『七緒のために』(島本理生)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/13 『七緒のために』(島本理生), 作家別(さ行), 島本理生, 書評(な行)

『七緒のために』島本 理生 講談社文庫 2016年4月15日第一刷

転校した中学で、クラスメイトとは距離をおく多感な少女・七緒と出会った雪子。両親の離婚危機に不安を抱える雪子は、奔放な七緒の言動に振りまわされつつ、そこに居場所を見つけていた。恋よりも特別で濃密な友情が、人生のすべてを染めていた「あの頃」を描く、清冽な救いの物語。他に「水の花火」収録。(講談社文庫解説より)

「小説」を書き出したのが小学生の頃で、15歳で『鳩よ! 』掌編小説コンクールに当選し、年間MVPを受賞。18歳で群像新人文学賞を受賞し、『リトル・バイ・リトル』が芥川賞候補になり、併せて野間文芸新人賞を受賞したのが20歳と言うではないですか!?

まさに、早熟。才気煥発を絵に描いたような、島本理生という作家はちょうどこの物語の主人公・雪子のように、聡明で多感な少女であったに違いありません。

幼い頃の島本理生と雪子 - おそらく2人の少女には、他の同級生たちには見えないものが見えていたのだと思います。ほとんどのクラスメイトにとってその頃はまだ無縁の、(たとえ感じていたとしても)言葉にならない思いを、自在に語ることができたのでしょう。

雪子がそうなら、雪子が知り合った一人のクラスメイト、七緒もまたその年齢には相応しくないほどに多感な少女です。但し、七緒のそれは目立って歪であるような、相手が言うのを見越した上でわざと先手を打つようなところがあります。

七緒は、時に予測のつかない言動をします。出会った当初は翻弄されてばかりいる雪子ですが、それでもその内に心を通わせていきます。やがて2人でいるのがあたり前のようになるのですが、一方で、七緒が明らかにクラスから浮いていることにも気付かされます。

何より七緒は嘘をつきます - 雑誌の読者モデルをしている。小説家である大人の女性と文通しており、とても親しくしている。声をかけられた男性とキスをした - まるで選ばれてそこにいる人ででもあるかのような、見え透いたでたらめを並べ立てます。

そのせいで嘘つきと笑われ、クラスの誰にも相手にされない七緒に対して、雪子は雪子で十分憤ってはいるのですが、それでも突き放すことができません。2人は、ややこしくてやっかいな関係 - まるで「恋愛中」のカップルのようにも思えます。
・・・・・・・・・・
雪子と七緒には、ある共通した「事情」があります。自分ではどうすることもできない大人(親)との関係において、他人(ひと)には言えない思いがあって身動きが取れないでいます。

互いの事情はわかっているのですが、それ故かえって関係はもつれ、疎遠になり、やがて関係そのものが壊れてしまうまでになります。あれほど寄り添っていたのに、まるで恋人同士みたいに付き合っていたはずなのに、最後になって雪子はこんなことを言います。

どうでもよかったのだ。自分さえ守れれば。他人も、七緒のことさえも。幼い笑顔もわざとらしい振る舞いも綺麗すぎる少女小説もむしろ好みじゃなかった。一番大きな嘘をついていたのは私だった。(本文より)

何より危ういのは14歳という年齢で、14歳であるからこその純粋さは、時に自分にしか思いが至らず他者を傷つけ、傷つけたことにも気付かずにいます。気付けば気付いたで死ぬほどの呵責に苦しみ、身の置き場を失くしてしまうような痛みを被ることになります。

その痛みはその年齢でしかわかりようがなく、彼女たちが救いを求める先にいるのは、間違っても「大人」ではありません。心を開こうとすれば、おそらくは彼女ら自身の手で始末をつけるしか、他に方法などありはしないのです。

この本を読んでみてください係数 80/100


◆島本 理生
1983年東京都板橋区生まれ。
立教大学文学部中退。

作品 「シルエット」「リトル・バイ・リトル」「Red」「生まれる森」「ナラタージュ」「君が降る日」「アンダスタンド・メイビー」「よだかの片想い」「夏の裁断」など

関連記事

『残された者たち』(小野正嗣)_書評という名の読書感想文

『残された者たち』小野 正嗣 集英社文庫 2015年5月25日第一刷 尻野浦小学校には、杏奈先

記事を読む

『呪い人形』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『呪い人形』望月 諒子 集英社文庫 2022年12月25日第1刷 [集英社文庫45

記事を読む

『ニムロッド』(上田岳弘)_書評という名の読書感想文

『ニムロッド』上田 岳弘 講談社文庫 2021年2月16日第1刷 仮想通貨をネット

記事を読む

『携帯の無い青春』(酒井順子)_書評という名の読書感想文

『携帯の無い青春』酒井 順子 幻冬舎文庫 2011年6月10日初版 黒電話の前で、「彼」からの電話

記事を読む

『また次の春へ』(重松清)_書評という名の読書感想文

『また次の春へ』重松 清 文春文庫 2016年3月10日第一刷 終わりから、始まる。厄災で断ち切

記事を読む

『おるすばん』(最東対地)_書評という名の読書感想文

『おるすばん』最東 対地 角川ホラー文庫 2019年9月25日初版 絶対にドアを開

記事を読む

『ブルース』(桜木紫乃)_書評という名の読書感想文

『ブルース』桜木 紫乃 文芸春秋 2014年12月5日第一刷 昨年12月に出た桜木紫乃の新刊 『

記事を読む

『人間に向いてない』(黒澤いづみ)_書評という名の読書感想文

『人間に向いてない』黒澤 いづみ 講談社文庫 2020年5月15日第1刷 とある若

記事を読む

『生きるとか死ぬとか父親とか』(ジェーン・スー)_書評という名の読書感想文

『生きるとか死ぬとか父親とか』ジェーン・スー 新潮文庫 2021年3月1日発行 母

記事を読む

『怪物』(脚本 坂元裕二 監督 是枝裕和 著 佐野晶)_書評という名の読書感想文

『怪物』脚本 坂元裕二 監督 是枝裕和 著 佐野晶 宝島社文庫 2023年5月8日第1刷

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『悪逆』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『悪逆』黒川 博行 朝日新聞出版 2023年10月30日 第1刷発行

『エンド・オブ・ライフ』(佐々涼子)_書評という名の読書感想文

『エンド・オブ・ライフ』佐々 涼子 集英社文庫 2024年4月25日

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』(清武英利)_書評という名の読書感想文

『アトムの心臓 「ディア・ファミリー」 23年間の記録』清武 英利 

『メイド・イン京都』(藤岡陽子)_書評という名の読書感想文

『メイド・イン京都』藤岡 陽子 朝日文庫 2024年4月30日 第1

『あいにくあんたのためじゃない』(柚木麻子)_書評という名の読書感想文

『あいにくあんたのためじゃない』柚木 麻子 新潮社 2024年3月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑