『カゲロボ』(木皿泉)_書評という名の読書感想文

『カゲロボ』木皿 泉 新潮文庫 2022年6月1日発行

気づけば、涙。
TVドラマ野ブタ。をプロデュース小説 昨夜のカレー、明日のパン の木皿泉が贈る、感動の連作短編集。

人間そっくりのロボット 「カゲロボ」 が学校や会社、家庭に入り込み、いじめや虐待を監視している - そんな都市伝説に沸く教室で、カゲロボと噂される少女がいた。彼女に話しかけた冬は、ある秘密を打ち明けられ・・・・・・・(「はだ」)。何者でもない自分の人生を、誰かが見守ってくれているのだとしたら。押し潰されそうな心に、刺さって抜けない感動が寄り添う、連作短編集。(新潮文庫)

チカダのはなしを聞いてください。

ガラス製品を納品する雑貨店で、そこに勤めていた友美と知りあった。結婚して、息子の心が生まれると、中学のときに感じた、あのすべてがウソくさい感じは、すっかりなくなってしまった。散らかった居間や、ごちゃごちゃした押入れの中は、どこにでもある家の風景で恐ろしいほどワンパターンだと思うのに、なぜかウソだとは思えなかった。持ち家ではないが、ここはオレの家だとのほほんと暮らしている。それは、息子が、妻の友美が自分を見ていると思うからだろう。こっちが見ると、見返してくれる者がいる。ただそれだけで、世界はとても親しいものに思えてくる。子供がいるだけで、地球の中心とつながっていると思える、この頼もしさは何だろう? 中学生の自分は、世の中から拒絶されていると思い込んでいた。それは向こうから見返されることが一度もなかったからだ。(「あせ」より)

地球で暮らす何千、何万の家族は、きっと同じ思いでいることでしょう。大人になり、家族を持ち、父となり、初めてチカダは 「生きる意味」 を知ったのでした。(そうに違いありません)

チカダには苦い過去があります。中学生だった彼はある過ちが原因で、いじめる側の人間だと思われていました。誤解だったのですが、同級生を三回も殴ったことは事実で、それには (チカダなりに) そうするだけの理由がありました。いじめようとしてしたわけではなかったのに、誰もがそれを “いじめ” だと決めつけたのでした。

※チカダは案外いい奴で (詳しくは第二話 「あし」 にて)、 幸せな家族を築くのですが、まだまだ安心はできません。ある日息子の心が、とんでもない事件を起こします。

この本を読んでみてください係数  80/100

◆木皿 泉
1952年生まれの和泉努と、57年生まれの妻鹿年季子による夫婦脚本家。

作品 「昨日のカレー、明日のパン」「すいか」「野ブタ。をプロデュース」「セクシーボイスアンドロボ」「Q10」「木皿食堂」「6粒と半分のお米 木皿食堂2」他多数

関連記事

『GIVER/復讐の贈与者』(日野草)_書評という名の読書感想文

『GIVER/復讐の贈与者』日野 草 角川文庫 2016年8月25日初版 GIVER 復讐の贈

記事を読む

『離れ折紙』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『離れ折紙』黒川 博行 文春文庫 2015年11月10日第一刷 離れ折紙 (文春文庫)

記事を読む

『三面記事小説』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『三面記事小説』角田 光代 文芸春秋 2007年9月30日第一刷 三面記事小説 (文春文庫)

記事を読む

『KAMINARI』(最東対地)_書評という名の読書感想文

『KAMINARI』最東 対地 光文社文庫 2020年8月20日初版 KAMINARI (光

記事を読む

『ねこまたのおばばと物の怪たち』(香月日輪)_書評という名の読書感想文

『ねこまたのおばばと物の怪たち』香月 日輪 角川文庫 2014年12月25日初版 ねこまたのお

記事を読む

『きのうの影踏み』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『きのうの影踏み』辻村 深月 角川文庫 2018年8月25日初版 きのうの影踏み (角川文庫)

記事を読む

『空海』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『空海』高村 薫 新潮社 2015年9月30日発行 空海   空海は二人いた

記事を読む

『ホーンテッド・キャンパス』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『ホーンテッド・キャンパス』櫛木 理宇 角川ホラー文庫 2012年12月25日初版 ホーンテッ

記事を読む

『きよしこ』(重松清)_書評という名の読書感想文

『きよしこ』重松 清 新潮文庫 2021年3月5日39刷 きよしこ(新潮文庫) 少年は

記事を読む

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月5日27刷 ケーキの切れ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『神の手』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『神の手』望月 諒子 集英社文庫 2022年7月12日第8刷

『腐葉土』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『腐葉土』望月 諒子 集英社文庫 2022年7月12日第6刷

『死刑について』(平野啓一郎)_書評という名の読書感想文

『死刑について』平野 啓一郎 岩波書店 2022年6月16日第1刷発

『ハレルヤ』(保坂和志)_書評という名の読書感想文

『ハレルヤ』保坂 和志 新潮文庫 2022年5月1日発行

『鞠子はすてきな役立たず』(山崎ナオコーラ)_書評という名の読書感想文

『鞠子はすてきな役立たず』山崎 ナオコーラ 河出文庫 2021年8月

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑