『レプリカたちの夜』(一條次郎)_書評という名の読書感想文

公開日: : 最終更新日:2024/01/10 『レプリカたちの夜』(一條次郎), 一條次郎, 作家別(あ行), 書評(ら行)

『レプリカたちの夜』一條 次郎 新潮文庫 2018年10月1日発行

いきなりですが、本文の一部を紹介します。やたら長くはなりますが、読んでみて、その “雰囲気” を感じ取ってください。面白いと思えれば何の問題もありません。何せこの小説は (解説者曰く)、

北野勇作(SF好きの方ならよくご存じでしょう)と小田山浩子と初期安倍公房を足して2・5くらいで割ったみたい」 な話で、要はとても説明しづらいのです。でも 「面白い」- というのですが、はてさてみなさんはいかがなものでしょう。

では。(勝手ですが、所々を省略しています)

店のおばちゃんが往本にかき氷を持ってきた。よくみるとかき氷ではなくて、器に盛ったアイスクリームだった。白いバニラ味。まあべつにアイスクリームでもいいやと往本はおもった。うちよりあとからきたくせに先に食べるなんてずるいじゃないかとうみみずは口をとがらせた。

往本は、「ひどい話だね」 といった。かき氷のことでもかき氷とアイスクリームをまちがえて持ってきたことでもなくて、マールブランシュ法のことだ。そして自分があまりにも世界のことを知らなすぎるような気がした。まるでずっと眠ってすごしてきたみたいな感じがした。往本はたずねた。

「ほんとに猫っていっぴきものこってない? 」
「いるわけないじゃん。うちも子どものころのかすかな記憶にしかないよ」

「猫もそうだけど、ほかにもへんなの見たんだ」
「なにを」
「自分の分身」

「あ。それはドッペルゲンガーだね」 とうみみずは即答した。なんだそれと往本はおもった。「それって幻覚なんでしょ」 と往本がきくと、
「まあ幻覚みたいなものかもしれないけど、見ると死ぬんだってさ」

なんか怖いことをさらっといわれた。うみみずはおばちゃんからアイスクリームを受け取り、さらにいった。

「沼の近くで雷に打たれたりしなかった? 」
「打たれたらその時点で死ぬじゃん」
「いやスワンプマンでも増殖したのかなとおもって」
「意味わかんない」

「じゃ、やっぱドッペルゲンガーだ。芥川龍之介っていう昔の作家もみたとかみないとかいってたらしいよ。ほんとかどうかははっきりとはしないけど。『二つの手紙』 とか 『歯車』 『影』 なんかいう小説にそのことが書かれてる」
「そのひとどうなったの? 」
「自殺した」

「アメリカのポオの小説には、自分の分身にしつこくつきまとわれていやがらせされる話があるよ」 「がまんの限界になってその分身を殺したら、それが自分まで殺したことになった。破滅だね」
「そう・・・・・・・」 往本の声はみるみる元気がなくなっていった。(P96 ~ 101あたり)

※ 往本とうみみずの話はその後も延々と続き、ふと往本は、もしかしたら自分が見た分身はロボットではないか、誰かが、往本そっくりのロボットを作ったのではないか、という考えに至ります。ありうる話だと往本は感じ、しかしそれをうみみずはみごとなまでに一蹴します。

・・・・・・・はて? 二人はいったい何の話をしているのかといいますと、そもそもは、

深夜の工場で往本が見たシロクマ - 工場で日々生産されているレプリカの一つが、何かの事情があって、たまたまそこに置き忘れられている -

勝手に動くはずのないレプリカが、まるで生きているように動いてみえた。いや、確かに 「それ」 は動いていた - という彼の目撃談に端を発しています。それを工場長に言うと、工場長は往本に対し、「そのシロクマを見つけ出し、必ず殺せ」 と命じたのでした。

動物レプリカ工場に勤める往本がシロクマを目撃したのは、夜中の十二時すぎだった。絶滅したはずの本物か、産業スパイか。「シロクマを殺せ」 と工場長に命じられた往本は、混沌と不条理の世界に迷い込む。卓越したユーモアと圧倒的筆力で描き出すデヴィッド・リンチ的世界観。選考会を騒然とさせた新潮ミステリー大賞受賞作。「わかりませんよ。何があってもおかしくはない世の中ですから」。(新潮文庫)

◆この本を読んでみてください係数 80/100

◆一條 次郎
1974年生まれ。福島県在住。
山形大学人文学部卒業。

作品 本作で2015年、新潮ミステリー大賞受賞。他に「ざんねんなスパイ」

関連記事

『あなたの本当の人生は』(大島真寿美)_書評という名の読書感想文

『あなたの本当の人生は』大島 真寿美 文春文庫 2019年8月1日第2刷 「書くこ

記事を読む

『たそがれどきに見つけたもの』(朝倉かすみ)_書評という名の読書感想文

『たそがれどきに見つけたもの』朝倉 かすみ 講談社文庫 2019年10月16日第1刷

記事を読む

『冷蔵庫を抱きしめて』(荻原浩)_書評という名の読書感想文

『冷蔵庫を抱きしめて』荻原 浩 新潮文庫 2017年10月1日発行 幸せなはずの新婚生活で摂食障害

記事を読む

『緑の我が家』(小野不由美)_書評という名の読書感想文

『緑の我が家』小野 不由美 角川文庫 2022年10月25日初版発行 物語の冒頭はこ

記事を読む

『クジラの彼』(有川浩)_書評という名の読書感想文

『クジラの彼』有川 浩 角川文庫 2010年6月25日初版 有川浩の作品群の内訳からいうと「

記事を読む

『薬指の標本』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『薬指の標本』小川 洋子 新潮文庫 2021年11月10日31刷 楽譜に書かれた音

記事を読む

『AX アックス』(伊坂幸太郎)_恐妻家の父に殺し屋は似合わない

『AX アックス』伊坂 幸太郎 角川文庫 2020年2月20日初版 最強の殺し屋は

記事を読む

『百舌の叫ぶ夜』(逢坂剛)_書評という名の読書感想文

『百舌の叫ぶ夜』 逢坂 剛 集英社 1986年2月25日第一刷 「百舌シリーズ」第一作。(テレビ

記事を読む

『不愉快な本の続編』(絲山秋子)_書評という名の読書感想文

『不愉快な本の続編』絲山 秋子 新潮文庫 2015年6月1日発行 性懲りもなくまたややこしい

記事を読む

『きれいなほうと呼ばれたい』(大石圭)_書評という名の読書感想文

『きれいなほうと呼ばれたい』大石 圭 徳間文庫 2015年6月15日初刷 星野鈴音は十人並以下の容

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『余命一年、男をかう』(吉川トリコ)_書評という名の読書感想文

『余命一年、男をかう』吉川 トリコ 講談社文庫 2024年5月15日

『鎮魂』(染井為人)_書評という名の読書感想文

『鎮魂』染井 為人 双葉文庫 2024年5月18日 初版第1刷発行

『いっそこの手で殺せたら』(小倉日向)_書評という名の読書感想文

『いっそこの手で殺せたら』小倉 日向 双葉文庫 2024年5月18日

『いつか、アジアの街角で』(中島京子他)_書評という名の読書感想文

『いつか、アジアの街角で』中島 京子他 文春文庫 2024年5月10

『チョウセンアサガオの咲く夏』(柚月裕子)_書評という名の読書感想文

『チョウセンアサガオの咲く夏』柚月 裕子 角川文庫 2024年4月2

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑