『すべての男は消耗品である』(村上龍)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2015/04/28 『すべての男は消耗品である』(村上龍), 作家別(ま行), 書評(さ行), 村上龍

『すべての男は消耗品である』村上 龍 KKベストセラーズ 1987年8月1日初版

すべての男は消耗品である (集英社文庫)

 

村上龍が好きである。

 

1987年といえば、村上龍が作家デビューして約10年、35歳の頃です。

私にとって村上龍はちょっと歳の離れた兄貴くらいの年齢で、当時はえらいイケイケの兄ちゃんやなぁと思っていた程度でした。

歳が近いのと、デビュー作の『限りなく透明に近いブルー』が自分の住む世界とはあまりにも別世界の話に思えて、長い間遠目から眺めるだけで読まずにいました。

そんなとき、この『すべての男は消耗品である』が出版されたのです。

私の年齢に近い=村上龍とほぼ同世代の、多くの男性がこの本のタイトルに惹きつけられ、思わず手に取ったはずです。何とも衝撃的な本でした。

瞬く間にベストセラーになり、その後長くシリーズ化されていることが不動の人気を何より証明しています。

本の内容については、美人で凄腕の評論家、今は亡き島森路子女史の言葉が端的です。
「村上龍は自分の信じたことを言う。自分で見たこと聞いたこと触ったこと感じたこと、ともかく自分の実感を信じてものを言う。
それが、周りから見て、どんなふうに見えるかなんて気にしていない。」

冒頭の章「かわいい女とかわいくない女」で、かわいい女が出来あがるためには父親の存在が重要だと説明するくだりで、
いきなり「ブスは論外だ。ブスにも素晴らしい女はいるが、内面の輝きが表層に表れるというのは、ひとつの転倒にすぎない。」とバッサリ言ってしまうわけです。
続いて、
「ブスの中にも社会的に素晴らしい女はいる。有用な女だ。だが、最近の女性雑誌がよく特集しているように、内面を磨けば顔形まで美しくなるというのは大嘘だ。」

世の男性は「そうだ!その通りなのだ」と、失礼ながらも、深く頷いてしまうわけです。

こんなにストレートに言っていいのかよ、とどこかで罪悪感めいた気持ちを抱きつつ、でもこれってホントのこと言ってるよなと感じ入ってしまうのです。

これはあくまでも一例です。村上龍は女性を貶めるために書いているのではなく、あくまで女性は強く、男性は使い捨ての消耗品であるということが言いたいのです。

ただその言い方が辛辣で、容赦がない分多くのバッシングも受けています。

●美醜、生まれ、育ち、運命、それらはすべて才能の一部だ
●セックスに必要なものは体力だ、愛じゃない
●若くて、きれいな女には絶対かなわない
●「美人は三日で飽きる」というのはブスの自殺を救うための嘘である
●農耕民族の男にホレる女はみんなクズだ
●小説家はOLに憧れている
●優秀なキャリアウーマンは知性を必要としない
●男の犯罪と芸術はすべて勃起をおさえるために発生する
●曖昧でない男女関係など、火星に行っても心中の途中でも、ありはしない

目次を拾い書きしてみました。どうです? これだけでも刺激的でしょ。こんな風に書いてるひと、村上龍以外に私は知りません。

 

1987年といえば、NTTが初めて携帯電話サービスを開始した年です。麻原彰晃がオウム真理教を設立したのもこの年です。
映画「マルサの女」が大ヒットし、6月には日経平均が25,000円を越えました。米国で岡本綾子がプロゴルフの賞金女王になり、巨人の江川は11月に引退を表明しています。
年の瀬が近づく11月29日には、金賢姫による大韓航空機爆破事件が発生しています。

書籍では、俵万智の『サラダ日記』、村上春樹の『ノルウェイの森』などがベストセラーになっています。

そして村上龍は、長編では『69 sixty nine』『愛と幻想のファシズム』、短編では『走れ!タカハシ』『ニューヨーク・シティ・マラソン』などの小説を発表しています。

同輩の皆さん、まだまだ腫れ物に触るように女性と接していた、若かりしあの頃を少しでも思い出してもらえたでしょうか。

 

この本を読んでみてください係数 90/100

 


すべての男は消耗品である (集英社文庫)

◆村上 龍

1952年長崎県佐世保市生まれ。本名は村上龍之助。父は美術教師、母は数学教師だった。

武蔵野美術大学造形学部中退。

作品 「限りなく透明に近いブルー」「コインロッカー・ベイビーズ」「愛と幻想のファシズム」「五分後の世界」「インザ・ミソスープ」「希望の国のエクソダス」「半島を出よ」他多数

◇ブログランキング

応援クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『スメル男 (新装版)』(原田宗典)_書評という名の読書感想文

『スメル男 (新装版)』原田 宗典 講談社文庫 2021年1月15日第1刷 スメル男 新装版

記事を読む

『死者のための音楽』(山白朝子)_書評という名の読書感想文

『死者のための音楽』山白 朝子 角川文庫 2013年11月25日初版 死者のための音楽 (角

記事を読む

『猿の見る夢』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『猿の見る夢』桐野 夏生 講談社 2016年8月8日第一刷 猿の見る夢 薄井正明、59歳。元

記事を読む

『ある女の証明』(まさきとしか)_まさきとしかのこれが読みたかった!

『ある女の証明』まさき としか 幻冬舎文庫 2019年10月10日初版 ある女の証明 (幻冬

記事を読む

『1973年のピンボール』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『1973年のピンボール』村上 春樹 講談社 1980年6月20日初版   1

記事を読む

『純喫茶』(姫野カオルコ)_書評という名の読書感想文

『純喫茶』姫野 カオルコ PHP文芸文庫 2016年3月22日第一刷 純喫茶 (PHP文芸文庫

記事を読む

『さよなら渓谷』(吉田修一)_書評という名の読書感想文

『さよなら渓谷』 吉田 修一 新潮社 2008年6月20日発行 さよなら渓谷 (新潮文庫)

記事を読む

『サンティアゴの東 渋谷の西』(瀧羽麻子)_書評という名の読書感想文

『サンティアゴの東 渋谷の西』瀧羽 麻子 講談社文庫 2019年5月15日第1刷 サンティア

記事を読む

『最後の命』(中村文則)_書評という名の読書感想文

『最後の命』中村 文則 講談社文庫 2010年7月15日第一刷 最後の命 (講談社文庫) 中村文

記事を読む

『死体でも愛してる』(大石圭)_書評という名の読書感想文

『死体でも愛してる』大石 圭 角川ホラー文庫 2020年8月25日初版 死体でも愛してる (

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『ビオレタ』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『ビオレタ』寺地 はるな ポプラ文庫 2017年4月5日第1刷

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2

『大人は泣かないと思っていた』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『大人は泣かないと思っていた』寺地 はるな 集英社文庫 2021年4

『雪が降る』(藤原伊織)_書評という名の読書感想文

『雪が降る』藤原 伊織 角川文庫 2021年12月25日初版

『リリアン』(岸政彦)_書評という名の読書感想文

『リリアン』岸 政彦 新潮社 2021年2月25日発行 リリア

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑