『懲役病棟』(垣谷美雨)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/05 『懲役病棟』(垣谷美雨), 作家別(か行), 垣谷美雨, 書評(た行)

『懲役病棟』垣谷 美雨 小学館文庫 2023年6月11日初版第1刷発行

累計23万部病棟シリーズ第3弾 女子受刑者の罪と罰

神田川病院の “金髪女医” 太田香織と看護師・松坂マリ江は、ひょんなことから女子刑務所に派遣される。当初は、受刑者との距離を感じていたが、後輩から授かった不思議な聴診器を胸に当てると - 惣菜430円の万引きで懲役2年を科せられていたり、夫の執拗なDVに耐えきれず殺害に及んでいたり、はたまた悪い男にそそのかされ、クスリに手を出していたり、と切実な事情が見えてきた。二人は受刑者とは個人的に接してはならないという禁を破り、あっと驚く方法で解決に乗り出してゆくが・・・・・・・。「病棟」 シリーズ第3弾。解説は元厚生労働事務次官の村木厚子氏。(小学館文庫)

[目次]
第一章 万引き犯 
第二章 殺人犯
第三章 覚醒剤事犯
第四章 放火犯
第五章 受刑者からの手紙

今回、(神田川病院から) 選ばれて女子刑務所へ派遣されたのは、医師の太田香織と看護師の松坂マリ江の二人でした。両名共に、望んだことではありません。むしろ不安で、怖くもあったのですが、部長からの依頼故、軽々に断るわけにもいきません。

診察する中で、二人が気になったのは以下の四名でした。最初はたんなる風邪だと思われたのですが、それとは別に、彼女たちは、胸の中に大きな傷を抱えています。ある受刑者などは、いっそ死にたいとまで思い詰めています。

受刑者呼称番号 825番 谷山清子 (たにやま・きよこ) 62歳
受刑者呼称番号 907番 児玉美帆 (こだま・みほ) 40歳
受刑者呼称番号 579番 山田ルル (やまだ・るる) 26歳
受刑者呼称番号 926番 秋月梢 (あきづき・こずえ) 80歳

香織とマリ江は、受刑者たちは何が原因で罪を犯したのか、彼女たちが何を守ろうとしてムショ送りになったのか - その真を知るところとなります。全ては、後輩から餞別として貰い受けた、古びた聴診器のおかげでした。

※「常勤として半年間、青葉市にある女子刑務所に行ってくれないか」 と言ったのは、笹田部長でした。他に適任者がいないと言い、行かせたくても行かせられない者の例として香織の後輩の、早坂ルミ子や黒田摩周湖の名前が挙がります。

早坂ルミ子は三十三歳。コチコチの真面目人間ゆえ、融通が利かず、空気が読めません。もう一人の黒田摩周湖は二十九歳。名前が表す通り変人で、死後の世界を信じています。共に世間知らずということで、笹田部長にとって二人は端から論外でしたが、途中、香織からの半ば強制的な依頼で、二人は案外 “良い仕事” をします。

この本を読んでみてください係数  80/100

◆垣谷 美雨
1959年兵庫県豊岡市生まれ。
明治大学文学部文学科フランス文学専攻卒業。

作品 「竜巻ガール」「ニュータウンは黄昏れて」「後悔病棟」「老後の資金がありません」「夫の墓には入りません」「姑の遺品整理は、迷惑です」「うちの父が運転をやめません」他多数

関連記事

『後妻業』黒川博行_書評という名の読書感想文(その2)

『後妻業』(その2) 黒川 博行 文芸春秋 2014年8月30日第一刷 ※二部構成になってます。

記事を読む

『なめらかで熱くて甘苦しくて』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『なめらかで熱くて甘苦しくて』川上 弘美 新潮文庫 2015年8月1日発行 少女の想像の中の奇

記事を読む

『ツ、イ、ラ、ク』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『ツ、イ、ラ、ク』姫野 カオルコ 角川文庫 2007年2月25日初版 地方。小さな町。閉鎖的なあの

記事を読む

『太陽の坐る場所』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『太陽の坐る場所』辻村 深月 文春文庫 2011年6月10日第一刷 高校卒業から十年。元同級生

記事を読む

『玉蘭』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『玉蘭』桐野 夏生 朝日文庫 2004年2月28日第一刷 ここではないどこかへ・・・・・・・。東京

記事を読む

『大地のゲーム』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『大地のゲーム』綿矢 りさ 新潮文庫 2016年1月1日発行 21世紀終盤。かの震災の影響で原

記事を読む

『氷の致死量』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『氷の致死量』櫛木 理宇 ハヤカワ文庫 2024年2月25日 発行 『死刑にいたる病』 の著

記事を読む

『透明な迷宮』(平野啓一郎)_書評という名の読書感想文

『透明な迷宮』平野 啓一郎 新潮文庫 2017年1月1日発行 深夜のブタペストで監禁された初対面の

記事を読む

『地先』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『地先』乙川 優三郎 徳間文庫 2022年12月15日初刷 通り過ぎた歳月。その重

記事を読む

『1リットルの涙/難病と闘い続ける少女亜也の日記』(木藤亜也)_書評という名の読書感想文

『1リットルの涙/難病と闘い続ける少女亜也の日記』木藤 亜也 幻冬舎文庫 2021年3月25日58

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『揺籠のアディポクル』(市川憂人)_書評という名の読書感想文

『揺籠のアディポクル』市川 憂人 講談社文庫 2024年3月15日

『海神 (わだつみ)』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『海神 (わだつみ)』染井 為人 光文社文庫 2024年2月20日

『百年と一日』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『百年と一日』柴崎 友香 ちくま文庫 2024年3月10日 第1刷発

『燕は戻ってこない』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『燕は戻ってこない』桐野 夏生 集英社文庫 2024年3月25日 第

『羊は安らかに草を食み』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『羊は安らかに草を食み』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2024年3月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑