『爆弾』(呉勝浩)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/05 『爆弾』(呉勝浩), 作家別(か行), 呉勝浩, 書評(は行)

『爆弾』呉 勝浩 講談社 2023年2月22日第8刷発行

爆発 大ヒット中! 第167回直木賞候補作
このミステリーがすごい! 2023年版 国内編第1位
ミステリが読みたい! 2023年版 国内編第1位
本屋大賞ノミネート

敵は、たった一人の無敵の人“  東京、炎上。正義は、守れるのか。

些細な傷害事件で、とぼけた見た目の中年男が野方署に連行された。
たかが酔っ払いと見くびる警察だが、男は取調べの最中 「十時に秋葉原で爆発がある」 と予言する。
直後、秋葉原の廃ビルが爆発。まさか、この男 “本物” か。さらに男はあっけらかんと告げる。
「ここから三度、次は一時間後に爆発します」。
警察は爆発を止めることができるのか。爆弾魔の悪意に戦慄する、ノンストップ・ミステリー。(講談社)

微罪で捕まったスズキタゴサク、49歳 - いかにもな偽名に思われるのですが、本人はそれが正真正銘の本名だと言い、それは最後までそうであり続けます - と取り調べに当たる警察官の清宮や類家との攻防、長時間にわたる心理戦こそが読みどころだろうと。

スズキがした “予言” が (予言通りに) 現実となり、署内はにわかに色めき立ちます。スズキはそれが “霊感” だと言い 「霊感だけはちょっと自信がある」 のだと周囲を煙に巻くような発言を繰り返します。

連続して起こる爆発は、本当にスズキが仕組んだものなのか。その目的は。その方法は。そして、いつ終わるのか・・・・・・・。スズキは結局、最後の最後まで “白状” することはありません。

酔った勢いで酒屋の自動販売機を蹴りつけ、止めに来た店員を殴り逮捕されたスズキタゴサク四十九歳。警察も 〈立件する意欲はない〉 ほど些細な傷害事件の加害者であるスズキはしかし、取り調べの最中に 〈刑事さんの役に立つ〉 予知を伝える、と言い出した。

確証のある裏情報などではない。ただの霊感、閃きのようなものだと述べながら、次々と都内で発生する 「爆発」 を予告。その予告通りに秋葉原と東京ドーム付近で爆破事件が発生する。所轄署で、のらりくらりと取り調べを受けていた小太りの冴えないチンケな傷害犯スズキは、連続爆破テロ事件の容疑者かつ無差別に都民の命を狙う爆弾魔と目され、警察は目の色を変えていく。

ところが、シビアな状況に反し、スズキタゴサクはともすれば無邪気にさえ映る態度でペラペラと身の上話や過去を語り、対峙する警察相手にゲームやクイズを持ちかける。この会話に何の意味があるのか。出題されるクイズの 「正解」 は何なのか。そもそもこの男は本当に爆弾魔なのか。翻弄されながら、その真偽を、そこに潜む本心を知りたいと乞い、やがてスズキタゴサクに魅入られていることに気付かされる。(以下略/藤田香織 「好書好日」 より)

※スズキと、特に類家とのやり取りは、つい最近観た将棋のタイトル戦のようで、相手の先の先を読み、その裏をかく一手を捻り出し、タイミングを見計らって駒を打ち出す気鋭の棋士のような - そんな (行間を支配する) “間合い” のようなものに溢れています。

押されているのは、類家でした。スズキは終始冷静で、顔色を変えることもありません。平身低頭で、偉ぶる素振りも見せません。爆弾で人が死んだと聞いても、まるで他人事のような様子でいます。話は行ったり来たり、まるで要領を得ません。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆呉 勝浩
1981年青森県生まれ。
大阪芸術大学映像学科卒業。

作品 「ロスト」「蜃気楼の犬」「道徳の時間」「白い衝動」「ライオン・ブルー」「スワン」「おれたちの歌をうたえ」他多数

関連記事

『氷平線』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『氷平線』桜木 紫乃 文春文庫 2012年4月10日第一刷 桜木紫乃の初めての作品集。200

記事を読む

『ひらいて』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『ひらいて』綿矢 りさ 新潮社文庫 2015年2月1日発行 文庫の解説は、タレントの光浦靖子さん

記事を読む

『ハンチバック』(市川沙央)_書評という名の読書感想文

『ハンチバック』市川 沙央 文藝春秋 2023年7月25日第5刷発行 【第169回

記事を読む

『猫を拾いに』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『猫を拾いに』川上 弘美 新潮文庫 2018年6月1日発行 誕生日の夜、プレーリードッグや地球外生

記事を読む

『理系。』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『理系。』川村 元気 文春文庫 2020年9月10日第1刷 いかに 「理系の知恵」

記事を読む

『不連続殺人事件』(坂口安吾)_書評という名の読書感想文

『不連続殺人事件』坂口 安吾 角川文庫 1974年6月10日初版 戦後間もないある夏、詩人・歌川一

記事を読む

『黄色い家』(川上未映子)_書評という名の読書感想文

『黄色い家』川上 未映子 中央公論新社 2023年2月25日初版発行 人はなぜ、金

記事を読む

『八日目の蝉』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『八日目の蝉』角田 光代 中央公論新社 2007年3月25日初版 この小説は、不倫相手の夫婦

記事を読む

『羊と鋼の森』(宮下奈都)_書評という名の読書感想文

『羊と鋼の森』宮下 奈都 文春文庫 2018年2月10日第一刷 高校生の時、偶然ピアノ調律師の板鳥

記事を読む

『煩悩の子』(大道珠貴)_書評という名の読書感想文

『煩悩の子』大道 珠貴 双葉文庫 2017年5月14日第一刷 桐生極(きわみ)は小学五年生。いつも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『嗤う淑女 二人 』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『嗤う淑女 二人 』中山 七里 実業之日本社文庫 2024年7月20

『闇祓 Yami-Hara』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『闇祓 Yami-Hara』辻村 深月 角川文庫 2024年6月25

『地雷グリコ』(青崎有吾)_書評という名の読書感想文 

『地雷グリコ』青崎 有吾 角川書店 2024年6月20日 8版発行

『アルジャーノンに花束を/新版』(ダニエル・キイス)_書評という名の読書感想文

『アルジャーノンに花束を/新版』ダニエル・キイス 小尾芙佐訳 ハヤカ

『水たまりで息をする』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『水たまりで息をする』高瀬 隼子 集英社文庫 2024年5月30日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑