『雪の練習生』(多和田葉子)_書評という名の読書感想文

『雪の練習生』多和田 葉子 新潮文庫 2023年10月5日 6刷

祝 National Book Awards 全米図書賞受賞 美しくたくましいホッキョクグマ三代の物語

膝を痛めて、サーカスの花形から事務職に転身し、やがて自伝を書きはじめた 「わたし」。どうしても誰かに見せたくなり、文芸誌編集長のオットセイに読ませるが・・・・・・・。

サーカスで女曲芸師と伝説の芸を成し遂げた娘の 「トスカ」、その息子で動物園の人気ものとなった 「クヌート」 へと受け継がれる、生の哀しみときらめき。ホッキョクグマ三代の物語をユーモラスに描きあげた、野間文芸賞受賞作。(新潮文庫)

[目次]
祖母の退化論
死の接吻
北極を想う日

- この小説は、何よりもまず、出来るだけ予備知識抜きに読まれるべき作品だと思う。なので万が一、もしも先にこの解説を読みつつある方がいらっしゃったなら、ここで頁 (ページ) を最初に戻して、第一部 「祖母の退化論」 の冒頭に視線を据えてみていただきたい。

そこにはこう書かれているはずだ。「耳の裏側や脇の下を彼にくすぐられて、くすぐったくて、たまらなくなって、身体をまるめて床をころがりまわった。きゃっきゃと笑っていたかもしれない・・・・・・」。なんて魅惑的な書き出しだろう。あとはもう、するすると続く文字たちをただひたすらに追っていくしかない。そうしないではいられない。言葉たちのダンスに乗せられて、ふと気づけば、第三部 「北極を想う日」 の最後の一文に辿り着いていることだろう。(佐々木敦/解説より)

冒頭から続く物語のあまりの不思議さに、「あとはもう、するすると続く文字たちをただひたすらに追っていくしかない。そうしないではいられない」・・・・・・・ かどうかはわかりません。著者の創造力と想像力に、はたしてあなたはついていけるでしょうか。

私は無理でした。ストーリーを追うのがせいぜいで、感想など書けたものではありません。もしも。みごとあなたが読み終えたなら、その節はどうか私に読んだ感想を聞かせてください。お願いします。

この本を読んでみてください係数 00/100

◆多和田 葉子
1960年東京都生まれ。
早稲田大学第一文学部卒業。ハンブルク大学修士課程修了。チューリッヒ大学博士課程修了。ベルリン在住。

作品 「かかとを失くして」「ヒナギクのお茶の場合」「球形時間」「容疑者の夜行列車」「尼僧とキューピッドの弓」「犬婿入り」「雲をつかむ話」「献灯使」他多数

関連記事

『高架線』(滝口悠生)_書評という名の読書感想文

『高架線』滝口 悠生 講談社 2017年9月27日第一刷 そうやって元のところに留まらないで、次々

記事を読む

『ディス・イズ・ザ・デイ』(津村記久子)_書評という名の読書感想文

『ディス・イズ・ザ・デイ』津村 記久子 朝日新聞出版 2018年6月30日第一刷 なんでそんな吐瀉

記事を読む

『煩悩の子』(大道珠貴)_書評という名の読書感想文

『煩悩の子』大道 珠貴 双葉文庫 2017年5月14日第一刷 桐生極(きわみ)は小学五年生。いつも

記事を読む

『あとかた』(千早茜)_書評という名の読書感想文

『あとかた』千早 茜 新潮文庫 2016年2月1日発行 実体がないような男との、演技めいた快楽

記事を読む

『叩く』(高橋弘希)_書評という名の読書感想文

『叩く』高橋 弘希 新潮社 2023年6月30日発行 芥川賞作家が贈る 「不穏な人

記事を読む

『セイジ』(辻内智貴)_書評という名の読書感想文

『セイジ』 辻内 智貴  筑摩書房 2002年2月20日初版 『セイジ』 が刊行されたとき、辻内

記事を読む

『作家的覚書』(高村薫)_書評という名の読書感想文

『作家的覚書』高村 薫 岩波新書 2017年4月20日第一刷 「図書」誌上での好評連載を中心に編む

記事を読む

『太陽の坐る場所』(辻村深月)_書評という名の読書感想文

『太陽の坐る場所』辻村 深月 文春文庫 2011年6月10日第一刷 高校卒業から十年。元同級生

記事を読む

『谷崎潤一郎犯罪小説集』(谷崎潤一郎)_書評という名の読書感想文

『谷崎潤一郎犯罪小説集』谷崎 潤一郎 集英社文庫 2007年12月20日第一刷 表紙には、艶

記事を読む

『夜の公園』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『夜の公園』川上 弘美 中公文庫 2017年4月30日再版発行 「申し分のない」

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『パッキパキ北京』(綿矢りさ)_書評という名の読書感想文

『パッキパキ北京』綿矢 りさ 集英社 2023年12月10日 第1刷

『山亭ミアキス』(古内一絵)_書評という名の読書感想文

『山亭ミアキス』古内 一絵 角川文庫 2024年1月25日 初版発行

『旅する練習』(乗代雄介)_書評という名の読書感想文

『旅する練習』乗代 雄介 講談社文庫 2024年1月16日 第1刷発

『あなたの燃える左手で』(朝比奈秋)_書評という名の読書感想文

『あなたの燃える左手で』朝比奈 秋 河出書房新社 2023年12月1

『漂砂のうたう』(木内昇)_書評という名の読書感想文

『漂砂のうたう』木内 昇 集英社文庫 2015年6月6日 第2刷

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑