『新宿鮫』(大沢在昌)_書評という名の読書感想文(その1)

公開日: : 『新宿鮫』(大沢在昌), 書評(さ行)

『新宿鮫』(その1)大沢 在昌 光文社(カッパ・ノベルス) 1990年9月25日初版


新宿鮫 (光文社文庫)

 

大沢在昌が好きである。

 

『新宿鮫』を初めて読んだのはもう随分昔のことですが、2011年にはシリーズの第10作『絆回廊 新宿鮫Ⅹ』が刊行されています。人気の衰えない長編ハードボイルド小説なのです。

以前にも書きましたが、高村薫の「合田雄一郎」、逢坂剛の「倉木尚武」、そして大沢在昌の「鮫島」、この3名は警察小説における私にとってのベストヒーローなのです。

彼らが登場する新刊を待ちかねて、空いた時間を埋めるために別の本を読んでいたような時期がずっと続いていました。

・・・・・・・・・・

大沢在昌にとってのハードボイルドとは、「惻隠の情」であり、「傍観者のセンチメンタリズム」である、と本人が語っています。

自らの生き方を貫いて、いかなる犠牲を払ってでも闘いから逃げることはありません。言い訳をせず、見返りを求めません。黙して語らないのです。

主人公が安全地帯にいることはなく、ぎりぎりのところで示す優しさや思いやりが胸を打ちます。

鮫島は組織のお荷物で、どこまでも報われません。24歳で警部補、25歳で警部に昇進したキャリア組ですが、わけあって36歳の現在も警部のままです。

警視庁勤務を外され新宿署へ異動していますが、本来の職位は無視され防犯係の一刑事に成り下がっています。

警察組織にいる限り鮫島に明るい将来はなく、逆に隙あらば失職しかねない危うい立場です。

捜査はいつも単独、危険人物と一緒に捜査をしようという同僚はいません。鮫島は組織のアウトサイダーで、完全に浮いた存在でした。

署内の誰もが腫物に触るように鮫島と接し、なるだけ関わり合いになるのを避けています。それは鮫島がキャリア制度のおちこぼれであるからだけでなく、日本の警察機構そのものに反逆した警察官であることを、皆が薄々勘づいているからでした。

新宿署防犯課に在籍する三年間で、鮫島は記録的な重要犯罪犯検挙率を生み出します。

そして、追われる側からは、音もなく近づき、不意に襲いかかってくる新宿署の一匹狼刑事への恐怖をこめて「新宿鮫」という渾名が鮫島につけられたのでした。

ロックバンド『フーズ・ハニー』のボーカル・晶(しょう)..鮫島が晶と知り合ったのは、トルエンの卸しグループを追っているときでした。

売人の少年がヤクザに刺されるという事件が発端で、グループのリーダ格・克次の行方を捜すなかで、鮫島は克次の恋人・秋月美加に会おうとして晶のアパートを訪れたのでした。

克次と晶はバンド仲間、美加と晶は親しい友人でした。ライブハウスで克次をヤクザから救い出した翌日、鮫島は晶のアパートを再び訪ねます。

歌詞作りに苦心する晶に何気なく助言する鮫島。鮫島は、晶のライブへ行くことを約束します。

およそ警察官の恋人らしくない晶ですが、彼女が、鮫島の孤独な闘いの傷を癒してくれる唯一の存在になるまでに、さほどの時間はかかりません。

小説の前半は、後に新宿のラブホテル街で発生する警官射殺事件の背景として、鮫島が木津という男を捜している場面から始まります。

途中に22歳のロック・シンガー・晶との出会いを挟んで、鮫島がなぜ現在のような境遇に据え置かれているのかが詳細に語られます。

それは、警察という巨大な権力組織を敵に回しながら、なおもその組織に留まり続ける鮫島にとっては抗えない悲劇としか言えないものでした。

長く続くシリーズの原点です。孤高の刑事「新宿鮫」が誕生した背景をしかとご確認ください。

小説の後半、警官射殺事件に深く絡む木津という男の正体と射殺事件の行方は、改めて『新宿鮫』(その2)をお読みいただけると幸いです。

書評その2へ→『新宿鮫』(大沢在昌)_書評という名の読書感想文(その2)

 

この本を読んでみてください係数 95/100


新宿鮫 (光文社文庫)

◆大沢 在昌

1956年愛知県名古屋市生まれ。

慶應義塾大学法学部中退。文化学院創作コース中退。

作品 「感傷の街角」「深夜曲馬団」「新宿鮫 無間人形」「心では重すぎる」「パンドラ・アイランド」「狼花 新宿鮫IX」「海と月の迷路」他多数

◇ブログランキング

応援クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『十九歳のジェイコブ』(中上健次)_書評という名の読書感想文

『十九歳のジェイコブ』中上 健次 角川文庫 2006年2月25日改版初版発行 十九歳のジェイコブ

記事を読む

『サムのこと 猿に会う』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『サムのこと 猿に会う』西 加奈子 小学館文庫 2020年3月11日初版 サムのこと 猿に会

記事を読む

『猿の見る夢』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『猿の見る夢』桐野 夏生 講談社 2016年8月8日第一刷 猿の見る夢 薄井正明、59歳。元

記事を読む

『死にぞこないの青』(乙一)_書評という名の読書感想文

『死にぞこないの青』乙一 幻冬舎文庫 2001年10月25日初版 死にぞこないの青 (幻冬舎文

記事を読む

『死んでもいい』(櫛木理宇)_彼ら彼女らの、胸の奥の奥

『死んでもいい』櫛木 理宇 早川書房 2020年4月25日発行 死んでもいい (ハヤカワ文庫

記事を読む

『色彩の息子』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『色彩の息子』山田 詠美 集英社文庫 2014年11月25日初版 色彩の息子 (集英社文庫)

記事を読む

『その話は今日はやめておきましょう』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『その話は今日はやめておきましょう』井上 荒野 毎日新聞出版 2018年5月25日発行 その話

記事を読む

『白い部屋で月の歌を』(朱川湊人)_書評という名の読書感想文

『白い部屋で月の歌を』 朱川 湊人 角川ホラー文庫 2003年11月10日初版 白い部屋で月の

記事を読む

『宰相A』(田中慎弥)_書評という名の読書感想文

『宰相A』田中 慎弥 新潮文庫 2017年12月1日発行 宰相A (新潮文庫) 揃いの国民服

記事を読む

『純子』(赤松利市)_書評という名の読書感想文

『純子』赤松 利市 双葉社 2019年7月21日第1刷 純子 四国の辺鄙な里に生まれた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『わたしの本の空白は』(近藤史恵)_書評という名の読書感想文

『わたしの本の空白は』近藤 史恵 ハルキ文庫 2021年7月18日第

『太陽と毒ぐも』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『太陽と毒ぐも』角田 光代 文春文庫 2021年7月10日新装版第1

『夏の終わりの時間割』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『夏の終わりの時間割』長岡 弘樹 講談社文庫 2021年7月15日第

『スイート・マイホーム』(神津凛子)_書評という名の読書感想文

『スイート・マイホーム』神津 凛子 講談社文庫 2021年6月15日

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(ブレイディみかこ)_書評という名の読書感想文

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレイディみかこ 新潮

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑