『本心』(平野啓一郎)_書評という名の読書感想文

『本心』平野 啓一郎 文春文庫 2023年12月10日 第1刷

マチネの終わりに』 『ある男に続く、平野啓一郎 感動の最新長篇!  愛する人の本当の心を、あなたは知っていますか?

心配だっただけでなく、母は本当は、僕を恥じていたのではなかったか? ロスジェネ世代に生まれ、シングルマザーとして生きてきた母が、生涯隠し続けた事実とは -  急逝した母を、AI/VR技術で再生させた青年が経験する魂の遍歴。

〇四半世紀後の日本を舞台に、愛と幸福の真実を問いかける、分人主義の最先端。

〇ミステリー的な手法を使いながらも、「死の自己決定」 「貧困」 「社会の分断」 といった、現代人がこれから直面する課題を浮き彫りにし、愛と幸福の真実を問いかける平野文学の到達点。

〇読書の醍醐味を味合わせてくれる本格小説。

あらすじ

舞台は、「自由死」 が合法化された近未来の日本。最新技術を使い、生前そっくりの母を再生させた息子は、「自由死」 を望んだ母の、〈本心〉 を探ろうとする。
母の友人だった女性、かつて交際関係のあった老作家…….。それらの人たちから語られる、まったく知らなかった母のもう一つの顔。
さらには、母が自分に隠していた衝撃の事実を知る - 。(『本心』 特設サイトより)

テーマは 「最愛の人の他者性」。これは愛と分人主義の物語であり、その最先端を行くものです。(と言われても) そもそも “分人主義“ などという言葉をはじめて知りましたというあなたに、著者が書いた分人主義についての解説を紹介しましょう。この小説を読む上でとても重要で、あなたの実生活においても必ずや有益だと思います。心して読んでください。

平野啓一郎 「分人主義」 OFFICIAL SITEより

本当の自分はひとつじゃない 「個人から分人

「分人dividual」 とは、「個人individual」 に代わる新しい人間のモデルとして提唱された概念です。

「個人」 は、分割することの出来ない一人の人間であり、その中心には、たった一つの 「本当の自分」 が存在し、さまざまな仮面 (ペルソナ) を使い分けて、社会生活を営むものと考えられています。

これに対し、「分人」 は、対人関係ごと、環境ごとに分化した、異なる人格のことです。中心に一つだけ 「本当の自分」 を認めるのではなく、それら複数の人格すべてを 「本当の自分」 だと捉えます。この考え方を 「分人主義」 と呼びます。

環境や職場、家庭でそれぞれの人間関係があり、ソーシャル・メディアのアカウントを持ち、背景の異なる様々な人に触れ、国内外を移動する私たちは、今日、幾つもの 「分人」 を生きています。

自分自身を、更には自分と他者との関係を、「分人主義」 という観点から見つめ直すことで、自分を全肯定する難しさ、全否定してしまう苦しさから解放され、複雑化する先行き不透明な社会を生きるための具体的な足場を築くことが出来ます。

「分人主義」 から、「私とは何か」 を考えてみましょう。

※近い将来起こるであろう愛と幸福の物語 - 安心してください。やたら堅苦しい哲学論が展開されるわけではありません。思うように生きられない 「僕」 が登場し、亡くなった僕の最愛の 「母」 が登場し、偶然の成り行きで僕と同居することになる、かつての母の年の離れた友人 (女性) の 「三好」 が登場し、その界隈では超がつくほど有名なアバター・デザイナー 「イフィー」 が登場します。

ある者はとても貧しく、ある者は桁外れの金持ちで、またある者は、人に言えない過去を抱えています。彼らは、滅多なことでは 「本心」 を言いません。

この本を読んでみてください係数  80/100

◆平野 啓一郎
1975年愛知県生まれ。
京都大学法学部卒業。

作品 「日蝕」「葬送」「滴り落ちる時計たちの波紋」「決裂」「ドーン」「空白を満たしなさい」「透明な迷宮」「ある男」「マチネの終わりに」「死刑について」他

関連記事

『あなたの本/Your Story 新装版』(誉田哲也)_書評という名の読書感想文

『あなたの本/Your Story 新装版』誉田 哲也 中公文庫 2022年8月25日改版発行

記事を読む

『ビニール傘』(岸政彦)_書評という名の読書感想文

『ビニール傘』岸 政彦 新潮社 2017年1月30日発行 共鳴する街の声 - 。絶望と向き合い、そ

記事を読む

『優しくって少しばか』(原田宗典)_書評という名の読書感想文

『優しくって少しばか』原田 宗典 1986年9月10日第一刷 つい最近のことです。「文章が上手い

記事を読む

『ふくわらい』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『ふくわらい』西 加奈子 朝日文庫 2015年9月30日第一刷 マルキ・ド・サドをもじって名づ

記事を読む

『御不浄バトル』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『御不浄バトル』羽田 圭介 集英社文庫 2015年10月25日第一刷 僕が入社したのは、悪徳ブ

記事を読む

『白衣の嘘』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『白衣の嘘』長岡 弘樹 角川文庫 2019年1月25日初版 苦手な縫合の練習のため

記事を読む

『パイナップルの彼方』(山本文緒)_書評という名の読書感想文

『パイナップルの彼方』山本 文緒 角川文庫 2022年1月25日改版初版発行 生き

記事を読む

『ミスター・グッド・ドクターをさがして』(東山彰良)_書評という名の読書感想文

『ミスター・グッド・ドクターをさがして』東山 彰良 幻冬舎文庫 2014年10月10日初版 医

記事を読む

『望郷』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『望郷』湊 かなえ 文春文庫 2016年1月10日第一刷 暗い海に青く輝いた星のような光。母と

記事を読む

『坊さんのくるぶし/鎌倉三光寺の諸行無常な日常』(成田名璃子)_書評という名の読書感想文

『坊さんのくるぶし/鎌倉三光寺の諸行無常な日常』成田 名璃子 幻冬舎文庫 2019年2月10日初版

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『パッキパキ北京』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『パッキパキ北京』綿矢 りさ 集英社 2023年12月10日 第1刷

『山亭ミアキス』(古内一絵)_書評という名の読書感想文

『山亭ミアキス』古内 一絵 角川文庫 2024年1月25日 初版発行

『旅する練習』(乗代雄介)_書評という名の読書感想文

『旅する練習』乗代 雄介 講談社文庫 2024年1月16日 第1刷発

『あなたの燃える左手で』(朝比奈秋)_書評という名の読書感想文

『あなたの燃える左手で』朝比奈 秋 河出書房新社 2023年12月1

『漂砂のうたう』(木内昇)_書評という名の読書感想文

『漂砂のうたう』木内 昇 集英社文庫 2015年6月6日 第2刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑