『1R 1分34秒』(町屋良平)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2021/10/17 『1R 1分34秒』(町屋良平), 作家別(ま行), 書評(あ行), 町屋良平

『1R 1分34秒』町屋 良平 新潮社 2019年1月30日発行

第160回芥川賞受賞 1R1分34秒

デビュー戦を初回KOで飾ってから三敗一分。当ったかもしれないパンチ、これをしておけば勝てたかもしれない練習。考えすぎてばかりいる21歳プロボクサーのぼくは自分の弱さに、その人生に厭きていた。長年のトレーナーにも見捨てられ、変わり者のウメキチとの練習の日々が、ぼくを、その心身を、世界を変えていく--。(新潮社)

第160回芥川賞受賞作

21歳の 「ぼく」 の、ボクシングの話。

ボクシングの事ばかりが書いてあります。

彼はれっきとしたプロボクサーで、デビュー戦こそ初回KOという華々しい勝利を飾ったものの、その後がいけません。負けが込み、次戦に向けたモチベーションは下がる一方で、あれやこれやと、考えてばかりいます。

考えて、考えて - 、そのうち、夢に出てくる対戦相手を “親友” と思うようになるのは、

思うに、

自覚があるかどうかはともかくも、おそらく彼は、本当にしたくてボクシングをしているわけではないのだろうと。ボクシングを介し、たぶん彼は、別の何かを掴み取ろうとしています。

先輩ボクサーのウメキチが新しく彼のトレーナーになると、タメ口を利き、ウメキチの言うことは聞こうともしません。

ところが、それをウメキチは逆手に取り、次第次第に、弱虫だった彼を真のファイターへと変化させてゆきます。

※ボクシングなんて観たことないし興味もない - という人にはちょっとしんどいかもしれません。ある時期、何かのスポーツに集中的に取り組んだ経験があるというなら、「ぼく」 が言わんとする “ニュアンス” はわかるはずです。伝えたいのは、「ボクシング」 のことではありません。

この本を読んでよかったと思う方は、ぜひ、著者のデビュー作 『青が破れる』 を読んでみてください。本作とよく似たシチュエーション、よく似た人物らが登場します。

この本を読んでみてください係数  85/100

第160回芥川賞受賞 1R1分34秒

◆町屋 良平
1983年東京都生まれ。

作品 「青が破れる」「しき」「ぼくはきっとやさしい」など

関連記事

『異邦人(いりびと)』(原田マハ)_書評という名の読書感想文

『異邦人(いりびと)』原田 マハ PHP文芸文庫 2018年3月22日第一刷 異邦人(いりびと

記事を読む

『猫を棄てる』(村上春樹)_父親について語るとき

『猫を棄てる 父親について語るとき』村上 春樹 文藝春秋 2020年4月25日第1刷 猫を棄

記事を読む

『いけない』(道尾秀介)_書評という名の読書感想文

『いけない』道尾 秀介 文春文庫 2022年8月10日第1刷 ★ラスト1ページですべ

記事を読む

『誰かが見ている』(宮西真冬)_書評という名の読書感想文

『誰かが見ている』宮西 真冬 講談社文庫 2021年2月16日第1刷 誰かが見ている (講談

記事を読む

『回転木馬のデッド・ヒート』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『回転木馬のデッド・ヒート』村上 春樹 講談社 1985年10月15日第一刷 回転木馬のデッド

記事を読む

『魚神(いおがみ)』(千早茜)_書評という名の読書感想文

『魚神(いおがみ)』千早 茜 集英社文庫 2012年1月25日第一刷 魚神(いおがみ) (集英

記事を読む

『たった、それだけ』(宮下奈都)_書評という名の読書感想文

『たった、それだけ』宮下 奈都 双葉文庫 2017年1月15日第一刷 たった、それだけ (双葉

記事を読む

『静かな雨』(宮下奈都)_書評という名の読書感想文

『静かな雨』宮下 奈都 文春文庫 2019年6月10日第1刷 静かな雨 (文春文庫)

記事を読む

『凍てつく太陽』(葉真中顕)_書評という名の読書感想文

『凍てつく太陽』葉真中 顕 幻冬舎 2019年1月31日第2版 凍てつく太陽 昭和二十

記事を読む

『いかれころ』(三国美千子)_書評という名の読書感想文

『いかれころ』三国 美千子 新潮社 2019年6月25日発行 いかれころ 「ほんま私は

記事を読む

Comment

  1. 武蔵大学人文学部卒業は誤りです、WIkipediaで一時期同大学を卒業したかのような虚偽の情報が記載され、それを情報源にした一部のサイトで記載が残っていますが、本人は「大学には行っていない」とインタビューを受けた複数のサイトで明言しております。

    http://www.webdoku.jp/rensai/sakka/michi210_machiya/20190928_4.html

    https://web.kawade.co.jp/bungei/909/

    • shingo より:

      夕焼けの贅肉さん

      ご指摘、ありがとうございます。
      早速に削除いたしました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『自転しながら公転する』(山本文緒)_書評という名の読書感想文

『自転しながら公転する』山本 文緒 新潮文庫 2022年11月1日発

『呪い人形』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『呪い人形』望月 諒子 集英社文庫 2022年12月25日第1刷

『騒がしい楽園』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『騒がしい楽園』中山 七里 朝日文庫 2022年12月30日第1刷発

『モナドの領域』(筒井康隆)_書評という名の読書感想文

『モナドの領域』筒井 康隆 新潮文庫 2023年1月1日発行

『ザ・ロイヤルファミリー』(早見和真)_書評という名の読書感想文

『ザ・ロイヤルファミリー』早見 和真 新潮文庫 2022年12月1日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑