『続々・ヒーローズ (株)!!! 』(北川恵海)_仕事や人生に悩む若いあなたに

『続々・ヒーローズ (株)!!! 』北川 恵海 メディアワークス文庫 2019年12月25日初版

続々・ヒーローズ(株)!!! (メディアワークス文庫)

ごく普通の青年・修司が、ヒーローをつくるお手伝いを始めて早数年。クセ者揃いの依頼人のために奮闘する毎日に、ようやく慣れてきた。しかし今回、修司が任されたのは、ヒーローズ (株) の新入社員候補の教育係兼面接官!? 新入社員にかつての自分を重ねながら、将来のことを考える修司に舞い込んだのは、戦隊ヒーローになりたいというおじいさんからの依頼だったが - 。立ち止まることなく、明日に進む人たちの背中を押してくれる人生応援ストーリー。(メディアワークス文庫)

待望のシリーズ第3弾。ストーリーにはお決まりの、あるパターンがあります。『ヒーローズ(株)!!! 』 『続・ヒーローズ(株)!!! 』 を読んだ方なら、それが何なのかはいわずもがなのことでしょう。

なので、今回は試しに読んでみようと思うあなたにだけ、こんな感じの話ですよと。

- するとミヤビが突然、カーペットの端を指差した。
「修司さん、そのラインの上、真っすぐ歩けます? 」
何かの健康チェックだろうか。俺は立ち上ると、カーペットの端を踏んで歩いた。
「ドラえもんでこういう話があるんスよ」
ミヤビはお菓子ボックスからせんべいを選びながら言った。

「ドラえもんがのび太に 『畳のヘリを真っすぐ歩けるか? 』 って尋ねるんス。のび太は馬鹿にすんなって歩いてみせるんですよ。今の修司さんみたいに」
俺は自分の靴の下にあるカーペットのラインを改めて見下ろした。
「うんうん。それで? 」
「次にドラえもんはのび太を高い塀の上に連れていって 『じゃあここならどうだ』 って言うんス。のび太は塀から落ちちゃって、こんな高いとこ歩けるわけないって怒るんス。けど、ドラえもんは 『どうして? 』 って尋ねるんです」

「どうして? 」
「畳の縁より広いのになんで歩けないの? って」
「俺は再度自分の足元を見おろした。
「・・・・・・・たしかに」
「ね、不思議ッスよね。脳が勝手に 『高いところは歩けない』 って思い込んでるんスよ。低いブロックの上なら真っすぐに歩けるってのに。そう思うと余計なことしてくれんなよって思いません? 」
「脳に対して? 」
「そうッスよ。だいたい全体の三割しか使わせてくれないなんてケチくせーし、なんだその制約って感じじゃないッスかあ。せっかく重たいもん頭に乗せてんだから百パーセント使わせてくれりゃあいいのに。しかも余計なこと考えさせて、地面からちょっと離れただけで、平均台の上すらまともに歩かせてくれねえ」

「昔、高校で平均台の授業があったんスけどね。一メートル以上あるような、体操で使う高いやつ。彼女が全然できなくて。あっ彼女ってか今の奥さんね? 彼女と同じ高校だったんスよ」
「はいはい」
俺はお菓子ボックスを取り上げると、自分の椅子に座った。
「で、平均台のテストがあったから昼休みに練習に付き合ってたんスけど、ほんの少し手を添えてあげるだけですらすら歩けるんスよ。本当に少しッスよ。指先が触れるか触れないか程度の支えで、細くて高い場所を真っすぐ歩けるんスよ」

俺は思わず自分の手を見つめた。
「なんか、人間って脆いなあって思って」
ふと見るとミヤビも自分の手を見つめていた。
「でも凄いなあって。こんなちっちゃな支えで真っすぐ前を向けるんだなって。オレのこんな細い指一本を信用してくれるだなって」(P53 ~ 56/一部略)

これは修司が任されたある仕事について、同僚のミヤビが悩む修司をみて突然話し出したところを抜き出しています。見た目も喋りも軽薄そのもののミヤビではありますが、彼が言わんとすることは、イコール、ヒーローズ (株) が目指すところにほかなりません。

もしも、あなたがこれを読んで、「なんか、いい話だな・・・・・・・」 と感じたら、ぜひとも一度この本を手に取ってみてください。読むと、きっと胸に刺さるはずです。

※ミヤビ・・・・ヒーローズの社員。修司の先輩。チャラい。元カリスマ美容師。ちなみにミヤビの妻・祥子は社長の娘で、ヒーローズ本社の受付をしています。

この本を読んでみてください係数 85/100

続々・ヒーローズ(株)!!! (メディアワークス文庫)

◆北川 恵海
1981年大阪府吹田市生まれ。

作品「ちょっと今から仕事やめてくる」「ヒーローズ(株)!!! 」「続・ヒーローズ(株)!!! 」「星の降る家のローレン」「ちょっと今から人生かえてくる」など

関連記事

『人面瘡探偵』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『人面瘡探偵』中山 七里 小学館文庫 2022年2月9日初版第1刷 天才。5

記事を読む

『珠玉の短編』(山田詠美)_書評という名の読書感想文

『珠玉の短編』山田 詠美 講談社文庫 2018年6月14日第一刷 珠玉の短編 (講談社文庫)

記事を読む

『ちょっと今から人生かえてくる』(北川恵海)_書評という名の読書感想文

『ちょっと今から人生かえてくる』北川 恵海 メディアワークス文庫 2019年7月25日初版

記事を読む

『最悪』(奥田英朗)_書評という名の読書感想文

『最悪』奥田 英朗 講談社 1999年2月18日第一刷 最悪 (講談社文庫)  

記事を読む

『おまえじゃなきゃだめなんだ』(角田光代)_書評という名の読書感想文

『おまえじゃなきゃだめなんだ』角田 光代 文春文庫 2015年1月10日第一刷 おまえじゃなきゃだ

記事を読む

『ずうのめ人形』(澤村伊智)_書評という名の読書感想文

『ずうのめ人形』澤村 伊智 角川ホラー文庫 2018年7月25日初版 ずうのめ人形 (角川ホラ

記事を読む

『サムのこと 猿に会う』(西加奈子)_書評という名の読書感想文

『サムのこと 猿に会う』西 加奈子 小学館文庫 2020年3月11日初版 サムのこと 猿に会

記事を読む

『泥濘』(黒川博行)_書評という名の読書感想文

『泥濘』黒川 博行 文藝春秋 2018年6月30日第一刷 泥濘 疫病神シリーズ 「待たんかい

記事を読む

『幸せのプチ』(朱川湊人)_この人の本をたまに読みたくなるのはなぜなんだろう。

『幸せのプチ』朱川 湊人 文春文庫 2020年4月10日第1刷 幸せのプチ (文春文庫)

記事を読む

『センセイの鞄』(川上弘美)_書評という名の読書感想文

『センセイの鞄』川上 弘美 平凡社 2001年6月25日初版第一刷 センセイの鞄 (文春文庫)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

『自転しながら公転する』(山本文緒)_書評という名の読書感想文

『自転しながら公転する』山本 文緒 新潮文庫 2022年11月1日発

『呪い人形』(望月諒子)_書評という名の読書感想文

『呪い人形』望月 諒子 集英社文庫 2022年12月25日第1刷

『騒がしい楽園』(中山七里)_書評という名の読書感想文

『騒がしい楽園』中山 七里 朝日文庫 2022年12月30日第1刷発

『モナドの領域』(筒井康隆)_書評という名の読書感想文

『モナドの領域』筒井 康隆 新潮文庫 2023年1月1日発行

『ザ・ロイヤルファミリー』(早見和真)_書評という名の読書感想文

『ザ・ロイヤルファミリー』早見 和真 新潮文庫 2022年12月1日

→もっと見る

  • 3 にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
PAGE TOP ↑