『向こう側の、ヨーコ』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『向こう側の、ヨーコ』真梨 幸子 光文社文庫 2020年9月20日初版

向こう側の、ヨーコ (光文社文庫)

1974年生まれの二人の陽子。恋愛小説家として成功した陽子は、幼い頃から、自分が辿るはずだったかわいそうな運命を生きるヨーコの夢を見ていた。一方、夫と一人息子と共に暮らす陽子は、決して贅沢のできない毎日に嫌気がさしていた。家も、職業も、生活も、全てが異なる二人の人生は絶対に交わることはなかったが - 瞬く間に世界が狂い出す、イヤミス最高傑作! (光文社文庫)

独身生活を謳歌する小説家・陽子には、幼い頃からよく見る “夢” がありました。それは、実際とは違う “かわいそうな人生を送る自分” の夢でした。

一方、結婚し夫と息子の三人で暮らす陽子は、現在、大手通販会社の事務センターでパートタイマーとして働いています。彼女は、(とてもありがちなことですが) 平凡な毎日の生活にやや嫌気がさしています。

この物語には、ある背景があります。主に登場する女性たちの全員が 「1974年生まれ」 の、40歳を過ぎたばかりであるということです。もう若くはなく、それぞれが、それぞれに人に言えない屈折を抱えています。

加えて、1974年に生まれた女の子に付けられた名前のランキングを見ると - 例えば、裕子、真由美、久美子、純子 - などを抑えて1位は 「陽子」 だったということ。中年にさしかかり、そろそろ更年期を迎えようかという 「陽子」 が、その頃、いたるところにわんさかいたということです。

こちら側と、「向こう側の、ヨーコ」- ばかりではありません。同じ分だけ生きてきた40を過ぎた女性なら、(その言動に) 裏もあれば表もあります。立場はどうとあれ、陰に隠れて何をしているかわかりません。

事は、殺人事件へと発展します。誰が一番まともで、クールで、客観的なのか? よ~く考えてください。 

※A面とB面それぞれに、男女合わせて多くの人物が登場します。惑わされてはいけません。名前は、時に呼び名やペンネームであったりします。いつも本名とは限りません。それより何より、皆が、正直に事実を述べているとは言い難い中で話は進行します。

安心して下さい。混乱しなくて済むために、最後に、「主な登場人物」 のA・B面ごとの一覧表が載せてあります。

この本を読んでみてください係数 80/100

向こう側の、ヨーコ (光文社文庫)

◆真梨 幸子
1964年宮崎県生まれ。
多摩芸術学園映画科(現、多摩芸術大学映像演劇学科)卒業。

作品 「孤虫症」「えんじ色心中」「殺人鬼フジコの衝動」「深く深く、砂に埋めて」「女ともだち」「あの女」「みんな邪魔」「人生相談」「お引っ越し」他多数

関連記事

『民宿雪国』(樋口毅宏)_書評という名の読書感想文

『民宿雪国』樋口 毅宏 祥伝社文庫 2013年10月20日初版 民宿雪国 (祥伝社文庫)

記事を読む

『ミスター・グッド・ドクターをさがして』(東山彰良)_書評という名の読書感想文

『ミスター・グッド・ドクターをさがして』東山 彰良 幻冬舎文庫 2014年10月10日初版 ミ

記事を読む

『空港にて』(村上龍)_書評という名の読書感想文

『空港にて』村上 龍 文春文庫 2005年5月10日初版 空港にて (文春文庫) &nb

記事を読む

『あの日、君は何をした』(まさきとしか)_書評という名の読書感想文

『あの日、君は何をした』まさき としか 小学館文庫 2020年7月12日初版 あの日、君は何

記事を読む

『満願』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『満願』米澤 穂信 新潮社 2014年3月20日発行 満願 米澤穂信の『満願』をようやく

記事を読む

『緑の毒』桐野夏生_書評という名の読書感想文

『緑の毒』 桐野 夏生 角川文庫 2014年9月25日初版 緑の毒 (角川文庫) &nb

記事を読む

『レキシントンの幽霊』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『レキシントンの幽霊』(沈黙)村上 春樹 文春文庫 1999年10月10日第1刷 レキシントンの幽

記事を読む

『静かな雨』(宮下奈都)_書評という名の読書感想文

『静かな雨』宮下 奈都 文春文庫 2019年6月10日第1刷 静かな雨 (文春文庫)

記事を読む

『ミーナの行進』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ミーナの行進』小川 洋子 中公文庫 2018年11月30日6刷発行 ミーナの行進 (中公文

記事を読む

『元職員』(吉田修一)_書評という名の読書感想文

『元職員』吉田 修一 講談社 2008年11月1日初版 元職員 (100周年書き下ろし)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『その愛の程度』(小野寺史宜)_書評という名の読書感想文

『その愛の程度』小野寺 史宜 講談社文庫 2019年9月13日第1刷

『入らずの森』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『入らずの森』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2016年12月31日第6

『日没』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『日没』桐野 夏生 岩波書店 2020年9月29日第1刷 日没

『小説 ドラマ恐怖新聞』(原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ構成:乙一 ノベライズ:八坂圭)_書評という名の読書感想文

『小説 ドラマ恐怖新聞』原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ

『夜がどれほど暗くても』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『夜がどれほど暗くても』中山 七里 ハルキ文庫 2020年10月8日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑