『新宿鮫』(大沢在昌)_書評という名の読書感想文(その2)

公開日: : 『新宿鮫』(大沢在昌), 書評(さ行)

『新宿鮫』(その2)大沢 在昌 光文社(カッパ・ノベルス) 1990年9月25日初版


新宿鮫 (光文社文庫)

書評その1はコチラ↓
『新宿鮫』(大沢在昌)_書評という名の読書感想文(その1)

 

新宿歌舞伎町のラブホテル街で発生した射殺事件では、2人の現職警官が死亡しました。

被害者の2人は、一発の銃弾で命を落としています。使用された銃が特定できないこともあって、警察は詳しい状況の公表を先延ばしにしています。
弾道検査の腕には定評がある鑑識課員の藪は、射殺に使用された銃についての見解を鮫島に打ち明けます。藪は、数少ない鮫島の理解者の一人でした。

鮫島は射殺事件の捜査には加わらず、単独で木津を追っています。銃の密造にかけてはプロの木津を潰すためには、製造現場の「工房」をどうしても突き止める必要がありました。
かつて鮫島は木津を逮捕したことがあります。しかし、最後まで工房の所在が分からず仕舞いだったために、木津の刑罰が大幅に軽減されるという因縁がありました。
そんな中、再び制服警官を狙った射殺事件が発生します。今度は、パトカーで警ら中の警官を、バイクを車の真横につけた犯人がガラス越しに狙ったものでした。

スナックから出てきた木津が向かったのは、平久川の支流に面した路地でした。立ち並ぶ船宿の一軒「富川丸」へ入って行きます。
「富川丸」の主人・富川と木津は中学時代のダチで、富川は木津の仕事を承知の上で「工房」への送迎役を引受けていたのです。
「工房」は、平久川から枝川橋を抜けて東雲東運河に入った貯木場の手前にありました。その建物は「宮間運輸」の倉庫でした。

藪の他にもう一人、署内には鮫島の理解者がいます。防犯課の課長・桃井です。桃井は周囲からマンジュウ(死人)と皮肉られる人物ですが、その理由を鮫島は知っています。
木津の「工房」が押さえられるかも知れないこと、警官殺しの犯人が木津の「製品」を使っている可能性について、鮫島はこれまでの捜査過程を桃井に説明します。
逮捕状と捜査令状を請求する鮫島ですが、請求すれば捜査は鮫島の手を離れます。桃井は、令状を必要としない現行犯逮捕を鮫島に委ねます。

そして、遂に鮫島は木津の「工房」へ踏み込むのでした。

一方の警官射殺事件。三度目の事件発生を受けて、捜査は佳境に向かって動き始めます。

木津はホモセクシャルで、カズオという愛人がいました。そのカズオが木津のマンションから銃らしきものを持ち出して、行方が分からなくなっていたのです。
カズオ、本名・宮内和雄の居所を追うことによって、事件の全容が少しずつ明らかになってきます。

ちょっとネタバレぎみになってしまいますが、最終的にカズオは射殺犯ではありません。カズオを起点として捜査が進展して行き、最後には犯人に行き着くわけですが、
しっかり読んでいないと、この犯人が脈絡なく突然現れたように思えてしまうかも知れません。
しかし、犯人は必然性をもって必ず小説のなかに潜んでいるのです。ハードボイルド小説に不要な人物は登場しません。

ラストにかけて鮫島の恋人・晶があわやという場面もありますが、安心してください。鮫島と晶の恋は始まったばかりです。
晶、桃井課長、藪は、鮫島を支える重要な役どころです。頭の片隅に留めておいてください。

 

『新宿鮫』(大沢在昌)_書評という名の読書感想文(その1)

 

この本を読んでみてください係数 95/100


新宿鮫 (光文社文庫)

◆大沢 在昌

1956年愛知県名古屋市生まれ。

慶應義塾大学法学部中退。文化学院創作コース中退。

作品 「感傷の街角」「深夜曲馬団」「新宿鮫 無間人形」「心では重すぎる」「パンドラ・アイランド」「狼花 新宿鮫IX」「海と月の迷路」他多数

◇ブログランキング

応援クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『十九歳のジェイコブ』(中上健次)_書評という名の読書感想文

『十九歳のジェイコブ』中上 健次 角川文庫 2006年2月25日改版初版発行 十九歳のジェイコブ

記事を読む

『職業としての小説家』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『職業としての小説家』村上 春樹 新潮文庫 2016年10月1日発行 職業としての小説家 (新

記事を読む

『サンブンノニ』(木下半太)_書評という名の読書感想文

『サンブンノニ』木下 半太 角川文庫 2016年2月25日初版 サンブンノニ (角川文庫)

記事を読む

『スクラップ・アンド・ビルド』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『スクラップ・アンド・ビルド』羽田 圭介 文芸春秋 2015年8月10日初版 スクラップ・アン

記事を読む

『17歳のうた』(坂井希久子)_書評という名の読書感想文

『17歳のうた』坂井 希久子 文春文庫 2019年5月10日第1刷 17歳のうた (文春文庫

記事を読む

『死者のための音楽』(山白朝子)_書評という名の読書感想文

『死者のための音楽』山白 朝子 角川文庫 2013年11月25日初版 死者のための音楽 (角

記事を読む

『白いしるし』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『白いしるし』西 加奈子 新潮文庫 2013年7月1日発行 白いしるし (新潮文庫) &

記事を読む

『邪魔』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『邪魔』奥田 英朗 講談社 2001年4月1日第一刷 邪魔(上) (講談社文庫) &nb

記事を読む

『十字架』(重松清)_書評という名の読書感想文

『十字架』重松 清 講談社文庫 2012年12月14日第一刷 十字架 (講談社文庫) &

記事を読む

『錆びる心』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『錆びる心』桐野 夏生 文芸春秋 1997年11月20日初版 錆びる心 (文春文庫) &

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『歪んだ波紋』(塩田武士)_書評という名の読書感想文

『歪んだ波紋』塩田 武士 講談社文庫 2021年11月16日第1刷

『監獄に生きる君たちへ』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『監獄に生きる君たちへ』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2021年

『正しい愛と理想の息子』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『正しい愛と理想の息子』寺地 はるな 光文社文庫 2021年11月2

『日輪の遺産/新装版』(浅田次郎)_書評という名の読書感想文

『日輪の遺産/新装版』浅田 次郎 講談社文庫 2021年10月15日

『虚談』(京極夏彦)_この現実はすべて虚構だ/書評という名の読書感想文

『虚談』京極 夏彦 角川文庫 2021年10月25日初版 虚談

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑