『魔女は甦る』(中山七里)_そして、誰も救われない。

『魔女は甦る』中山 七里 幻冬舎文庫 2018年7月25日5版

魔女は甦る (幻冬舎文庫)

元薬物研究員が勤務地の近くで肉と骨の姿で発見された。埼玉県警の槇畑は捜査を開始。だが会社は二ヶ月前に閉鎖され、社員も行方が知れない。同時に嬰児誘拐と、繁華街での日本刀による無差別殺人が起こった。真面目な研究員は何故、無残な姿に成り果てたのか。それぞれの事件は繋がりを見せながら、恐怖と驚愕のラストへなだれ込んでいく・・・・・・・。(幻冬舎文庫)

それを目にした瞬間、槇畑啓介は思わず顔を背けた。捜査畑を歩いて十二年、腐乱やら轢断やら損傷の激しい死体には何度もお目にかかってきたが、これほど見事に原形を留めない代物は初めてだった。
埼玉県所沢市神島町。国道沿いの集落から一キロほど離れた沼地に、その死体は遺棄されていた。遺棄 - ただ放置されているのではなく、これ見よがしにうち棄てられているという形容がその状態を適確に表現していた。
(本文より)

〇バラバラ死体となって発見されたのは、ドイツに本社を置く製薬会社・スタンバーグ社の元主任研究員、桐生隆という人物でした。

1.(生前の彼をよく知る人は) 桐生隆は敵のいない穏やかな人物で、なぜこれほどまでに残虐な殺され方をしたのか、その理由がさっぱりわかりません。彼には、大学の薬学部に通う女子大生、毬村美里という恋人がいました。

2.捜査を担当することになった埼玉県警捜査一課の槇畑啓介刑事が聞きこみを行ったところ、桐生の 「薬学」 についての考え方はやや特異なものだったことが判明します。また、彼は自分のことを 「魔女の末裔」 と称していたことがわかります。

3.桐生が勤務していたスタンバーグ社は、彼の事件が起こる直前に所沢の研究所を閉鎖、ドイツ人社員は帰国し、桐生を含むスタッフはその際に全員解雇されています。

4.捜査が難航する中、桐生が元いたスタンバーグ社の “よからぬ情報” が明かされます。事件の捜査に加わった警察庁生活安全局課長補佐・宮條貢平からのものでした。それによると、最近東京都内で起こった三件の凶悪犯人である未成年者たちから、「ヒート」 という新種の麻薬が検出されており、そのヒートの売人がスタンバーグ社の社員であったのみならず、会社ぐるみの犯行の可能性さえあるというものでした。

桐生の遺体は、「実際、それは肉片と骨で出来た屑だった。」 宮條は無謀な捜査が仇となり、志半ばでその生涯を閉じます。

追いつめたのは - 、そして追いつめられたのは槇畑啓介と毬村美里の二人でした。二人は絶望に絶望を上塗りするような、極めて困難な闘いを強いられることになります。結果彼らは救われるのですが、それで終わるわけではありません。背筋が凍るほどの戦慄は、まだまだ続きます。

この本を読んでみてください係数 85/100

魔女は甦る (幻冬舎文庫)

◆中山 七里
1961年岐阜県生まれ。
花園大学文学部国文科卒業。

作品 「切り裂きジャックの告白」「贖罪の奏鳴曲」「追憶の夜想曲」「七色の毒」「さよならドビュッシー」「闘う君の唄を」「嗤う淑女」「連続殺人鬼カエル男」他多数

関連記事

『幻の翼』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『幻の翼』逢坂 剛 集英社 1988年5月25日第一刷 幻の翼 (百舌シリーズ) (集英社文庫

記事を読む

『悪と仮面のルール』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『悪と仮面のルール』中村 文則 講談社文庫 2013年10月16日第一刷 悪と仮面のルール (

記事を読む

『白いしるし』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『白いしるし』西 加奈子 新潮文庫 2013年7月1日発行 白いしるし (新潮文庫) &

記事を読む

『佐渡の三人』(長嶋有)_書評という名の読書感想文

『佐渡の三人』長嶋 有 講談社文庫 2015年12月15日第一刷 佐渡の三人 (講談社文庫)

記事を読む

『藻屑蟹』(赤松利市)_書評という名の読書感想文

『藻屑蟹』赤松 利市 徳間文庫 2019年3月15日初刷 藻屑蟹 (徳間文庫) 一号機

記事を読む

『無理』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『無理』奥田 英朗 文芸春秋 2009年9月30日第一刷 無理(上)  

記事を読む

『森は知っている』(吉田修一)_噂の 『太陽は動かない』 の前日譚

『森は知っている』吉田 修一 幻冬舎文庫 2017年8月5日初版 森は知っている (幻冬舎文

記事を読む

『森に眠る魚』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『森に眠る魚』角田 光代 双葉文庫 2011年11月13日第一刷 森に眠る魚 (双葉文庫)

記事を読む

『線の波紋』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『線の波紋』長岡 弘樹 小学館文庫 2012年11月11日初版 線の波紋 (小学館文庫)

記事を読む

『まずいスープ』(戌井昭人)_書評という名の読書感想文

『まずいスープ』戌井 昭人 新潮文庫 2012年3月1日発行 まずいスープ (新潮文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『合理的にあり得ない』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『合理的にあり得ない』柚月 裕子 講談社文庫 2020年5月15日第

『ただしくないひと、桜井さん』(滝田愛美)_書評という名の読書感想文

『ただしくないひと、桜井さん』滝田 愛美 新潮文庫 2020年5月1

『冬雷』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『冬雷』遠田 潤子 創元推理文庫 2020年4月30日初版 冬

『猫を棄てる』(村上春樹)_父親について語るとき

『猫を棄てる 父親について語るとき』村上 春樹 文藝春秋 2020年

『幸せのプチ』(朱川湊人)_この人の本をたまに読みたくなるのはなぜなんだろう。

『幸せのプチ』朱川 湊人 文春文庫 2020年4月10日第1刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑