『世界から猫が消えたなら』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『世界から猫が消えたなら』川村 元気 小学館文庫 2014年9月23日初版


世界から猫が消えたなら (小学館文庫)

帯に「映画化決定!」とあります。えらく評判がよいようで、本屋へ行くと、目立った場所に平積みにしてあります。「小説だがむしろ哲学書なのではないか」- 文芸春秋には角田光代の、そんな感想が載っています。何かを得るためには、何かを失わなくてはならない - 文中には、極めて哲学的な文章が何度も登場します。

ほかにも数々の箴言や「時間」というものに対する解釈を述べ、花にはなぜいちいち名前が付いているんだろう、などと思索したりします。中で特に目を引いたのは、「人生は近くで見ると悲劇だけれど、遠くから見れば喜劇だ」といったフレーズでしょうか。

苦々しい思いで眠れない夜。頭を抱え悩みまくったあれやこれや。誰しも経験するそれらは、過ぎ去ってみて振り返ると、大抵は笑い飛ばせばすむような瑣末なことだったような気がします。

30歳で医者から余命を告げられる主人公ほどではないにせよ、誰の人生にも大なり小なりの悲劇はつきものでしょう。しかし、他から見ると、それはまるで良く出来た「喜劇」のようにしか見えないのかも知れません。

・・・・・・・・・

一日分の命と引き換えに、この世から何か一つを消し去る...それは、主人公と同じ姿の悪魔が現れて、明日死ぬ運命の「僕」に持ちかけた奇妙な取引でした。

月曜日に悪魔はやってきて、火曜日にまず電話が消えます。何を消すかは悪魔次第。「僕」に与えられた、一週間限定の延命措置です。電話の次は映画、その次には時計がこの世から消えて無くなります。元々人間が生み出して人間の都合に合わせて存在していたものが消えたとき、その後の暮らしは一体どんな風に変化してしまうのでしょう。

小説は、「僕」と黄色いアロハシャツにショートパンツ、頭の上にサングラスを乗せた陽気な悪魔との軽妙な掛け合いで進んで行きます。この悪魔は「僕」と同じ姿をしています。しかし、物の好みや性格は全く違っています。(その理由は後半に明らかになります)

死ぬ間際にもう一度電話で話したい人、それは誰ですかと訊ねられたら、あなたなら誰と答えるでしょう・・・・「僕」が選んだ人は、大学時代に付き合っていた初恋の女性でした。次に「僕」が会いたいと願ったのは亡くなった母、訳あって会わなくなって久しい父でした。

人は何かを失って、初めて気付くことがたくさんあります。「僕」は、今まであたり前のように存在した電話や映画などがこの世から消え去るたびに、改めて深く自分の人生を思い起こすことになります。陽気な悪魔と猫とで過ごす、「僕」にとって最後の7日間の物語です。

 

この本を読んでみてください係数 80/100


世界から猫が消えたなら (小学館文庫)

◆川村 元気

1979年横浜生まれ。

上智大学文学部新聞学科卒業。

2001年東宝入社。映画プロデューサー、絵本作家で『世界から猫が消えたなら』は初の小説。

作品 映画「電車男」「告白」「悪人」「モテキ」等を制作。絵本「ティニーふうせんいぬのものがたり」「ムーム」など

◇ブログランキング

応援クリックしていただけると励みになります。
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『私のなかの彼女』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『私のなかの彼女』角田 光代 新潮文庫 2016年5月1日発行 私のなかの彼女 (新潮文庫)

記事を読む

『恋』(小池真理子)_書評という名の読書感想文

『恋』小池 真理子 新潮文庫 2017年4月25日11刷 恋 (新潮文庫) 1972年冬。全

記事を読む

『父からの手紙』(小杉健治)_書評という名の読書感想文

『父からの手紙』小杉 健治 光文社文庫 2018年12月20日35刷 父からの手紙 (光文社

記事を読む

『三面記事小説』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『三面記事小説』角田 光代 文芸春秋 2007年9月30日第一刷 三面記事小説 (文春文庫)

記事を読む

『日没』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『日没』桐野 夏生 岩波書店 2020年9月29日第1刷 日没 ポリコレ、ネット中傷、

記事を読む

『百花』(川村元気)_書評という名の読書感想文

『百花』川村 元気 文藝春秋 2019年5月15日第1刷 百花 「あなたは誰? 」 息

記事を読む

『螻蛄(けら)』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『螻蛄(けら)』黒川 博行 新潮社 2009年7月25日発行 螻蛄 (角川文庫) &nb

記事を読む

『断片的なものの社会学』(岸政彦)_書評という名の読書感想文

『断片的なものの社会学』岸 政彦 朝日出版社 2015年6月10日初版 断片的なものの社会学

記事を読む

『さいはての彼女』(原田マハ)_書評という名の読書感想文

『さいはての彼女』原田 マハ 角川文庫 2013年1月25日初版 さいはての彼女 (角川文庫)

記事を読む

『森に眠る魚』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『森に眠る魚』角田 光代 双葉文庫 2011年11月13日第一刷 森に眠る魚 (双葉文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『夏の終わりの時間割』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『夏の終わりの時間割』長岡 弘樹 講談社文庫 2021年7月15日第

『スイート・マイホーム』(神津凛子)_書評という名の読書感想文

『スイート・マイホーム』神津 凛子 講談社文庫 2021年6月15日

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』(ブレイディみかこ)_書評という名の読書感想文

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレイディみかこ 新潮

『葦の浮船 新装版』(松本清張)_書評という名の読書感想文

『葦の浮船 新装版』松本 清張 角川文庫 2021年6月25日改版初

『くちぶえ番長』(重松清)_書評という名の読書感想文

『くちぶえ番長』重松 清 新潮文庫 2020年9月15日30刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑