『神様』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『神様』川上 弘美 中公文庫 2001年10月25日初版


神様 (中公文庫)

 

なぜなんだろう、と思います。なぜ私はこの人の小説が読みたくなるのか、正直なところ自分でもよく分からないのです。熱狂的なファンかと言われると、それほどでもない。ではないんだけれど気になって買ってしまう。

周りがいい、いいと言うから、それに釣られて、それじゃ自分も読んでみないとと思って半ば強迫的に読んでいるのかと言えば、それも違う。読むと必ず感じるものがあるから次が読みたくなるわけであって、でもそれが何だと聞かれたら、やっぱり上手く説明できないのです。

川上弘美の小説が好きで、真正面から正々堂々と感想を述べておられるブロガーの皆さんを、私は心から尊敬しています。お世辞ではありません。小説を丁寧に読み、要所を適確に押さえて、説得力ある書評が書かれてあるのを読むと、ひたすら自分が愚かで情けなくなります。

きっと、感性がないんだろうなと思います。グンと贔屓して、こんな私にも多少の感性はあるはずだとしても、今度はそれを伝える技術がありません。悲しいかな、どんなに心に感じていても、「どんなに」だけでは誰にも、何にも伝わらないし、分かってはもらえないのです。

かの小林秀雄先生が、言っておられました。考えていることを文章にする。もしそれが文章にならないとするならば、じつは、本当は何も考えていない、ということだ。・・・いやはや、参ります。おっしゃる通り。これほど名言で、めげる言葉はありません。
・・・・・・・・・・
小説『神様』はどうなってるの? と思っておいででしょうが、これでも私としては、恥を忍んで、正直に読後の感想を書いているつもりなのです。解ったふりをして、他所から借りてきたような感想を書いてもちっとも楽しくないし、何より川上弘美さんに失礼です。

表題の「神様」は、著者のデビュー作です。あとがきにあるのですが、あるとき急に何か書きたいと思い立って、2時間くらいで一気に書き上げたのがこの「神様」だということです。「書いている最中も子供らはみちみちと取りついてきて往生した」と回想しています。

子供が〈みちみち〉、ですよ!! 子供が纏わりついて煩わしいとき、一体誰が「みちみちと取りついた」などと表現すると思います? というか、普通その状況を説明するのに、いや他の場面であっても、そもそも〈みちみち〉なんていう単語が出てこないでしょ。

そう言えば『溺レる』を読んだとき、歳の離れたメザキさんとサクラちゃんの、微妙な距離を保ったままの淡い恋愛事情を描いた短編がありました。2人は居酒屋を出た後、何とはなく帰りづらくて深夜の町を散歩していると、夜明け前に雨が降って来ます。

【サクラちゃんは、おしっこがしたくて我慢できなくなります。暗闇と草むらに隠れているとは言え、メザキさんが近くにいるのに、お尻を出しておしっこをするのはとても勇気のいることです。サクラちゃんは、雨と一緒に葉を濡らすさやさやというおしっこの音を聞いています。】

今度は、おしっこの音が〈さやさや〉ですよ!! 〈みちみち〉に、〈さやさや〉。「神様」では、くまの足がアスファルトを踏む、かすかな音が〈しゃりしゃり〉です。〈みちみち〉に、〈さやさや〉、そして〈しゃりしゃり〉。これを感性と言わずして、何と言うのでしょう。

人間を散歩に誘うくらいですから、このくまは大人で非常に礼儀正しく、さらには「縁(えにし)」を重んじる、昔気質のくまです。礼節を尽くして、なおかつ主張すべきところは遠慮なく主張もするのですが、分をわきまえていて、押しつけるような嫌味がありません。

自分のことを、できれば漢字を頭でイメージして「貴方(あなた)」と呼んでくれるとうれしいと言います。別れ際には、「もし嫌でなければ、抱擁を交わしてもらえないか」と要望したりもします。くまの間では、親しい人と別れるときの習慣だと言います。
・・・・・・・・・・
『神様』は、夢の話です。絵本作家の佐野洋子さんが解説を書いていますが、「川上さんは、どっかで、入口をみつけて平気でトコトコそこに行ける人なのだ」と評しています。「好きなだけ遊んで、好きな時に帰って来る」川上弘美とは、そんな作家だと言っています。

夢の見方が半端ないので、細部までしっかり見ることができて、しかも自在にコントロールできてしまう人、そんな川上弘美評がぴったりな『神様』です。〈みちみち〉に〈さやさや〉、〈しゃりしゃり〉どころではないのです。その先に広がる〈夢の世界〉に、ふわりふわりと漂う心地よさを、存分に味わわなければなりません。

『神様』には表題作の他に、8編の夢物語が収められています。最終の「草上の昼食」では、
「神様」のくまが再び登場します。彼(でよいと思います)は今の生活に見切りをつけて、故郷へ帰ると言います。しおどきだと言い、結局馴染めなかったんだろうと言います。最初からあり得ない話ですが、ひょっとすると貴方は泣いてしまうかも知れません。

 

この本を読んでみてください係数 85/100


神様 (中公文庫)

◆川上 弘美
1958年東京都生まれ。本名は山田弘美。
お茶の水女子大学理学部卒業。高校の生物科教員などを経て作家デビュー。俳人でもある。

作品 「溺レる」「蛇を踏む」「センセイの鞄」「真鶴」「風花」「これでよろしくて?」「パスタマシーンの幽霊」「どこから行っても遠い町」他多数

◇ブログランキング

いつも応援クリックありがとうございます。
おかげさまでランキング上位が近づいてきました!嬉しい限りです!
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

関連記事

『この話、続けてもいいですか。』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『この話、続けてもいいですか。』西 加奈子 ちくま文庫 2011年11月10日第一刷 この話、

記事を読む

『切り裂きジャックの告白』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『切り裂きジャックの告白』中山 七里 角川文庫 2014年12月25日初版 切り裂きジャックの

記事を読む

『溺レる』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『溺レる』川上 弘美 文芸春秋 1999年8月10日第一刷 溺レる (文春文庫) &nb

記事を読む

『果鋭(かえい)』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『果鋭(かえい)』黒川 博行 幻冬舎 2017年3月15日第一刷 果鋭 右も左も腐れか狸や!

記事を読む

『二人道成寺』(近藤史恵)_書評という名の読書感想文

『二人道成寺』近藤 史恵 角川文庫 2018年1月25日初版 二人道成寺 (角川文庫)

記事を読む

『私のなかの彼女』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『私のなかの彼女』角田 光代 新潮文庫 2016年5月1日発行 私のなかの彼女 (新潮文庫)

記事を読む

『この世にたやすい仕事はない』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『この世にたやすい仕事はない』津村 記久子 新潮文庫 2018年12月1日発行 この世にたや

記事を読む

『月の砂漠をさばさばと』(北村薫)_書評という名の読書感想文

『月の砂漠をさばさばと』北村 薫 新潮文庫 2002年7月1日発行 月の砂漠をさばさばと (新潮文

記事を読む

『名短篇、ここにあり』(北村薫/宮部みゆき編)_書評という名の読書感想文

『名短篇、ここにあり』北村薫/宮部みゆき編 ちくま文庫 2008年1月10日第一刷 名短篇、こ

記事を読む

『教場2』(長岡弘樹)_書評という名の読書感想文

『教場2』長岡 弘樹 小学館文庫 2017年12月11日初版 教場 2 (小学館文庫) 必要

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『あなたの本当の人生は』(大島真寿美)_書評という名の読書感想文

『あなたの本当の人生は』大島 真寿美 文春文庫 2019年8月1日第

『私に付け足されるもの』(長嶋有)_書評という名の読書感想文

『私に付け足されるもの』長嶋 有 徳間書店 2018年12月31日初

『夢を売る男』(百田尚樹)_書評という名の読書感想文

『夢を売る男』百田 尚樹 幻冬舎文庫 2015年5月1日初版

『五つ数えれば三日月が』(李琴峰)_書評という名の読書感想文

『五つ数えれば三日月が』李 琴峰 文藝春秋 2019年7月30日第1

『秋山善吉工務店』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『秋山善吉工務店』中山 七里 光文社文庫 2019年8月20日初版

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑