『僕のなかの壊れていない部分』(白石一文)_僕には母と呼べる人がいたのだろうか。

『僕のなかの壊れていない部分』白石 一文 文春文庫 2019年11月10日第1刷

僕のなかの壊れていない部分 (文春文庫)

自分の人生にとって本質的なことからは決して逃れられない

美しい恋人・枝里子をサプライズで京都に誘った。それは、昔の男が住む京都で枝里子の反応を見ようという悪意だった - 。東大卒出版社勤務、驚異的な記憶力を持つ 「僕」 は、同時に3人の女性と関係を持ちながら、誰とも深いつながりを結ぼうとしない。その 「理屈っぽく嫌味な」 言動の奥にあるのは、絶望なのか渇望なのか。彼の特異な過去を知った枝里子は - 。切実な言葉たちが読者の胸を貫いてロングセラーとなった傑作が文春文庫で登場。解説・窪美澄 (文藝春秋BOOKSより)

初めて読んだのは、(今から思うと) ずいぶん若い頃でした。東大卒の主人公、「僕」 が語るのは、(前に “屁” が付くような) それはもう理屈、理屈のオンパレードです。嫌味なこともさることながら、その博識さは圧巻で、知識も教養も比ぶべくもない私なんかにはとても太刀打ちできない代物なんじゃないかと。

なら、この歳になってまた読んでみようと思ったのは、この本の何が、私をそうさせたのか? それは二度目を読み終えた今になっても、正直よくわかりません。ただ、今回私は、最初読んだ時には見向きもしなかったある文章に、強く心を奪われたのでした。

おそらく、歳を取ったということでしょう。文中の 「自分の人生にとって本質的なことからは決して逃れられない」 という言葉は、強烈でした。主人公や解説の窪美澄氏ほどではないにせよ、そう思うに至ることが私にもあったからです。

それを自分の中でどう考えるのか。どう始末して生きて行くのか。60歳を超えて改めてこの本を読み、私は本文にあるこんな一節が、今更ながらに妙に身に沁みたのでした。

・・・・・・・ その本は、或る有徳の女性仏教者が晩年に著した随想集で、釈尊の教えをわかりやすく弁じたものだったが、幾度か読み返すに値する立派な文章だった。たとえば 生きるということと題された一文では、釈尊の有名な四門遊観の説話を紹介した上で、彼女は次のように記していた。

- 若い日の私は、この伝説を実によそよそしい作りごととして聞いた。時には、大事なお釈迦さまをこんなひ弱な世間知らずに仕立ててよいものだろうかとさえ思って反発した。しかし七十年近くを生きて来てみて、まさに老いが至り、その老いは必然として病を含み、その向こうに死が見えるようになった今、ここに語られている言葉の一つ一つの真実にほとほと驚嘆し、そうだ、そうだ、全くその通りだ、生きるということは、そういうことだったのだ、人間存在から、若さや、美しさや、愛や、情念や、富や、地位や、世間的能力など、うつろい行くものすべてを、ささらでも使って根こそぎかき出してみれば、あとに残る骨組は、万人共通の老・病・死があるばかりだったのだ。自分をはじめ人は誰でも、老いに直面し、病に直面し、死に直面してみてはじめてそのことに気がつく、いやもしかしたら、気づくことさえなく死ぬのかも知れない

それに対して釈尊は、漆黒の髪を持ち、人生の花開いた美しい青春の日に、生存のまごうかたなき骨組を、老・病・死のとうけとめた。しかもそれを、生存するものすべて一切衆生の苦ととらえ、その苦を超える道を求めて出家された。何という宇宙大の感性、何という宇宙大の優しさ - 更に私が喜悦するのは、若き日の釈尊は老・病、死が万人にとってまぬがれがたい真実であるにもかかわらず、人がそれをいとわしく思う底に、

若さには 老いに対する
健康者には 病者に対する
生きているものには 死者に対する

無意識の優越感、傲慢の思いがあるということに思い至ったと伝えられることである。ああ七十年を生きてかかえこんだ私のこの腐ったはらわたをつかみ出して見せてくれるこんな言葉を、一体誰が私の耳もとで語ってくれるだろうか。これほどわかり易く、これほど理路整然と - 。

そして後段で彼女は、現在の自らの心境を以下のように書いているのだった。

- 老・病・死をかかえこんだ髑髏にいのちの衣をきせたのが というものであるならば、ひとときまとうその衣は、出来得れば美しくたおやかでありたい。
日々に生きゆく姿は、日々に死にゆく姿だと思えば、ものみな有難い。
活き活きと生きゆくことが、活き活きと死にゆくことだと納得すれば、心やすらぐ。
(本文より)

この本を読んでみてください係数  85/100

僕のなかの壊れていない部分 (文春文庫)

◆白石 一文
1958年福岡県福岡市生まれ。
早稲田大学政治経済学部卒業。父白石一郎は直木賞作家。双子の弟白石文郎も小説家。

作品 「一瞬の光」「不自由な心」「すぐそばの彼方」「心に龍をちりばめて」「ほかならぬ人へ」「神秘」「火口のふたり」他多数

関連記事

『走ル』(羽田圭介)_書評という名の読書感想文

『走ル』羽田 圭介 河出文庫 2010年11月20日初版 走ル (河出文庫)  

記事を読む

『ブエノスアイレス午前零時』(藤沢周)_書評という名の読書感想文

『ブエノスアイレス午前零時』藤沢 周 河出書房新社 1998年8月1日初版 ブエノスアイレス午

記事を読む

『ビオレタ』(寺地はるな)_書評という名の読書感想文

『ビオレタ』寺地 はるな ポプラ文庫 2017年4月5日第1刷 ビオレタ (ポプラ文庫)

記事を読む

『ほかに誰がいる』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『ほかに誰がいる』朝倉 かすみ 幻冬舎文庫 2011年7月25日5版 ほかに誰がいる (幻冬

記事を読む

『正体』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『正体』染井 為人 光文社文庫 2022年1月20日初版1刷 正体 (光文社文庫) 罪

記事を読む

『ふがいない僕は空を見た』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『ふがいない僕は空を見た』窪 美澄 新潮文庫 2012年10月1日発行 ふがいない僕は空を見た

記事を読む

『ラブレス』(桜木紫乃)_書評という名の感想文

『ラブレス』 桜木 紫乃  新潮文庫 2013年12月1日発行 @630  

記事を読む

『ハリガネムシ』(吉村萬壱)_書評という名の読書感想文

『ハリガネムシ』吉村 萬壱 文芸春秋 2003年8月31日第一刷 ハリガネムシ (文春文庫) ボ

記事を読む

『ポトスライムの舟』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『ポトスライムの舟』津村 記久子 講談社 2009年2月2日第一刷 ポトスライムの舟 (講談社

記事を読む

『ビニール傘』(岸政彦)_書評という名の読書感想文

『ビニール傘』岸 政彦 新潮社 2017年1月30日発行 ビニール傘 共鳴する街の声 - 。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

『カインの傲慢/刑事犬養隼人』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『カインの傲慢/刑事犬養隼人』中山 七里 角川文庫 2022年6月2

『カゲロボ』(木皿泉)_書評という名の読書感想文

『カゲロボ』木皿 泉 新潮文庫 2022年6月1日発行

『あたしたち、海へ』(井上荒野)_書評という名の読書感想文

『あたしたち、海へ』井上 荒野 新潮文庫 2022年6月1日発行

『白昼夢の森の少女』(恒川光太郎)_書評という名の読書感想文

『白昼夢の森の少女』恒川 光太郎 角川ホラー文庫 2022年5月25

『あなたが私を竹槍で突き殺す前に』(李龍徳)_書評という名の読書感想文

『あなたが私を竹槍で突き殺す前に』李 龍徳 河出書房 2022年3月

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑