『ぼくは悪党になりたい』(笹生陽子)_書評という名の読書感想文

『ぼくは悪党になりたい』笹生 陽子 角川書店 2004年6月30日初版


ぼくは悪党になりたい (角川文庫)

 

この小説は、多感な17歳の高校生・兎丸エイジ君の青春記です。

タイトルから想像するに、若者の病んだ精神がズタズタに切り刻まれるような凄惨さに溢れた話かなと思ったのですが、ひどい勘違いでした。

笹生陽子が元来児童文学作家であることが影響してかどうか、作品は全体として善意に包まれた暖かい色調の仕上がりになっています。

良く言えば、軽やかで最後までストレスなく読めます。逆に悪く言ってしまうと、薄味で刺激不足ということでしょうか。

・・・・・・・・・・

エイジの家は母子家庭で、家族は母親のユリコ、父親の違う弟のヒロトの3人家族です。

母親のユリコは、シングルマザー。輸入雑貨のバイヤーとして、年に数回世界各地に新商品を買いつけに行くというキャリアウーマンです。

若い頃からユリコは奔放で、エイジもヒロトも実の父親が誰なのか知らないまま育っています。

エイジは日頃から母親代わりで、炊事洗濯、ゴミ捨てなど家事全般をこなす、いまどき珍しい「できた」高校生でした。

ユリコが長期の海外出張で家を留守にした途端、事は発生します。

まず、弟のヒロトが熱を出して寝込んでしまいます。

修学旅行をまじかにしたエイジは考えあぐねた末、母親の「緊急時用」のアドレス帳から適当に選んだ「杉尾ヒデノリ」という男性に電話をして窮状を訴えます。

杉尾はすぐに駆けつけるのですが、「こんなに早く出会えるとは思ってなかった。驚いた」...妙なせりふを呟きます。

 

一方、エイジには羊谷という、めっぽうイケメンの親友がいました。ある日、羊谷の恋人・アヤからエイジは相談を受けます。

羊谷の様子が最近おかしい、浮気の調査をしてほしいとアヤは言うのです。

エイジが直接羊谷に問い質すと、羊谷はおよそ予想もしない奇妙なことの経緯を説明し出すのでした。

羊谷のことで頻繁に連絡を取り合うようになったエイジとアヤはやがて男女の仲になり、それは思わぬ事態へと展開して行きます。

・・・・・・・・・・

羊谷、杉尾、そしてアヤのキャラが際立ちます。母親のユリコは、思ったほどの絡みがなくて少々影が薄い感じです。

最初に書いたように、登場人物は基本的に善意ある常識人ばかりです。

アヤだけは最後までワルなのですが、家がかなりの資産家で親があっさりと娘の尻拭いをしてしまうところなどはちょっと拍子抜けしてしまいます。

いずれにせよ、読む前に勝手にイメージした悪意はどこにも見当たりません。(あくまでも私のイメージです)

エイジが『ぼくは悪党になりたい』などと思うこと自体が、彼がすこぶる真っ当で年齢に相応しい若者である何よりの証拠なのです。

 

この本を読んでみてください係数 70/100


ぼくは悪党になりたい (角川文庫)

◆笹生 陽子

1964年東京都生まれ。

慶應義塾大学文学部人間関係学科人間科学専攻卒業。

作品 「きのう、火星に行った。」「ぼくらのサイテーの夏」「さよならワルガキング」「楽園のつくりかた」「世界がぼくを笑っても」「空色バトン」など

◇ブログランキング

応援クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『ホーンテッド・キャンパス』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『ホーンテッド・キャンパス』櫛木 理宇 角川ホラー文庫 2012年12月25日初版 ホーンテッ

記事を読む

『陽だまりの彼女』(越谷オサム)_書評という名の読書感想文

『陽だまりの彼女』越谷 オサム 新潮文庫 2011年6月1日発行 陽だまりの彼女 (新潮文庫)

記事を読む

『貘の耳たぶ』(芦沢央)_取り替えた、母。取り替えられた、母。

『貘の耳たぶ』芦沢 央 幻冬舎文庫 2020年2月10日初版 貘の耳たぶ (幻冬舎文庫)

記事を読む

『僕が殺した人と僕を殺した人』(東山彰良)_書評という名の読書感想文

『僕が殺した人と僕を殺した人』東山 彰良 文藝春秋 2017年5月10日第一刷 僕が殺した人と

記事を読む

『憤死』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『憤死』綿矢 りさ 河出文庫 2015年3月20日初版 憤死 (河出文庫)  

記事を読む

『白衣の嘘』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『白衣の嘘』長岡 弘樹 角川文庫 2019年1月25日初版 白衣の嘘 (角川文庫) 苦

記事を読む

『はるか/HAL – CA』(宿野かほる)_書評という名の読書感想文

『はるか/HAL - CA』宿野 かほる 新潮文庫 2021年10月1日発行 はるか (新潮

記事を読む

『ハーレーじじいの背中』(坂井希久子)_書評という名の読書感想文

『ハーレーじじいの背中』坂井 希久子 双葉文庫 2019年1月13日第一刷 ハーレーじじいの

記事を読む

『墓標なき街』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『墓標なき街』逢坂 剛 集英社文庫 2018年2月25日初版 墓標なき街 (集英社文庫)

記事を読む

『八号古墳に消えて』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『八号古墳に消えて』黒川博行 創元推理文庫 2004年1月30日初版 八号古墳に消えて (創元

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ビオレタ』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『ビオレタ』寺地 はるな ポプラ文庫 2017年4月5日第1刷

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2

『大人は泣かないと思っていた』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『大人は泣かないと思っていた』寺地 はるな 集英社文庫 2021年4

『雪が降る』(藤原伊織)_書評という名の読書感想文

『雪が降る』藤原 伊織 角川文庫 2021年12月25日初版

『リリアン』(岸政彦)_書評という名の読書感想文

『リリアン』岸 政彦 新潮社 2021年2月25日発行 リリア

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑