『ここは、おしまいの地』(こだま)_書評という名の読書感想文

『ここは、おしまいの地』こだま 講談社文庫 2020年6月11日第1刷

ここは、おしまいの地 (講談社文庫)

私は かわいそうなんかじゃない。
『夫のちんぽが入らない』 から一年。辺境で暮らす主婦が振り返る、失敗続きの半生。第34回講談社エッセイ賞受賞作

田舎の集落で生まれ、規格外の人生観を持つ家族のもと 「当たり前」 すら知らずに育った著者。悪臭立ち込める新婚生活を経て、病気で無職になってからも災厄続き。それでも折れない清らかな花のような佇まいで、ユーモラスに綴る愛しき半生とは。(講談社文庫)

ここには、おもしろいことが、たくさんありました。

泣く子は縛る が基本方針の母。不謹慎な笑いを好む父。腰に短刀を忍ばせていたらしい祖母。アル中の叔父。実家を襲う空き巣と訪問販売員。金髪のヤンキー彼氏。早死にしそうな人 ランキング1位獲得。念願の教職。学級崩壊と失職。こじらせた持病。首筋に埋め込まれたボルト。幻聴。夫との出会い。地獄のように臭い借家・・・・・・・。(帯文より)

これは、良くできた (小説の) 短編集ではありません。(ぐらいに面白い!! ) 匿名の主婦の、半生にわたる私生活を詳らかにしたエッセイです。

名もなき主婦かというと、そうではありません。最近のことですが、初めて書いた私小説 『夫のちんぽが入らない』 がどえらい話題になりました。あまりにセンセーショナルなタイトルに、手に取るのを躊躇った人もたくさんいたことでしょう。

『夫のちんぽが入らない』 は、過激なタイトルとは裏腹に、真面目の上に超が付くような小説で、下世話なところは一切ありません。著者が体験した、「あるはずのない悲劇」 が綴られています。時にユーモラスに、自分を励ますよう、できる限り何でもないことのようにして。

小説のときと同様、このエッセイにおいても著者がどこの何者かは明かされていません。おおよそ四十歳の前半ではないか。思うに北海道の人ではないか。どうやら札幌辺りの都会ではなく、そこからはかなり離れた田舎の、ぽつんとある山奥の集落が出身地らしい。

そもそもは 「そこで生まれたことが辛かった」 というところから話は始まってゆきます。おそらく全てが本当の話で、他人からみれば (同情はするものの) どこか笑えてしまうのですが、本人にすれば、なかなか人には言えないことだったろうと。

つらい話をなるだけ前向きに、深刻にならぬよう努めて明るく振る舞うのはいいのですが、ついやり過ぎて失敗するのが可笑しく、どこかそれを楽しんでいるような気配がなくもありません。

この人が自分以外の人物を主人公に小説を書いたら、どんな話になるのでしょう。それがとても楽しみです。

この本を読んでみてください係数  85/100

ここは、おしまいの地 (講談社文庫)

◆こだま
主婦。2017年1月、実話を元にした私小説 『夫のちんぽが入らない』(扶桑社) でデビュー。たちまちベストセラーとなり、「Yahoo! 検索大賞2017」 小説部門賞受賞。同作は漫画化され、連続ドラマ化も決定し話題に。

作品 「夫のちんぽが入らない」

関連記事

『蜃気楼の犬』(呉勝浩)_書評という名の読書感想文

『蜃気楼の犬』呉 勝浩 講談社文庫 2018年5月15日第一刷 蜃気楼の犬 (講談社文庫)

記事を読む

『月の砂漠をさばさばと』(北村薫)_書評という名の読書感想文

『月の砂漠をさばさばと』北村 薫 新潮文庫 2002年7月1日発行 月の砂漠をさばさばと (新潮文

記事を読む

『熊金家のひとり娘』(まさきとしか)_生きるか死ぬか。嫌な男に抱かれるか。

『熊金家のひとり娘』まさき としか 幻冬舎文庫 2019年4月10日初版 熊金家のひとり娘

記事を読む

『てとろどときしん』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『てとろどときしん』黒川博行 角川文庫 2014年9月25日初版 てとろどときしん 大阪府警・

記事を読む

『この胸に突き刺さる矢を抜け』(白石一文)_書評という名の読書感想文

『この胸に突き刺さる矢を抜け』 白石 一文 講談社 2009年1月26日第一刷 上下 各@1,600

記事を読む

『八日目の蝉』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『八日目の蝉』角田 光代 中央公論新社 2007年3月25日初版 八日目の蝉 (中公文庫)

記事を読む

『幾千の夜、昨日の月』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『幾千の夜、昨日の月』角田 光代 角川文庫 2015年1月25日初版 幾千の夜、昨日の月 (角

記事を読む

『ねこまたのおばばと物の怪たち』(香月日輪)_書評という名の読書感想文

『ねこまたのおばばと物の怪たち』香月 日輪 角川文庫 2014年12月25日初版 ねこまたのお

記事を読む

『奇貨』(松浦理英子)_書評という名の読書感想文

『奇貨』松浦 理英子 新潮文庫 2015年2月1日発行 奇貨 (新潮文庫)  

記事を読む

『菊葉荘の幽霊たち』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『菊葉荘の幽霊たち』角田 光代 角川春樹事務所 2003年5月18日第一刷 菊葉荘の幽霊たち

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

『日没』(桐野夏生)_書評という名の読書感想文

『日没』桐野 夏生 岩波書店 2020年9月29日第1刷 日没

『小説 ドラマ恐怖新聞』(原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ構成:乙一 ノベライズ:八坂圭)_書評という名の読書感想文

『小説 ドラマ恐怖新聞』原作:つのだじろう 脚本:高山直也 シリーズ

『夜がどれほど暗くても』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『夜がどれほど暗くても』中山 七里 ハルキ文庫 2020年10月8日

『ボニン浄土』(宇佐美まこと)_書評という名の読書感想文

『ボニン浄土』宇佐美 まこと 小学館 2020年6月21日初版

『向こう側の、ヨーコ』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『向こう側の、ヨーコ』真梨 幸子 光文社文庫 2020年9月20日初

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑