『ふたりぐらし』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ふたりぐらし』桜木 紫乃 新潮文庫 2021年3月1日発行

ふたりぐらし(新潮文庫)

元映写技師の夫・信好は、看護師の妻・紗弓と二人暮らし。映画脚本家の夢を追い続けて定職はなく、ほぼ妻の稼ぎで食べている。当の妻は、余裕のない生活で子供を望むこと、義母との距離、実母との確執など、家族の形に悩む日々だ。幸せになるために生涯を誓ったはずなのに、夫婦とは、結婚とは、一体何だろう。夫婦が夫婦になっていく “家族のはじまり” を、夫と妻交互の視点で描く連作短編集。(新潮文庫)

不惑の夫・信好には決まった仕事がありません。仕事に就く気がないのは、(映画の) 脚本家になる夢を諦めきれずにいるためです。

妻の紗弓は看護師をしています。二人は狭いアパート暮らしだったのですが、それとても、紗弓の稼ぎがあればこそのことでした。生活はギリギリで、子供を持つことは叶いません。じきに彼女は、三十六歳になります。

節約も最初のころは趣味にすればよしと思っていたけれど、月給のほとんどが生活に消えてゆく日々が続くと心が荒むのか、ときおりやりきれない思いに襲われる。

いつまでこんな感じかな - 子供を持つことも躊躇うような日々が、期限付きではないことが気がかりだった。(「家族旅行」 より)

信好の母・テルが亡くなった後、二人はアパートを出て、テルのかつての住まいであり、信好の実家でもある古い平屋の一軒家へと引っ越します。そこで暮らすと決めたのは、妻の紗弓の方でした。

その後信好は、紗弓の父からの紹介で決まった仕事に就けるのですが、収入は十分といえず、生活は中々に思い通りにはいきません。紗弓がする節約にはさらに磨きがかかり、信好の夢は夢であり続けます。紗弓が母となる期限は、間近に迫っています。

※仕事やお金。老いた親のこと。子供のこと。おまけに、不倫疑惑。二人は大いに悩むのですが、かと言って、慌てる素振りも焦る様子も見せません。流れに任せ、折り合いをつけながら、慎み深く暮らしています。二人は、どこも、何も、不幸に見えません。

結局のところ、これは著者が意図して書いた、究極の “のろけ” 話ではないのかと。そんな風にも思えてきます。こんな夫であったなら、こんな妻であったなら。こんなふたりであったならと - 読んだあなたはきっと思うはずです。

この本を読んでみてください係数  80/100

ふたりぐらし(新潮文庫)

◆桜木 紫乃
1965年北海道釧路市生まれ。
高校卒業後裁判所のタイピストとして勤務。

作品 「起終点駅/ターミナル」「凍原」「氷平線」「ラブレス」「ホテルローヤル」「硝子の葦」「星々たち」「ブルース」「霧/ウラル」「砂上」「家族じまい」他多数

関連記事

『variety[ヴァラエティ]』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『variety[ヴァラエティ]』奥田 英朗 講談社 2016年9月20日第一刷 ヴァラエティ

記事を読む

『ハラサキ』(野城亮)_書評という名の読書感想文

『ハラサキ』野城 亮 角川ホラー文庫 2017年10月25日初版 ハラサキ (角川ホラー文庫)

記事を読む

『八月六日上々天氣』(長野まゆみ)_書評という名の読書感想文

『八月六日上々天氣』長野 まゆみ 河出文庫 2011年7月10日初版 八月六日上々天氣 (河出

記事を読む

『破局』(遠野遙)_書評という名の読書感想文

『破局』遠野 遙 河出書房新社 2020年7月30日初版 破局 第163回芥川賞受賞作

記事を読む

『蓮の数式』(遠田潤子)_書評という名の読書感想文

『蓮の数式』遠田 潤子 中公文庫 2018年1月25日初版 蓮の数式 (中公文庫) 35歳の

記事を読む

『ひなた弁当』(山本甲士)_書評という名の読書感想文

『ひなた弁当』山本 甲士 小学館文庫 2019年3月20日第9刷 ひなた弁当 (小学館文庫)

記事を読む

『ブエノスアイレス午前零時』(藤沢周)_書評という名の読書感想文

『ブエノスアイレス午前零時』藤沢 周 河出書房新社 1998年8月1日初版 ブエノスアイレス午

記事を読む

『ふたりの距離の概算』(米澤穂信)_書評という名の読書感想文

『ふたりの距離の概算』米澤 穂信 角川文庫 2012年6月25日初版 ふたりの距離の概算 (角

記事を読む

『ふたたび嗤う淑女』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『ふたたび嗤う淑女』中山 七里 実業之日本社文庫 2021年8月15日初版第1刷 ふたたび嗤

記事を読む

『家族じまい』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『家族じまい』桜木 紫乃 集英社 2020年11月11日第6刷 家族じまい (集英社文芸単行

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『ある日 失わずにすむもの』(乙川優三郎)_書評という名の読書感想文

『ある日 失わずにすむもの』乙川 優三郎 徳間文庫 2021年12月

『薬指の標本』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『薬指の標本』小川 洋子 新潮文庫 2021年11月10日31刷

『ビオレタ』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『ビオレタ』寺地 はるな ポプラ文庫 2017年4月5日第1刷

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2

『大人は泣かないと思っていた』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『大人は泣かないと思っていた』寺地 はるな 集英社文庫 2021年4

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑