『平凡』(角田光代)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2019/08/14 『平凡』(角田光代), 作家別(か行), 書評(は行), 角田光代

『平凡』角田 光代 新潮文庫 2019年8月1日発行

平凡 (新潮文庫)

妻に離婚を切り出され取り乱す夫と、その心に蘇る幼い日の記憶 (「月が笑う」)。人気料理研究家になったかつての親友・春花が、訪れた火災現場跡で主婦の紀美子にした意外な頼みごと (「平凡」)。飼い猫探しに親身に付き添うおばさんが、庭子に語った息子とおにぎりの話 (「どこかべつのところで」)。人生のわかれ道をゆき過ぎてなお、選ばなかった 「もし」 に心揺れる人々を見つめる六つの物語。(新潮文庫)

もし、〇〇していたら。もし、〇〇しなかったら。そんな風に考えてみたことが一度もないという人はいないだろう。
人生は無数の選択から成り立っている。生きるか死ぬか、みたいな大げさなことでなくても、信号が点滅する横断歩道を急いで渡るか見送るか、街角で配られるティッシュを受け取るかどうかといったささいなことでもその都度、決断を迫られる。そうと気づかぬうちに私たちは岐路に立たされ、何かを選びとり、そうした積み重ねで人ひとりの人生は出来上がっていく。

こともなしの聡子は、幸せそうに家庭を営む自分の姿を毎日、ブログにつづる (そうありたい自分の姿だけ選んで載せるブログももうひとつの人生のバリエーションのひとつだ)。自分がブログを読ませたいのは、自分をふった恋人でも恋人が好きになった相手でもなく、「『もし で別れた、選ばなかった私自身だ と聡子は気づく。今、手にしているこの時間の流れだけが、自分の人生なのだ。

そう思うには、そう思うに足る時間が必要です。ある程度の年齢になり、相応に経験を積み重ねた結果、初めてそうと気付くのでしょう。

若い人。まだまだ続く長い人生の渦中にあるならそうはいきません。彼らにとっての 「平凡」 は、大抵が自分の思う理想と真逆に位置するもので、面白味の欠片も無い人生の代名詞でしかありません。

ありきたりな平凡が、かけがえのないものへと意味を変える - そのきっかけはどこにあるのでしょう? 振り返り、人はどんなときにその感慨に耽ることになるのでしょう。

とてもわかる、いくつかの “事例” があります。なるだけ順番に読み、最後に 「どこかべつのところで」 を読んでみてください。

そして表題作の 平凡である。パート勤めの紀美子が住む地方都市を、人気料理研究家になった同級生の春花が訪ねてくる。紀美子にとってはモノクロだった世界に急に色がついたように感じられるほどの大事件である。

春花がこの街を訪問したのは紀美子に会うためではなく別の理由があった。春花と紀美子の間には、互いにもうひとつの人生を考えてもおかしくはないいきさつがある。
著名人となった春花だが、自分を選ばなかった交際相手にかけた呪い不幸になれと願ったその不幸の程度を聞かれて答えたのが 平凡ど平凡という言葉だ。

もしかしたらそれは、かつての紀美子に向けられた言葉だったのかもしれない。人生に無限の可能性を見ているとき、平凡は確かに呪いの言葉だったろう。けれどもある程度、年を重ねてみればその言葉は祈りや祝福に似ていると気づく。これといったドラマチックなことが起こらなくても、当たり前に毎日を送れることがいかに幸せか知った後では。

最後の どこかべつのところで で、いなくなった飼い猫を探す庭子は、猫を見かけたという依田愛という女性と知り合う。自分の一瞬の不注意を悔やむ庭子は、依田の話を聞き、彼女の もし〇〇しなかったら が、とてつもなく重い意味を持つことを知る。(以下略/解説より抜粋)

この本を読んでみてください係数  85/100

平凡 (新潮文庫)

◆角田 光代
1967年神奈川県横浜市生まれ。
早稲田大学第一文学部文芸専修卒業。

作品 「空中庭園」「かなたの子」「対岸の彼女」「紙の月」「八日目の蝉」「笹の舟で海をわたる」「ドラママチ」「愛がなんだ」「坂の途中の家」他多数

関連記事

『サンブンノニ』(木下半太)_書評という名の読書感想文

『サンブンノニ』木下 半太 角川文庫 2016年2月25日初版 サンブンノニ (角川文庫)

記事を読む

『赤と白』(櫛木理宇)_書評という名の読書感想文

『赤と白』櫛木 理宇 集英社文庫 2015年12月25日第一刷 赤と白 (集英社文庫) 冬は

記事を読む

『くまちゃん』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『くまちゃん』角田 光代 新潮文庫 2011年11月1日発行 くまちゃん (新潮文庫)

記事を読む

『肉弾』(河﨑秋子)_書評という名の読書感想文

『肉弾』河﨑 秋子 角川文庫 2020年6月25日初版 肉弾 (角川文庫) 大学を休学

記事を読む

『紙の月』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『紙の月』 角田 光代  角川春樹事務所 2012年3月8日第一刷 @1,500 紙の月 (ハ

記事を読む

『屋根をかける人』(門井慶喜)_書評という名の読書感想文

『屋根をかける人』門井 慶喜 角川文庫 2019年3月25日初版 屋根をかける人 (角川文庫

記事を読む

『センセイの鞄』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『センセイの鞄』川上 弘美 平凡社 2001年6月25日初版第一刷 センセイの鞄 (文春文庫)

記事を読む

『不連続殺人事件』(坂口安吾)_書評という名の読書感想文

『不連続殺人事件』坂口 安吾 角川文庫 1974年6月10日初版 不連続殺人事件 (角川文庫)

記事を読む

『キッドナッパーズ』(門井慶喜)_書評という名の読書感想文

『キッドナッパーズ』門井 慶喜 文春文庫 2019年1月10日第一刷 キッドナッパーズ (文

記事を読む

『ブラフマンの埋葬』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ブラフマンの埋葬』小川 洋子 講談社文庫 2017年10月16日第8刷 ブラフマンの埋葬

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『その愛の程度』(小野寺史宜)_書評という名の読書感想文

『その愛の程度』小野寺 史宜 講談社文庫 2019年9月13日第1刷

『入らずの森』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『入らずの森』宇佐美 まこと 祥伝社文庫 2016年12月31日第6

『日没』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『日没』桐野 夏生 岩波書店 2020年9月29日第1刷 日没

『小説 ドラマ恐怖新聞』(原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ構成:乙一 ノベライズ:八坂圭)_書評という名の読書感想文

『小説 ドラマ恐怖新聞』原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ

『夜がどれほど暗くても』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『夜がどれほど暗くても』中山 七里 ハルキ文庫 2020年10月8日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑