『黛家の兄弟』(砂原浩太朗)_書評という名の読書感想文

『黛家の兄弟』砂原 浩太朗 講談社文庫 2023年12月15日 第1刷発行

謀略、犠牲、裏切り、乱刃、愛憎。高瀬庄左衛門御留書 の感動を超える武家物時代小説

- 未熟は悪でござる」 己の弱さを痛感した青年が過酷な運命を超えて見た景色とは。

神山藩の筆頭家老を代々つとめる黛家。三男の新三郎は道場仲間の由利圭蔵と剣術の腕を磨いていた。転機が訪れ、大目付を務める黒沢家に婿入りした新三郎は裁きを学ぶ。黛家の将来を翻弄する抜き差しならぬ事態が発生。藩内の権力争いに巻き込まれていく三兄弟が選んだそれぞれの道は。山本周五郎賞受賞作。(講談社文庫)

物語は大きく第一部と第二部で構成されています。運命を見定めるにはそれ相応の時間が必要で、時を経たからこそ気付く真実があります。兄弟はそれぞれに、(生死を賭けて) よく堪えたのでした。

本書は 『高瀬庄左衛門御留書』 と同じ架空の藩・神山藩が舞台。主人公は藩の筆頭家老を務める黛家の三男、十七歳の新三郎だ。筆頭家老を継ぐことが決まっている長男の栄之丞はクールで真面目。次男の壮十郎は剣の腕の立つ、磊落な遊び人。母は早くに亡くしたものの、仲のいい兄たちと尊敬できる父のもと、新三郎は三男坊の気楽さから道場仲間との交流や淡い恋など青春の日々を送っていた。

そんなある日、新三郎に縁談が来る。大目付の黒沢家へ婿入りすることが決まったのだ。大目付といえば司法のトップだ。舅や先輩たちについて新三郎は裁きの見習いを始めることになる。人を裁いて時には死を与えるというお役目に重圧を感じるものの、すべては順風満帆 - のはずだった。

ところがある日、黛家の将来を揺るがす大事件が起きる。その影には筆頭家老の地位を狙う漆原内記の策略があった - 。

この大事件が何なのかを書かないことには本書のキモを伝えるのは難しいのだが、そこはやはり本編でお読みいただきたいのでここではボカしておく。一家の誰もが血を吐くような慟哭の中に突き落とされ、筆頭家老の地位をも追われるのだ。その中で、兄弟の固い絆が読者にとっても心の支えとなる。(解説より)

ところが。- さあこの先どうなるかと思いきや、

第二部はいきなり十三年後に飛んだから驚いた。しかも、である。いや、これは言うわけにはいかない。その展開は読者の予想を大きく裏切るものだとだけ言っておこう。(同解説)

※時代小説が格別好きなわけではありません。ただ、たまに、無性に読みたくなることがあります。年を取ったからでしょうか。よくはわからないのですが、勧善懲悪がはっきりし、心置きなく泣いたり笑ったり、感動したり。若い頃には見向きもしなかった、そんな本が読みたくなります。

この本を読んでみてください係数 85/100

◆砂原 浩太朗
1969年兵庫県神戸市生まれ。
早稲田大学第一文学部卒業。

作品 「いのちがけ」「高瀬庄左衛門御留書」「いのちがけ 加賀百万石の礎」「霜月記」「藩邸差配役日日控」 など

関連記事

『水やりはいつも深夜だけど』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『水やりはいつも深夜だけど』窪 美澄 角川文庫 2017年5月25日初版 セレブマ

記事を読む

『むらさきのスカートの女』(今村夏子)_書評という名の読書感想文

『むらさきのスカートの女』今村 夏子 朝日新聞出版 2019年6月20日第1刷 近

記事を読む

『未必のマクベス』(早瀬耕)_書評という名の読書感想文

『未必のマクベス』早瀬 耕 ハヤカワ文庫 2017年7月25日発行 IT企業Jプロトコルの中井優一

記事を読む

『君の膵臓をたべたい』(住野よる)_書評という名の読書感想文

『君の膵臓をたべたい』住野 よる 双葉社 2015年6月21日第一刷 主人公である「僕」が病院で

記事を読む

『この年齢(とし)だった! 』(酒井順子)_書評という名の読書感想文

『この年齢(とし)だった! 』酒井 順子 集英社文庫 2015年8月25日第一刷 中の一編、夭折

記事を読む

『無人島のふたり/120日以上生きなくちゃ日記』(山本文緒)_書評という名の読書感想文

『無人島のふたり/120日以上生きなくちゃ日記』山本 文緒 新潮社 2022年11月30日4刷

記事を読む

『また次の春へ』(重松清)_書評という名の読書感想文

『また次の春へ』重松 清 文春文庫 2016年3月10日第一刷 終わりから、始まる。厄災で断ち切

記事を読む

『そして、バトンは渡された』(瀬尾まいこ)_書評という名の読書感想文

『そして、バトンは渡された』瀬尾 まいこ 文春文庫 2020年9月10日第1刷 幼

記事を読む

『個人教授』(佐藤正午)_書評という名の読書感想文

『個人教授』佐藤 正午 角川文庫 2014年3月25日初版 桜の花が咲くころ、休職中の新聞記者であ

記事を読む

『春の庭』(柴崎友香)_書評という名の読書感想文

『春の庭』柴崎 友香 文春文庫 2017年4月10日第一刷 東京・世田谷の取り壊し間近のアパートに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『パッキパキ北京』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『パッキパキ北京』綿矢 りさ 集英社 2023年12月10日 第1刷

『山亭ミアキス』(古内一絵)_書評という名の読書感想文

『山亭ミアキス』古内 一絵 角川文庫 2024年1月25日 初版発行

『旅する練習』(乗代雄介)_書評という名の読書感想文

『旅する練習』乗代 雄介 講談社文庫 2024年1月16日 第1刷発

『あなたの燃える左手で』(朝比奈秋)_書評という名の読書感想文

『あなたの燃える左手で』朝比奈 秋 河出書房新社 2023年12月1

『漂砂のうたう』(木内昇)_書評という名の読書感想文

『漂砂のうたう』木内 昇 集英社文庫 2015年6月6日 第2刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑