昧で、結局それが最後まで続きます。悪人なら悪人らしく、そうでないならないふうに、きちんと書き分けてほしかったと思います。

この本を読んでみてください係数  75/100

わたしの本の空白は (ハルキ文庫)

◆近藤 史恵
1969年大阪府生まれ。
大阪芸術大学文芸学科卒業。

作品 「凍える島」「カナリアは眠れない」「サクリファイス」「ねむりねずみ」「巴之丞鹿の子」「天使はモップを持って」他多数

関連記事

『ふがいない僕は空を見た』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『ふがいない僕は空を見た』窪 美澄 新潮文庫 2012年10月1日発行 ふがいない僕は空を見た

記事を読む

『諦めない女』(桂望実)_書評という名の読書感想文

『諦めない女』桂 望実 光文社文庫 2020年10月20日初版 諦めない女 (光文社文庫)

記事を読む

『太陽と毒ぐも』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『太陽と毒ぐも』角田 光代 文春文庫 2021年7月10日新装版第1刷 太陽と毒ぐも (文春

記事を読む

『蛇を踏む』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『蛇を踏む』川上 弘美 文芸春秋 1996年9月1日第一刷 蛇を踏む (文春文庫) ミドリ公園に

記事を読む

『ワーカーズ・ダイジェスト』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『ワーカーズ・ダイジェスト』津村 記久子 集英社 2011年3月30日第一刷 ワーカーズ・ダイ

記事を読む

『玉蘭』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『玉蘭』桐野 夏生 朝日文庫 2004年2月28日第一刷 玉蘭 (文春文庫) ここではないどこかへ

記事を読む

『対岸の彼女』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『対岸の彼女』角田 光代 文春文庫 2007年10月10日第一刷 対岸の彼女 (文春文庫)

記事を読む

『だから荒野』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『だから荒野』桐野 夏生 文春文庫 2016年11月10日第一刷 だから荒野 (文春文庫)

記事を読む

『ウィステリアと三人の女たち』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『ウィステリアと三人の女たち』川上 未映子 新潮文庫 2021年5月1日発行 ウィステリアと

記事を読む

『百花』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『百花』川村 元気 文藝春秋 2019年5月15日第1刷 百花 「あなたは誰? 」 息

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ビオレタ』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『ビオレタ』寺地 はるな ポプラ文庫 2017年4月5日第1刷

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2

『大人は泣かないと思っていた』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『大人は泣かないと思っていた』寺地 はるな 集英社文庫 2021年4

『雪が降る』(藤原伊織)_書評という名の読書感想文

『雪が降る』藤原 伊織 角川文庫 2021年12月25日初版

『リリアン』(岸政彦)_書評という名の読書感想文

『リリアン』岸 政彦 新潮社 2021年2月25日発行 リリア

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑