『あなたの涙は蜜の味|イヤミス傑作選』(宮部みゆき 辻村深月他)_書評という名の読書感想文

『あなたの涙は蜜の味|イヤミス傑作選』宮部みゆき 辻村深月他 PHP文芸文庫 2022年9月22日第1版第1刷

衝撃の結末に心がざわつくあなたの不幸は蜜の味に続く鳥肌必至のアンソロジー! 見たくないと思いつつ、最後まで読まずにいられなくなること請け合います。解説:嫌度数マックスの作品集 細谷正充 (PHP文芸文庫)

[出典]
◎「パッとしない子」 (辻村深月 『噛みあわない会話と、ある過去について』 所収、講談社文庫
◎「福の神」 (宇佐美まこと、書き下ろし)
◎「コミュニティ」 (篠田節子 『コミュニティ』 所収、集英社文庫)
◎「北口の女」 (王谷 晶 『完璧じゃない、あたしたち』 所収、ポプラ文庫)
◎「ひとりでいいのに」 (降田 天、書き下ろし)
◎「口封じ」 (乃南アサ 『幸せになりたい』 所収、祥伝社文庫)
◎「裏切らないで」 (宮部みゆき 『返事はいらない』 所収、新潮文庫)

(私が選ぶ) 読んでほしいと思う作品 「北口の女王谷 晶

本作が収録された、王谷晶の短篇集 『完璧じゃない、あたしたち』 との出会いは衝撃的だった。恥ずかしながら、それまでまったく視界に入っていない作者だったが、面白いとの評判を聞いてなんとなく手に取った。しかし一読、ビックリ仰天。どれもこれも面白い。あまりにも面白かったので、ちょうど立ち上げた細谷正充賞という、私が選ぶ文学賞の第一回の受賞作の一冊に選んでしまったほどである。

その 『完璧じゃない、あたしたち』 の中で、特にぶちのめされたのが、本作なのだ。大麻取締法違反で逮捕され、不起訴になったものの事務所を解雇され、生まれ故郷に戻ってきた大物演歌歌手の磐梯山ミヤコ。主人公の “私” は、そのミヤコの付き人だ。今も、ミヤコの故郷で彼女の姉が経営する弁当屋で働き、生活を支えている。そんなとき、”一拍さん” というあだ名を付けた若い女性が、とてつもない歌唱力の持ち主と知る。部屋に閉じこもってゲームばかりしているミヤコに、”私” は “一拍さん” の凄さを伝えるのだが・・・・・・・。

才能を持つ者と持たない者。その差がもたらす絶望を、作者は鮮やかに表現する。それを際立たせるのが、最後の “私” の叫びで明らかになる、意外な事実だ。ミステリーでいうところの “フィニッシング・ストローク (最後の一撃)” を、見事に決めた逸品である。

※意外だったのは、乃南アサの 「口封じ」 という作品。予想の何倍もエグい作品で、読んだあなたは、主人公の井原孝枝という女性に言い様のない嫌悪感を抱くことでしょう。人としてどうなんだと。強く憤るに違いありません。

しかし、ここでよくよく考えなくてはいけません。大きな声では言えませんが、孝枝が思う理屈に、抱く感情に、(後ろめたくはあるものの) 微かに頷く自分がいたりはしませんか、と。「嫌度数マックスの名品である」 という評価の本意は、実はそこにこそあるのだと思います。

この本を読んでみてください係数 85/100

関連記事

『青くて痛くて脆い』(住野よる)_書評という名の読書感想文

『青くて痛くて脆い』住野 よる 角川書店 2018年3月2日初版 『君の膵臓をたべたい』 著者が放

記事を読む

『おはなしして子ちゃん』(藤野可織)_書評という名の読書感想文

『おはなしして子ちゃん』藤野 可織 講談社文庫 2017年6月15日第一刷 理科準備室に並べられた

記事を読む

『海』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『海』小川 洋子 新潮文庫 2018年7月20日7刷 恋人の家を訪ねた青年が、海か

記事を読む

『あなたの不幸は蜜の味』(辻村深月ほか)_書評という名の読書感想文

『あなたの不幸は蜜の味』辻村深月ほか PHP文芸文庫 2019年7月19日第1版

記事を読む

『たった、それだけ』(宮下奈都)_書評という名の読書感想文

『たった、それだけ』宮下 奈都 双葉文庫 2017年1月15日第一刷 「逃げ切って」。贈賄の罪が発

記事を読む

『ユートピア』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『ユートピア』湊 かなえ 集英社文庫 2018年6月30日第一刷 第29回 山本周五郎賞受賞作

記事を読む

『しろいろの街の、その骨の体温の』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『しろいろの街の、その骨の体温の』村田 沙耶香 朝日文庫 2015年7月30日第一刷 クラスでは目

記事を読む

『お引っ越し』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『お引っ越し』真梨 幸子 角川文庫 2017年11月25日初版 内見したマンションはおしゃれな街の

記事を読む

『告白』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『告白』湊 かなえ 双葉文庫 2010年4月11日第一刷 「愛美は死にました。しかし、事故ではあり

記事を読む

『1リットルの涙/難病と闘い続ける少女亜也の日記』(木藤亜也)_書評という名の読書感想文

『1リットルの涙/難病と闘い続ける少女亜也の日記』木藤 亜也 幻冬舎文庫 2021年3月25日58

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『パッキパキ北京』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『パッキパキ北京』綿矢 りさ 集英社 2023年12月10日 第1刷

『山亭ミアキス』(古内一絵)_書評という名の読書感想文

『山亭ミアキス』古内 一絵 角川文庫 2024年1月25日 初版発行

『旅する練習』(乗代雄介)_書評という名の読書感想文

『旅する練習』乗代 雄介 講談社文庫 2024年1月16日 第1刷発

『あなたの燃える左手で』(朝比奈秋)_書評という名の読書感想文

『あなたの燃える左手で』朝比奈 秋 河出書房新社 2023年12月1

『漂砂のうたう』(木内昇)_書評という名の読書感想文

『漂砂のうたう』木内 昇 集英社文庫 2015年6月6日 第2刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑