『なまづま』(堀井拓馬)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/13 『なまづま』(堀井拓馬), 作家別(は行), 堀井拓馬, 書評(な行)

『なまづま』堀井 拓馬 角川ホラー文庫 2011年10月25日初版


激臭を放つ粘液に覆われた醜悪な生物ヌメリヒトモドキ。日本中に蔓延するその生物を研究している私は、それが人間の記憶や感情を習得する能力を持つことを知る。他人とうまく関われない私にとって、世界とつながる唯一の窓口は死んだ妻だった。私は最愛の妻を蘇らせるため、ヌメリヒトモドキの密かな飼育に熱中していく。悲劇的な結末に向かって・・・。選考委員絶賛、若き鬼才の誕生! 第18回日本ホラー小説大賞長編賞受賞作。(「BOOK」データベースより)

新刊という訳でもないのですが、この前書店に行ったらえらく目立つところに並んでいました。それでなくても『なまづま』という、何だか分からないけれどいかにも怪し気なタイトルと、ゾッとするような顔面アップの表紙が嫌でも目を引きます。

登場するのは謎の生物体で、その名を〈ヌメリヒトモドキ〉と言います。人の形をしているけれど人ではない、ヌメヌメの粘膜と粘液に覆われた、死ぬほど臭い生き物です。この奇想天外な生き物は、こんな風にして登場します。

コンビニを出ると、強いヌメリ臭が鼻粘膜をいやらしく撫でた。その臭いはいつも、ある種の恐怖すら伴って私を攻撃する。(中略)ひくひくとみぞおちの辺りが引きつったように震え、消化され始めた朝食が踵を返して喉を全速力で上がってくる。
なるたけ関係のない別のことを考えながら強く目をつむると、涙腺が沁みてまつ毛が濡れた。酸味の強い嫌悪感の時化が凪ぐのを待ってから、そっと目を開けると、駐車場の隅からヌメリヒトモドキの濡れた青白い姿がぬるり、姿を現わしたのが見えた。

このときの〈ヌメリヒトモドキ〉は、まだハイハイを始めたばかりの赤ん坊よりもつたない動作で這いずるばかりで、異様な長さの手足を無茶苦茶に動かす様は、どちらかといえばまだ虫に近い状態です。ムンクの叫びを模したような単純な造形の顔をしたそいつは、真っ白な眼球で「私」を一瞥してから、コンビニのゴミ箱を漁り始めるのでした。
・・・・・・・・・・
ほんの触りの部分ですが、好きな人には堪えられない幕開けではないですか!? どうせなら、これくらいあり得ない想定の方が面白い。但し、荒唐無稽ばかりではいけません。あり得ないと分かっていながら、あり得る状況を想起させてしまう、そこが肝心なところです。

先のコンビニの話に出て来た「私」が小説の主人公なのですが、この主人公の男性は、あろうことか〈ヌメリヒトモドキ〉に恋をします。人間ではない化け物の〈ヌメリヒトモドキ〉に狂おしいまでの恋をして、その結果自分の身まで滅ぼしてしまう - 憐れな男の狂気の物語、それがこの『なまづま』という小説です。
・・・・・・・・・・
「私」は愛する妻を2年前に亡くし、それと同時に生きる希望のすべてを失くして、もはや自分が死ぬ日を待つだけのように暮らしています。元々他人と関わるのが苦手だった「私」にとって、最愛の妻の死は何よりも辛く悲しいものだったのです。

妻を亡くした後、「私」はある考えに憑りつかれます。それは、どうにかして〈ヌメリヒトモドキ〉を進化させて人に近づけること、つまり妻と瓜二つの〈ヌメリヒトモドキ〉を密かに育て上げるという自らの目論見に憑りつかれてしまうのです。

この「私」が抱くさかしまな妄想とそれを成そうとする行為、それこそが狂気であり、ホラーです。

「私」の目論見は、いっとき成功したかに思えます。幾たびかの更新の末、妻となるべき〈ヌメリヒトモドキ〉はいよいよ人間らしくなり、やがて「私」を認知するまでになり、片言ではあるものの言葉さえ発するようになります。

「ああな、ああな(あなた、あなた)」と「私」を呼んで、「いんよ、いんよ」と言ってはしゃぐ〈ヌメリヒトモドキ〉の妻に歓喜して、思わず「私」は彼女にキスをします。

生魚の鱗を口と鼻いっぱいに含んだような香り。「私」の舌を伝って粘液が口腔に流れ込んでくると、嘔吐中枢が爆発し、胃が震え、抗いようもなく「私」は吐いてしまいます。逆流した諸々が口から鼻から溢れ出すのですが、それでも「私」は貪り続けます。

それほどに、「私」は妻を愛していたのです。

妻が死んでいる間に「私」の中で育った妻への慕情は、「私」自身をどこまで人間らしからぬ場所へと導いて行くのでしょうか。その問いに対する答えは、「私」のまだ知らない、進化を続ける〈ヌメリヒトモドキ〉の妻だけが知っています。

この本を読んでみてください係数 80/100


◆堀井 拓馬
1987年東京都生まれ。
文京学院大学人間学部卒業。

作品 「なまづま」で第18回日本ホラー小説大賞長編賞を受賞。他に「夜波の鳴く夏」など

◇ブログランキング

いつも応援クリックありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『なめらかで熱くて甘苦しくて』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『なめらかで熱くて甘苦しくて』川上 弘美 新潮文庫 2015年8月1日発行 少女の想像の中の奇

記事を読む

『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』(辺見じゅん)_書評という名の読書感想文

『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』辺見 じゅん 文春文庫 2021年11月5日第23刷

記事を読む

『カエルの楽園 2020』(百田尚樹)_書評という名の読書感想文

『カエルの楽園 2020』百田 尚樹 新潮文庫 2020年6月10日発行 コロナ禍

記事を読む

『日曜日の人々/サンデー・ピープル』(高橋弘希)_書評という名の読書感想文

『日曜日の人々/サンデー・ピープル』高橋 弘希 講談社文庫 2019年10月16日第1刷

記事を読む

『能面検事の奮迅』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『能面検事の奮迅』中山 七里 光文社文庫 2024年4月20日 初版1刷発行 大阪地検のエー

記事を読む

『イノセント・デイズ』(早見和真)_書評という名の読書感想文

『イノセント・デイズ』早見 和真 新潮文庫 2017年3月1日発行 田中幸乃、30歳。元恋人の家に

記事を読む

『ニムロッド』(上田岳弘)_書評という名の読書感想文

『ニムロッド』上田 岳弘 講談社文庫 2021年2月16日第1刷 仮想通貨をネット

記事を読む

『さいはての彼女』(原田マハ)_書評という名の読書感想文

『さいはての彼女』原田 マハ 角川文庫 2013年1月25日初版 25歳で起業した敏腕若手女性

記事を読む

『いやしい鳥』(藤野可織)_書評という名の読書感想文

『いやしい鳥』藤野 可織 河出文庫 2018年12月20日初版 ピッピは死んだ。い

記事を読む

『国道沿いのファミレス』(畑野智美)_書評という名の読書感想文

『国道沿いのファミレス』畑野 智美 集英社文庫 2013年5月25日第一刷 佐藤善幸、外食チェーン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『余命一年、男をかう』(吉川トリコ)_書評という名の読書感想文

『余命一年、男をかう』吉川 トリコ 講談社文庫 2024年5月15日

『鎮魂』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『鎮魂』染井 為人 双葉文庫 2024年5月18日 初版第1刷発行

『いっそこの手で殺せたら』(小倉日向)_書評という名の読書感想文

『いっそこの手で殺せたら』小倉 日向 双葉文庫 2024年5月18日

『いつか、アジアの街角で』(中島京子他)_書評という名の読書感想文

『いつか、アジアの街角で』中島 京子他 文春文庫 2024年5月10

『チョウセンアサガオの咲く夏』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『チョウセンアサガオの咲く夏』柚月 裕子 角川文庫 2024年4月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑