『火のないところに煙は』(芦沢央)_絶対に疑ってはいけない。

公開日: : 最終更新日:2020/03/26 『火のないところに煙は』(芦沢央), 作家別(あ行), 書評(は行), 芦沢央

『火のないところに煙は』芦沢 央 新潮社 2019年1月25日8刷

火のないところに煙は

「神楽坂を舞台に怪談を書きませんか」。突然の依頼に、かつての凄惨な体験が作家の脳裏に浮かぶ。解けない謎、救えなかった友人、そこから逃げ出した自分。作家は、事件を小説にすることで解決を目論むが -- 。驚愕の展開とどんでん返しの波状攻撃、そして導かれる最恐の真実。読み始めたら引き返せない、戦慄の暗黒ミステリ! (新潮社)

[目次]
第一話 染み
第二話 お祓いを頼む女
第三話 妄言
(「火のないところに煙は」 を改題)
第四話 助けてって言ったのに
第五話 誰かの怪異
最終話 禁忌

- 榊さんはそれには答えず、『ところで』 と切り出した。
『どうして五つ目の話を書こうと思ったんだ』
「・・・・・・・何か問題がありましたか」 私はさらに不安になり、携帯を握る手に力を込めた。だが、榊さんは 『いや』 と短く否定し、『で、どうして書いた』 と繰り返す。

一話目は神楽坂怪談を書くよう依頼があったから。二話目は一話目を読んだ君子さんから話をされたから三話目は、その二話目の件で連絡を取ったついでに俺がふと思い出して話したから。四話目は、小説新潮 の校閲担当者が不動産会社勤務の飲み仲間に三話目の話をした流れで怪異が起こる家の話をされたから。五話目は、その飲み仲間の不動産会社社員が同業者に四話目の話をしたところ、さらに別の同業者がお祓いをしてくれる霊能者を探しているらしいという話になったから

榊さんが一息に言った。あまりに淀みない口調に、私は言われた内容について深く考えることもできず 「あ、はい、そうです」 とひとまずうなづく。
『つまり、どれも別々の流れでたまたま持ち込まれた話だということになる』
「そうですけど・・・・・・・」
それがどうしたんですか、と尋ねる間もなく、『他にもいろんな話が持ち込まれたんじゃないか』 と質問を重ねられた。

意図的に選んだわけじゃないんだな
「意図的にというか、それも成り行きというか・・・・・・・何となく、これなら短篇になりそうだという話が見つかったから書いたというか」
じゃあ、わざとじゃないのか
わざと?
先ほどから、榊さんが何を話そうとしているのかわからなかった。わからないからこそ、落ち着かない気持ちになる。

『今回、この話を改めて読んでいたら気になったんだ』 榊さんは私の言葉を遮るようにして言った。

この岸根という男がこの後どうなったのか

そう続けられて、この話というのが五話目の 「誰かの怪異」 のことだと遅れて理解する。そう言えば岸根さんの消息は 「岩永さんが電話をかけ直したけれど出なかった」 という以降は書かなかったし、そもそも岩永さんからも聞いていなかった。話しの本筋とは関係なかったからだ。

死んだそうだ

え?
一瞬、何を言われたのかわからなかった。訊き返そうと口を開くが、舌が上手く動かない。そのまま何も言えずにいるうちに、榊さんが 『あの一件の直後らしい』 と続ける。
「本当に、まさか亡くなったなんて・・・・・・・」

それより問題なのは死に方だよ
突然、叫びながら車道に飛び出したらしい

・・・・・・・ それは、つまり、どういうことなのか。(最終話 「禁忌」 より)

※取りあえず第一話を読んでみて下さい。気に入れば、あとは (飛ばさず) 続けて読むように。

この本を読んでみてください係数 85/100

火のないところに煙は

◆芦沢 央
1984年東京都生まれ。
千葉大学文学部史学科卒業。

作品 「罪の余白」「今だけのあの子」「許されようとは思いません」「いつかの人質」「悪いものが、来ませんように」「貘の耳たぶ」他

関連記事

『僕のなかの壊れていない部分』(白石一文)_僕には母と呼べる人がいたのだろうか。

『僕のなかの壊れていない部分』白石 一文 文春文庫 2019年11月10日第1刷 僕のなかの

記事を読む

『岡山女/新装版』(岩井志麻子)_書評という名の読書感想文

『岡山女/新装版』岩井 志麻子 角川ホラー文庫 2022年6月25日改版初版 ここは

記事を読む

『純子』(赤松利市)_書評という名の読書感想文

『純子』赤松 利市 双葉社 2019年7月21日第1刷 純子 四国の辺鄙な里に生まれた

記事を読む

『デルタの悲劇/追悼・浦賀和宏』(浦賀和宏)_書評という名の読書感想文

『デルタの悲劇/追悼・浦賀和宏』浦賀 和宏 角川文庫 2020年7月5日再版 デルタの悲劇

記事を読む

『ふる』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『ふる』西 加奈子 河出文庫 2015年11月20日初版 ふる (河出文庫)  

記事を読む

『ミーナの行進』(小川洋子)_書評という名の読書感想文

『ミーナの行進』小川 洋子 中公文庫 2018年11月30日6刷発行 ミーナの行進 (中公文

記事を読む

『朝が来るまでそばにいる』(彩瀬まる)_書評という名の読書感想文

『朝が来るまでそばにいる』彩瀬 まる 新潮文庫 2019年9月1日発行 朝が来るまでそばにい

記事を読む

『鏡じかけの夢』(秋吉理香子)_書評という名の読書感想文

『鏡じかけの夢』秋吉 理香子 新潮文庫 2021年6月1日発行 鏡じかけの夢 (新潮文庫)

記事を読む

『ナオミとカナコ』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『ナオミとカナコ』奥田 英朗 幻冬舎文庫 2017年4月15日初版 ナオミとカナコ (幻冬舎文

記事を読む

『ある一日』(いしいしんじ)_書評という名の読書感想文

『ある一日』いしい しんじ 新潮文庫 2014年8月1日発行 ある一日  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『夜に星を放つ』(窪美澄)_書評という名の読書感想文

『夜に星を放つ』窪 美澄 文藝春秋 2022年7月30日第2刷発行

『生命式』(村田沙耶香)_書評という名の読書感想文

『生命式』村田 沙耶香 河出文庫 2022年5月20日初版発行

『中尉』(古処誠二)_書評という名の読書感想文

『中尉』古処 誠二 角川文庫 2017年7月25日初版発行

『犬のかたちをしているもの』(高瀬隼子)_書評という名の読書感想文

『犬のかたちをしているもの』高瀬 隼子 集英社文庫 2022年9月1

『殺人者』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『殺人者』望月 諒子 新潮文庫 2022年11月1日発行

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑