『ユートピア』(湊かなえ)_書評という名の読書感想文

『ユートピア』湊 かなえ 集英社文庫 2018年6月30日第一刷


ユートピア (集英社文庫)

第29回 山本周五郎賞受賞作

太平洋を望む美しい景観の港町・鼻崎町。先祖代々からの住人と新たな入居者が混在するその町で生まれ育った久美香は、幼稚園の頃に交通事故に遭い、小学生になっても車椅子生活を送っている。一方、陶芸家のすみれは、久美香を広告塔に車椅子利用者を支援するブランドの立ち上げを思いつく。出だしは上々だったが、ある噂がネットで流れ、徐々に歯車が狂い始め - 。緊迫の心理ミステリー。(集英社文庫)

善意悪意より恐ろしい。

足の不自由な小学生・久美香の存在をきっかけに、母親たちがボランティア基金 「クララの翼」 を設立。しかし些細な価値観のズレから連帯が軋みはじめ、やがて不穏な事件が姿を表わす - 。湊かなえが放つ、心理サスペンスの決定版。

地方の商店街に古くから続く仏具店の嫁・菜々子と、夫の転勤がきっかけで社宅住まいをしている妻・光稀、移住してきた陶芸家・すみれ。美しい海辺の町で、立場の違う3人の女性たちが出会う。「誰かのために役に立ちたい」という思いを抱え、それぞれの理想郷を探すが - 。(アマゾンの内容紹介より)

(湊かなえの読者なら百も承知でしょうが)  学ぶべきは - たいていの大人には表と裏の顔がある - ということです。

大人になって知り合った者同士の間に生まれる “友情” には、何気に注意が必要です。なるべくなら、期待しない方がいい。期待してショックを受けるのは、自分だからです。

そもそも生まれも育ちも違う人間が偶然にも同じ町に住み、近所付き合いを始めたとしても上手くいくはずがありません。何世代も続く田舎の隣同士でさえあやしいものを、まるで違う環境で暮らしてきた者同士が、すぐに仲良くなどなれるわけがないのです。

-  いやいやそんなことはありません。私たちは意気投合し、(理想とする) 同じ目的に向かい日々有意義に過ごしていますというあなた - あなたはたぶん、とても無理をしています。

無理をしているのに気付かないふりをしているだけで、調子を合わせているものの、実は他人同士のする会話をひどく気にしたり、あげく、私に関する、悪い噂をしているのではないのだろうかなどと勘繰ってはいませんか?

この物語に登場する3人の “大人” の女性たちは、(あたりまえですが) 全てをさらして付き合っているわけではありません。

疑わしくはあるものの、いざとなったらさもそうであるようなふりをする。そんなことはしようと思わないし、したくもないけれど、それを言うのは気まずくて仕方ないから同意する。

当人にはあたりさわりのないことを言い、裏に回ると、まるで逆さの事を言いたいように言う。隠していたつもりの見下したものの言い方は、口づてに人から人に伝わって、やがて周囲に知れ渡る。噂が本当らしくなり、どれが真実か、わからなくなる。そんな話が書いてあります。

 

この本を読んでみてください係数  80/100


ユートピア (集英社文庫)

◆湊 かなえ
1973年広島県因島市中庄町(現・尾道市因島中庄町)生まれ。
武庫川女子大学家政学部卒業。

作品 「告白」「少女」「贖罪」「Nのために」「夜行観覧車」「望郷」「豆の上で眠る」「境遇」「往復書簡」「サファイア」「母性」「絶唱」「リバース」「物語のおわり」他多数

関連記事

『ヤイトスエッド』(吉村萬壱)_書評という名の読書感想文

『ヤイトスエッド』吉村 萬壱 徳間文庫 2018年5月15日初刷 ヤイトスエッド (徳間文庫)

記事を読む

『誰かが足りない』(宮下奈都)_書評という名の読書感想文

『誰かが足りない』宮下 奈都 双葉文庫 2014年10月19日第一刷 誰かが足りない (双葉文

記事を読む

『恋する寄生虫』(三秋縋)_書評という名の読書感想文

『恋する寄生虫』三秋 縋 メディアワークス文庫 2021年10月25日27版発行 恋する寄生

記事を読む

『カラフル』(森絵都)_書評という名の読書感想文

『カラフル』森 絵都 文春文庫 2007年9月10日第一刷 カラフル (文春文庫) 生前の罪

記事を読む

『四とそれ以上の国』(いしいしんじ)_書評という名の読書感想文

『四とそれ以上の国』いしい しんじ 文春文庫 2012年4月10日第一刷 四とそれ以上の国 (

記事を読む

『屋根をかける人』(門井慶喜)_書評という名の読書感想文

『屋根をかける人』門井 慶喜 角川文庫 2019年3月25日初版 屋根をかける人 (角川文庫

記事を読む

『鸚鵡楼の惨劇』(真梨幸子)_書評という名の読書感想文

『鸚鵡楼の惨劇』真梨 幸子 小学館文庫 2015年7月12日初版 鸚鵡楼の惨劇 (小学館文庫)

記事を読む

『彼女が最後に見たものは』(まさきとしか)_書評という名の読書感想文

『彼女が最後に見たものは』まさき としか 小学館文庫 2021年12月12日初版第1刷 彼女

記事を読む

『夜葬』(最東対地)_書評という名の読書感想文

『夜葬』最東 対地 角川ホラー文庫 2016年10月25日初版 夜葬 (角川ホラー文庫) あ

記事を読む

『ケーキの切れない非行少年たち』(宮口幸治)_書評という名の読書感想文

『ケーキの切れない非行少年たち』宮口 幸治 新潮新書 2020年9月5日27刷 ケーキの切れ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『生命式』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『生命式』村田 沙耶香 河出文庫 2022年5月20日初版発行

『中尉』(古処誠二)_書評という名の読書感想文

『中尉』古処 誠二 角川文庫 2017年7月25日初版発行

『犬のかたちをしているもの』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『犬のかたちをしているもの』高瀬 隼子 集英社文庫 2022年9月1

『殺人者』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『殺人者』望月 諒子 新潮文庫 2022年11月1日発行

『緑の我が家』(小野不由美)_書評という名の読書感想文

『緑の我が家』小野 不由美 角川文庫 2022年10月25日初版発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑