『夜空に泳ぐチョコレートグラミー』(町田そのこ)_書評という名の読書感想文

『夜空に泳ぐチョコレートグラミー』町田 そのこ 新潮文庫 2021年4月1日発行

夜空に泳ぐチョコレートグラミー(新潮文庫)

思いがけないきっかけでよみがえる一生に一度の恋、そして、ともには生きられなかったあの人のこと - 。大胆な仕掛けを選考委員に絶賛されたR-18文学賞大賞受賞のデビュー作 「カメルーンの青い魚」。すり鉢状の小さな街で、理不尽の中でも懸命に成長する少年少女を瑞々しく描いた表題作他3編を収録した、どんな場所でも生きると決めた人々の強さをしなやかに描く出す5編の連作短編集。(新潮文庫)

目次
1.カメルーンの青い魚
2..夜空に泳ぐチョコレートグラミー
3.波間に浮かぶイエロー
4.溺れるスイミー
5.海になる

町田そのこの 『夜空に泳ぐチョコレートグラミー』 を読みました。著者の何を知っていたわけでもありません。初読で、勘とその日の気分で手に取っただけのことでした。いつものように、根拠のない予感と期待だけがありました。

彼女の別作品 『52ヘルツのクジラたち』 が2021年本屋大賞に決定したと知ったのは、この本を読み終える間際のことでした。こんなことが、稀にあります。私の勘と予感も、まんざらではありません。

(解説より) 一作目 「カメルーンの青い魚」 を紹介しましょう。

(前略) 真ん中にあるのは、主人公のサキコと、彼女にとってただ一人の男である “りゅうちゃん” との愛だ。シングルマザーの母親から、物心つく前に祖母に預けられたため、両親を知らないサキコと、児童養護施設育ちのりゅうちゃん。呼び合うようにして結びついた魂。けれどサキコとりゅうちゃんは、二人で生きることは難しかった。祖母とともに、小さな街で呼吸することを覚えたサキコと、小さな街では収まりきれずに、街を出て行ったりゅうちゃん。この二人の在り方が、もう、ひりひりするくらい切ないのだけど、そこにさらにちょっとした “仕掛け” があって、それが物語の “味変” になると同時に、切なさを加速させているのだ。凄い。本当に。(吉田伸子)

サキコは、両親のことを何も知りません。シングルマザーでサキコを産んだ母親は、物心がつく前のサキコを祖母に預けたままいなくなってしまいます。

祖母と二人で暮らす家を出ると、すぐに児童養護施設がありました。サキコはよくここに来て施設の子どもたちと遊んでいました。両親の揃っている子どもたちより、施設の子どもたちの方が自分に近いような気がしたからでした。

りゅうちゃんは、その児童養護施設に十五まで住んでいました。中学を卒業して、彼は左官屋に弟子入りします。施設の院長の知り合いで、とても体が大きく強面で、左手の小指の第二関節から先がない人で、タナベさんといいました。

タナベさんが病気で亡くなってしばらくの後、りゅうちゃんは突然いなくなります。泣きながらりゅうちゃんを探すサキコに、タナベさんからりゅうちゃんのことを引き継いで面倒を見るようになっていたおじさんは、「あいつはやばい奴らのところに行った」 と教えてくれました。とても哀しそうに、そう言ったのでした。

大きなみたらし団子にかぶりついたら、差し歯がとれた。しかも、二本。私の前歯は、保険適用外のセラミック差し歯なのだ。

物語はこんな文章で始まります。サキコが差し歯になったのはずいぶん昔のことで、りゅうちゃんのせいでした。

この本を読んでみてください係数  85/100

夜空に泳ぐチョコレートグラミー(新潮文庫)

 

◆町田 そのこ
1980年福岡県京都群生まれ。
北九州市立高等理容美容学校卒業。

作品 2016年 「カメルーンの青い魚」 で 「女による女のためのR-18文学賞」 大賞を受賞。翌年、同作を含むデビュー作 『夜空に泳ぐチョコレートグラミー』 を刊行。他著書に 「ぎょらん」「うつくしが丘の不幸の家」「52ヘルツのクジラたち」などがある。

関連記事

『大人になれない』(まさきとしか)_歌子は滅多に語らない。

『大人になれない』まさき としか 幻冬舎文庫 2019年12月5日初版 大人になれない (幻

記事を読む

『月魚』(三浦しをん)_書評という名の読書感想文

『月魚』三浦 しをん 角川文庫 2004年5月25日初版 月魚 (角川文庫) 古書店 『無窮

記事を読む

『兄の終い』(村井理子)_書評という名の読書感想文

『兄の終い』村井 理子 CCCメディアハウス 2020年6月11日初版第5刷 兄の終い

記事を読む

『犯人は僕だけが知っている』(松村涼哉)_書評という名の読書感想文

『犯人は僕だけが知っている』松村 涼哉 メディアワークス文庫 2021年12月25日初版

記事を読む

『すべて忘れてしまうから』(燃え殻)_書評という名の読書感想文

『すべて忘れてしまうから』燃え殻 扶桑社 2020年8月10日第3刷 すべて忘れてしまうから

記事を読む

『向日葵の咲かない夏』(道尾秀介)_書評という名の読書感想文

『向日葵の咲かない夏』道尾 秀介 新潮文庫 2019年4月30日59刷 直木賞作家最

記事を読む

『屋根をかける人』(門井慶喜)_書評という名の読書感想文

『屋根をかける人』門井 慶喜 角川文庫 2019年3月25日初版 屋根をかける人 (角川文庫

記事を読む

『家族の言い訳』(森浩美)_書評という名の読書感想文

『家族の言い訳』森 浩美 双葉文庫 2018年12月17日36刷 家族の言い訳 (双葉文庫)

記事を読む

『カウントダウン』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『カウントダウン』真梨 幸子 宝島社文庫 2020年6月18日第1刷 カウントダウン (宝島

記事を読む

『回転木馬のデッド・ヒート』(村上春樹)_書評という名の読書感想文

『回転木馬のデッド・ヒート』村上 春樹 講談社 1985年10月15日第一刷 回転木馬のデッド

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『夜に星を放つ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『夜に星を放つ』窪 美澄 文藝春秋 2022年7月30日第2刷発行

『生命式』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『生命式』村田 沙耶香 河出文庫 2022年5月20日初版発行

『中尉』(古処誠二)_書評という名の読書感想文

『中尉』古処 誠二 角川文庫 2017年7月25日初版発行

『犬のかたちをしているもの』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『犬のかたちをしているもの』高瀬 隼子 集英社文庫 2022年9月1

『殺人者』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『殺人者』望月 諒子 新潮文庫 2022年11月1日発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑