『アルマジロの手/宇能鴻一郎傑作短編集』(宇能鴻一郎)_書評という名の読書感想文

『アルマジロの手/宇能鴻一郎傑作短編集』宇能 鴻一郎 新潮文庫 2024年1月1日 発行

ただならぬ陶酔がここにある。姫君を喰う話に続く傑作!

異様な危うさを孕む表題作の他、月と鮟鱇男」 「魔楽など、官能の極みと人間の源を短編に昇華させた七編。

彼は 「手が・・・・・・・アルマジロの手が」 というばかりだったのです - 。不気味な緊張感を孕む怪奇な作品 「アルマジロの手」、美しい姫君に恋をした狸の哀切 「心中狸」、むさぼり喰らう快楽にとり憑かれた男の無上の幸福 「月と鮟鱇男」 の他、「海亀祭の夜」 「蓮根ボーイ」 「鰻池のナルシス」、そして甘美な爛熟世界に堕ちた男を描く傑作 「魔楽」 を収録。官能の深みと生の哀しみを短編に昇華させた七編。(新潮文庫)

七つの話どれもが面白い。これは間違いありません。官能の極みを描いたものがあり、それとは一味違う、“常ならざるもの“ の妖しさを生々しく描き出したものがあります。一話一話が饒舌で、続けて読むと頭がくらくらします。

冒頭からの二作品の紹介をしましょう。

七編を収録した本作は、どちらかというと官能の色が濃かった従来の短編集とは違い、作品ごとに色合いが様々に変化する宇能文学の万華鏡のごとき特質が表現されている。

表題作の 「アルマジロの手」 と 「心中狸」 は、芥川賞受賞の記者会見で、「学者と作家の両方になりたい」 と語っていた氏の文化人類学や民間伝承への関心を示す作品だ。中南米のメキシコへの旅を舞台にした 「アルマジロの手」 では、追いつめられると、相手を抱きしめ、窒息させてしまう珍獣の生態と女の男に対する愛の宿命を重ねつつ、日本人男性に恋した情熱的なメキシコ人女性の悲劇を描く。

「心中狸」 も、阿波の国に伝わる狸伝説をもとにした語りは学究的だが、そこからの展開では宇能節が炸裂する。嫌われていることは承知しながらも、気位の高い姫君に惚れた狸が、女中に化けて、姫の下のお世話まですることに気の遠くなるほどの悦びを感じるさまが、匂やかに、手触り、舌触りのいい文章でつづられる。

厠でかしずく様子は、こんなふうに美しく始まる。「卵をむいたようなそのお尻の、何とまあ可愛らしく、神々しいばかりに美しかったことでござりましょう」 (続きは本編で/解説より)

微に入り細に入り、描写は続きます。こちらがどうにかなりそうな、狸の、姫君に対するあまりに狂おしく献身的な “奉仕“ のさまは、やがて姫君の、狸に向けた恋情へと変化します。結果、狸が、自分が狸であることを忘れてしまうのは、そんな日々の少し先、思わぬライバルの出現によるものでした。

結論。

本作は一気には読まず、一作一作、噛みしめ、じっくりと味わうことをおすすめする。そうすれば、宇能文学の毒は媚薬にも変わるでしょう。(同解説より)

この本を読んでみてください係数 85/100

◆宇能 鴻一郎
1934年北海道札幌市生まれ。
東京大学文学部国文学科卒業後、同大学院博士課程中退。

作品 「逸楽」「血の聖壇」「痺楽」「べろべろの、母ちゃんは・・・・・・・」「むちむちぷりん」「夢十夜 双面神ヤヌスの谷崎・三島変化」他多数

関連記事

『たそがれどきに見つけたもの』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『たそがれどきに見つけたもの』朝倉 かすみ 講談社文庫 2019年10月16日第1刷

記事を読む

『十二人の死にたい子どもたち』(冲方丁)_書評という名の読書感想文

『十二人の死にたい子どもたち』冲方 丁 文春文庫 2018年10月10日第一刷 廃病院に集結した子

記事を読む

『許されようとは思いません』(芦沢央)_書評という名の読書感想文

『許されようとは思いません』芦沢 央 新潮文庫 2019年6月1日発行 あなたは絶

記事を読む

『誰? 』(明野照葉)_書評という名の読書感想文

『誰? 』明野 照葉 徳間文庫 2020年8月15日初刷 嵌められた、と気づいた時

記事を読む

『くらやみガールズトーク』(朱野帰子)_書評という名の読書感想文

『くらやみガールズトーク』朱野 帰子 角川文庫 2022年2月25日初版 「わたし

記事を読む

『晩夏 少年短篇集』(井上靖)_書評という名の読書感想文

『晩夏 少年短篇集』井上 靖 中公文庫 2020年12月25日初版 たわいない遊び

記事を読む

『妖の掟』(誉田哲也)_書評という名の読書感想文

『妖の掟』誉田 哲也 文春文庫 2022年12月10日第1刷 ヤクザ×警察×吸血鬼

記事を読む

『とんこつQ&A』(今村夏子)_書評という名の読書感想文

『とんこつQ&A』今村 夏子 講談社 2022年7月19日第1刷 真っ直ぐだから怖

記事を読む

『地下鉄に乗って〈新装版〉』(浅田次郎)_書評という名の読書感想文

『地下鉄に乗って〈新装版〉』浅田 次郎 講談社文庫 2020年10月15日第1刷 浅

記事を読む

『残穢』(小野不由美)_書評という名の読書感想文

『残穢』小野 不由美 新潮文庫 2015年8月1日発行 この家は、どこか可怪しい。転居したばかりの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『パッキパキ北京』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『パッキパキ北京』綿矢 りさ 集英社 2023年12月10日 第1刷

『山亭ミアキス』(古内一絵)_書評という名の読書感想文

『山亭ミアキス』古内 一絵 角川文庫 2024年1月25日 初版発行

『旅する練習』(乗代雄介)_書評という名の読書感想文

『旅する練習』乗代 雄介 講談社文庫 2024年1月16日 第1刷発

『あなたの燃える左手で』(朝比奈秋)_書評という名の読書感想文

『あなたの燃える左手で』朝比奈 秋 河出書房新社 2023年12月1

『漂砂のうたう』(木内昇)_書評という名の読書感想文

『漂砂のうたう』木内 昇 集英社文庫 2015年6月6日 第2刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑